2021-06-25

バンギャバンギャ卒業した話

最初にこれがお気持ち長文であることを断っておきます

深夜の半分寝ているようなぼやけた頭でなんとなく書いているから、おかしなところがあっても読み流してください。



はいわゆる元バンギャ

10年くらい前、当時通っていたバンド活動休止とほぼ同時にバンギャを上がった。

そのバンドが大好きでインストツアーを全通したり、ライブにフラスタ出したり、推しブログイベントでのトークで出たものプレゼントしたり……とにかく全力でそのバンドを追っかけてた。何年も。

それなりに金を落とすしファン歴もまあまあ長い古参に分類されるような位置にいたバンギャだったから、メンバーはもちろんスタッフにも覚えられていたし、良くしてもらっていたと思う。

でも、同じファンから面白くない存在だし、実際掲示板で叩かれたこともある。ご丁寧に個スレまで立てて散々ぶっ叩かれた。

それでも当時の私は「そんなに悔しいなら金落とせば?金を落とした私が優遇されるのは当然でしょ?」としか思っていなかったし、それを煽るようにさらお金を落とすようになっていたか若いって怖い。

青春はそのバンドに捧げたと言っても過言じゃない。


そんなバンドがある日活動を休止した。

メンバーが不仲だとかなんとか……よくある話。

それでも活動休止最後ライブは全力で楽しんで、私もバンギャ活動を一旦休止した。

メンバーはそれぞれやりたいことをやっていたか推し活動を追ってはいたし、時折推しイベントライブに行くこともあったけれど、バンドを追っかけていた時ほどの熱量はなくて、次第に足が遠退いて行った。

活動休止した後すぐに病気をして、その症状が進行していたせいで余裕がなかったのも足が遠退いていった原因の一つだったと思う。


学校卒業したり就職したり、病気が再発したり、その後遺症に悩んだり……時折彼らの曲を聴いて支えにしながら月日は流れていった。


そして一昨年、彼らは活動を再開。

活動再開を発表してすぐのライブは勿論チケットを取った。

一桁台の番号のチケットを持って馴染みのあるライブ会場へと向かう。

当時とは違って仕事を終えてから向かったから、開場時間はとっくに過ぎていた。

最前確実なそのチケットを手にしたら、活動休止前の私なら何が何でもライブを優先して、最高の場所を陣取って、全力で楽しんでいたと思う。

でも今は違う。

懐かしいライブハウスまで続く道を歩く間、期待でわくわくそわそわしていたけれど、開場時間を過ぎていることへの焦りはなかったし、最前を取れなかったことへの悔しさもない。

そして当時と違って足元はパンプス

仕事終わりのオフィスカジュアルな格好で会場に入り、邪魔にならないように最後列の隅っこの方でステージを見つめた。


会場が暗くなって歓声が上がって、流れたイントロ活動休止ライブの時と同じもの

うその時点で色々込み上げてダメだった。

周りのバンギャ達が黄色い声を上げてメンバー名前を呼ぶのを遠くに聞きながら、私はずっと泣いていた。

私が本当に好きだったバンドが目の前にあって、推しはあの時と変わらずステージに立っていて、あの時好きだった曲をまたこの大好きな空間で聴けていることが、何よりも嬉しくて。


セットリストはほぼ全て活動休止前の曲で構成されていて、私はそれぞれの曲のイントロが掛かると同時に泣いていた。

まさかたこうして生で聴けるとは思っていなかったからいろんな想いが込み上げてしまったのだけれど、それにしてもアホみたいに泣いた。人間歳を取ると涙脆くなっていけない。

散々泣いてアンコールでも泣いて、楽しそうな表情を浮かべるバンギャとは正反対の泣き腫らした酷い顔で、帰ろうとするバンギャ達に流されるようにして私は会場を出た。


駅へと向かいながらふと思い出す。

あの時はライブに行けば誰かしらバンギャ友達友達ではないけれどよく見知った顔を見かけたものだけれど、その日は誰一人会わなかった。

当たり前だ。もうあの最後の日から10年近く経っているのだから


そしてもう二度と彼らのライブに行くことはないなと漠然と思ったのだ。


別に嫌いになったわけではないし、活動休止後も彼らのことは変わらず大好きで、曲だって聞いていた。

活動再開のライブちゃんと楽しかった。

でも、活動再開後の曲はどうしても好きになれなかった。

彼ららしさはきちんと残っているけれど、何かが違う。

ライブも楽しかったけれど、前ほど夢中になれなかった。

ライブが終わった後に感じたことは、私はもう彼らと共に歩むことができないということだった。


昔の方が良かったなんてことは言いたくないし、言うつもりもない。

だって彼らは昔も今も最高だから

彼らが変化して、私もまた変化した結果、私は彼らを受け入れることができなかった。彼らの"客"では無くなっただけ。

それを認められず彼らに自分お気持ち押し付けて彼らの邪魔をするのは絶対にあってはいけないことだから

私は10年前のあの日に歩みを止めてしまったのだからまた進み始めた彼らに無理に着いて行く必要はなくて、再び歩き出した彼らとあの時の私のように彼らが大好きな子達の背中を見送ることが、私に出来ること。


未練も後悔もない。

あるのは「あの時は本当に楽しかった」という気持ちだけど、それも今と比べてではなく、純粋に当時を懐かしんでいるだけ。

今の彼らと過去の彼らを比べる気持ちもない。

「歳取ったなぁ」と思うことはあるけれど、それは当然のことだし。

ただただ穏やかに好きなものとお別れしたものから、なんだか不思議でこうしてダラダラと書き殴ってしまった次第。


本当に長くなってしまった……。

今でも彼らの活動休止前の曲を聞くことがあるのだけれど、歌詞はもちろんフリまで覚えてるんだからちょっとびっくりする。


もしこれを読んでくれた人の中に今の彼らを追いかけているバンギャちゃんがいたら、昔も今も最高な彼らをよろしくお願いします!

ま、余計なお世話だと思うけど(笑)

  • いま客が声出せんの? 出せなくない?

    • 一昨年(2019年)のライブってことはコロナ前なんだから声出せるよ。書いてあるじゃん。

  • ボージーソワカーバンギャーシンギョーォーオオーオォー

  • おじさんとつきあおう^_^b

  • 想像してるのが同じバンドなら私も活動再開の2月のライブ行ってから行ってないや…… 再開のライブはすごい良かったし泣いたしこれからも通うぞ!と思ってたけど私たちは夢から覚め...

  • BBAは引っ込んで金だけ落としていってね

    • バンギャを卒業したって書いてあるのが読めないお子ちゃまはママのおっぱいしゃぶってクソして寝てな♥️

  • 再結成っていいよね

    • 再結成してくれるのは本当に嬉しい 皆でまた楽しそうにやってるのを見られるのはファンにとっての幸せだと思う

  • メア?

  • 男なんだろう?

  • 気持ちやタイミングも合致しないと、好きなものでも昔ほどのめり込めないことあるよね。バンギャじゃないけれど似たような事があったからすごい共感した。 お気持ちってあったから...

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん