2015-08-18

生命保険の概算

最近知り合いに子供が生まれた。めでたいことだ。

しかし、変にネットズレしているので「保険なぞいらん!」と言っていた。

「で、ソースは?」みたいなヤツなので、ソース揃えて説明して、やっと納得した。

出産祝い代わりに調べたけど意外に面倒だったので、オマエラも参考にしろよ。

(なお、身バレを避けるために、家族構成等のシュチュエーションは変えた)

前提

妻と子供を路頭に迷わせたくないとは思っていたようだ。

ちなみに、社保には埋葬料(国保だと葬祭費)という謎の規定があって死ぬと5万円貰える。

で、公営火葬施設は大抵5万以下で火葬してくれるので、骨壷くらいは買える。

かかるお金

まずは生活費

何はなくとも生きていくのに金がかかる。

妻と子供生活するといくらかは、統計から持ってこよう。

2人で17万9850円、3人で19万9600円、4人で21万9630円

[平成26年4月世帯人員別標準生計費:http://www.jinji.go.jp/kankoku/h26/pdf/26seikeihi.pdf]

まあ、だいたい2人が月に18万で生活しとるわけだ。家賃食費コミコミで。

ただこれ学費は入ってない、という事になってる。

次に学費

大学奨学金だの学生ローンだので頑張ってもらうとして、高校まで。

幼稚園3歳から高校18歳までの学費を、調査から持ってこよう。

全て公立で、幼稚園66万、小学校183万、中学校135万、高校116万、計500万円

全て私立で、幼稚園146万、小学校854万、中学校389万、高校289万、計1678万円

幼稚園から高校卒業までの15年間の学習費総額は、公立で約500万円、私立で約1678万円。

[文部科学省 平成24年度子ども学習調査:http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa03/gakushuuhi/kekka/k_detail/__icsFiles/afieldfile/2014/01/10/1343235_1.pdf]

まり教育費、給食費学校活動費を含めて、公立でも1人500万はかかるわけだ。

1人月2万8千円、年33万程度かかる。

結構優秀な年金という名の生命保険

まあ義務なんだし年金は払えとしか書けない。

しかし残念がることはない。実は年金生命保険なのだ

年金というと老人が貰ってるイメージしか無いが、3つある。

  1. 老齢基礎年金
  2. 障害基礎年金
  3. 遺族基礎年金

長生きすると貰えるのが、老齢基礎年金

障害者になった時に貰えるのが障害基礎年金

死んだ時に残された家族が貰えるのが遺族基礎年金だ。

平均標準報酬月額(額面給与とほぼ同じ)が、30万円だと、

遺族基礎年金+遺族厚生年金で、月あたり妻のみ4万円、妻子1人12万5千円、妻子2人14万円、妻子3人15万円。

[遺族厚生年金受給要件支給開始時期・計算方法):http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=5171]

だいたい妻+子1人だと、子供が18歳になるまで年150万円貰える。

(細かく言えば条件に寄ってビミョーに増減する)

足りなくなるお金

人生山あり谷ありだが、ざっくりと計算できる。

  • 生活費2人(18万円)+学費1人分(2万8千円)-遺族年金(12万5千円)=足りない分(8万3千円)
  • 毎月足りない8万3千円x子供大学までの18年=1792万8千円

ざっくり1800万円ぐらい足りなくなる、ということが判る。

家族に立ち直ってもらう場合

もしお母ちゃんにも働いてもらえるなら、もっと楽になる。

(月8万3千円なら、まあ無理のない金額だと言えよう)

はいえ、子供小学生になるまでは厳しいっぽいので、以下ぐらいは抑えたい。

どうやって生命保険をかけるか

若者年寄り搾取される団信生命保険

家を買うとほぼ強制加入させられる団信生命保険みたいな、営業分が載ってない保険はお得では無いかと調べた。

(団信代は銀行が払うってローンもあるが、単に利率に上乗せされてるだけで掛け金は払ってる)

が、調べてみると、団信って誰が入ってもホトンド同じ掛け金だった。

結果、健康体働き盛りの人間が団信に入るの、超もったいない

(ただ、家の購入は奥さんの意向が強いようなので、今回は聞かなかったことにした)

まあまあ普通の掛け捨て生命保険

公立で18歳になるまでの平均的な支出カバーすることにした。

調べるのめんどいが、掛け捨てもある。保険10単位普通らしいな。

(可能な限り保険金は払いたくないという強い意向で、掛け捨てを選んだ)

  1. 今すぐ(32歳)死んだら、1800万円→掛け金は月2500円くらい
  2. 10年後(42歳)死んだら、1800万-(不足8万3千円x12ヶ月x10年)≒800万→掛け金は月2500円くらい

よって、毎月2500円の、年3万円で、子供大学入るまでの18年で54万円あればOK。

結論

国民年金厚生年金って、結構まれてるなあ。

もちろん標準生計費換算だとやりくり苦しいんだろうが、公立行くなら不足は月8万3千円。

掛け捨て生命保険なら、月に2500円、年に3万円で済むことになった。

まあ、普通に生活してりゃなかなか死なないだろうが、流石に月2500円なら払うようだ。

奥さんはパンフを貰って、病気や怪我の入院も、とヤツに迫ってきているようだ。

という愚痴を聞いた。つーか、オレが調べる前提で話ふってくるの止めろ。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん