2021-06-17

世の中みんな馬鹿だと思っていた自分卒業したはずなんだが実際世の中みんな馬鹿だった

世の中の人間は文章最初最後だけ読んで、わかった気になる馬鹿ばかりだ。

常に偏差値が70くらいあった。

別に私の頭がいいからとかではなく、単純に早い段階で教育を受けていたからだ。

具体的には保育園あたりから公文だの塾だのに放りこまれていた。

それで中学生くらいまでは当然ながら他人を見下してた。

そりゃ常に勉強が出来てるんだから10代は天狗なっちゃうよね。

でも、高校から自分と同じレベル進学校に通い、勉強が出来るのは当たり前の世界になると考えが変わった。

自分よりも優れた人間いくらでもいるんだと打ちのめされた。

そして大学で、たまたま動力のある人間と友人だったので、そいつが在学中に作った会社に参加した。

超優秀な人間に囲まれて、実に仕事はきつかった。バリバリ大手企業とやり合い、資金を引き出し、片手間でオリンピックに参加するような文武両道怪物が平気でいた。

とにかく、私は所謂「上流」の世界では雑魚もいいところだった。

プライドを叩き折られ、社会にはすごい人がいくらでもいるんだ!と、ある種の幻想を抱いていたように思う。

その会社大学卒業と同時に辞めた。というか正直に言うと、ついていけなかった。能力的に。

時期的にはこの辺りが、ちょうど「普通感性」というものを持っていた時期だと思う。

人を見下さず、尊敬の念を持ち、謙虚さこそが美徳だという、通常な大人感性だ。

でも、卒業後はSNS活用する業界に飛び込んで、気づいてしまった。

いや~やっぱ世の中馬鹿ばっかだわ!

勉強が出来なくても頭がいい人はいる」なんてのは、それこそ幻想だった。

勉強程度が出来ない人間は何やってもダメだ、と再確認しただけ。

言ってしまえば、そう。「偏差値50の人間がどれだけ馬鹿なのか」という話である

彼ら彼女らは、信じられないほどの馬鹿だ。アホだ。生きてて恥ずかしくないのだろうか。でも、それこそが世界平均値なのだ

馬鹿政治について語っている。馬鹿課金搾取されている。馬鹿適当に書いた記事に踊らされている。

ハイこの文章は嘘です

いやあ、コミュニティの同質化ってのは本当に怖い。

私はたまたま所謂偏差値50以下の「下流」の人々と関わる機会が多くなったのだが、これで、「上流」としか関わらない仕事についていたら、絶対にこんな考えには至らなかっただろう。

世の中の人は。みんな精一杯頑張って生きているなんて誤解したままだっただろう。

でも、なんだろうな。詐欺で生きているようで気分が悪い。

だって、私は一度もお金に困ったと感じたことはないけれど、馬鹿貧乏人の気持ちは全て把握できる。

人種性別差別されたことはないけれど、差別される馬鹿気持ちが完全に理解できる。

アニメ漫画が好きではないけれど、馬鹿オタクが何を求めているのかアッサリわかってしまう。

だって、実際にそういう記事プロデュースして、いくらでもPVを稼げるんだもん。しょうがないよね。共感の声なんていくらでも貰える。

でも、本当に頭の良い人達から見ると、私も同じ馬鹿の部類で、誰かにカモられて生きているんだろうな。

何が言いたいのかって言うと、世の中に出回っている情報メディアなんて私みたいな人間クリエイトしているものから、一々リアクションしなくていいよって話。

少し賢い馬鹿馬鹿を騙すと、何故か金が生まれる。そういう仕組みになっている。

なんなんだろうね、現代社会って。

  • あまり人を舐めるなや

  • 🪝 🦫💥

  • 三行まとめ 50<<70 70<<最大値 この文章は嘘です

  • ほぼ同じ内容数ヶ月前見た

  • ちゃんと読んでるか確認するための「嘘です」なんだろうか

  • でも馬鹿な方が幸せだったりしない?

  • フールペナルティ社会 一行で済んだ話

  • 生活ベースを貨幣制度のある社会に置いてるとそんな感じなんだろうな〜 仕事相手が全て人間の場合、というか

  • 俺頭悪いから何を言おうとしてるのかよーわからん よーするに、どっかで負けて悔しいから増田でお気持ち表明をします 俺は元神童だ。とてもえらい。いい大学出たけどもっとすごい人...

  • 偏差値50ぐらいはまあこんなもんやろと思うけど 60ぐらいがあの程度で存外自己評価が高く 50の人をボロッカスに叩いたりするのでビビる

  • 真正面から質問に答えていてもコケにされるだけだから バカでーすで大正解なんだと学んだ小学生時代

  • インターネットは昔はリテラシー高い奴だけのものだったけど、馬鹿も参戦してきて馬鹿にもわかるレベルの情報が支持されるようになった結果、糞になったと思う

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん