「numeri」を含む日記 RSS

はてなキーワード: numeriとは

2018-06-04

Numeriのpato

いま40歳ぐらいってのはじめて知ったんだけど、じゃぁこいつ20歳代でコーラ一ヶ月生活したってことか?

アホじゃね?仕事に支障きたすだろ。

2018-01-06

自分の中でこの人たちは同じ顔をしている

人達いない?

実際は全然違う顔の造形なんだけどさ。

自分の中では

て同じ顔なんだよね。いや写真見てると全然違うんだけど自分の頭の中でね。

わかるのはみんなすっげー頭いい。憧れ。各方面での有名人だ。

集まって鍋とかしてほしい…その様子を配信文字起こしで読みたい…。

あと、この2人とか


みんなも、なんかこの人たち同じ顔…みたいなのない?

聞いてみたい。

自分は人相とか昔からひどく興味あったかもしれない。

2017-06-20

https://anond.hatelabo.jp/20170619211916

そりゃそうでしょ

今のインターネットを我が物顔で歩いている老害って、コアユーザーではなくパンピーなんだから

 

ちなみにテキストサイトで一番おもしろかったのはNumeriだと今でも思ってる

2015-09-12

テキストサイトってNumeri以外は場末の糞

「いや~、テキストサイト時代は良かったな~。面白い奴らばっかでしかそいつらが競って面白いことをやってたんだぜ~」

的な文章を見ると辟易する。

テキストサイトなんてしょうもないことに関して無駄言葉をこねくり回してるだけじゃないか。

嘘だと思うならヨッピーのオレイズムを今すぐ見てこい、糞つまんねーからよ。

もちろんヨッピーの行動力には脱帽するがテキストを書く能力がお粗末な事実は変わらない。

またNumeriを含む全体の5%くらいのサイトには呼吸ができなくなるくらい笑わされたことはたしかにある。

でも2chでもはてブでも5%は面白いやつはいるしそいつらは一部例外だ。

泥に極上ワインを1滴垂らしても泥は泥だし、巨大な巻き糞の頂点に花が咲いていたとしても糞は糞だ。

なんでテキストサイトが廃れたか教えてやるよ。テキストサイトを書いてる奴らが自分のつまらなさに気づいちまったからだ。

2007-12-02

はてなーのいる職場、初日

http://anond.hatelabo.jp/20071201215547の続き。

月曜日。例のはてなーが出社してきた。私服で。

しかもミリタリーipod聞きながら。

確かにうちの会社は、外出する時だけスーツに着替えれば、あとは私服でも構わない。

ただ、しょっぱなからというのはどうなんだろう。

まぁ、いいか。

は「おはようございます」

俺「ああ、おはよう。今日からよろしく」

は「はーい。あれ、他に誰もいないんですか?」

俺「あ、うん。まだ朝早いからね。とりあえずここ、君の席ね。で、これが君のパソコン

は「はい。ええと、これ、壁紙とかカスタマイズしていいすか」

俺「ああ、別にいいよ。その前に自分の情報入れてね」

は「あと、janeとかオペラとか入れていいすか。janeはこれから調査に使うようになると思うんですよね」

俺「君のパソコンだからね、やりやすい環境にするといいよ」

は「ですよねー。あ、この会社上司が監視ソフトでチェックとかしてたりするんでしょうか」

俺「いや、ないと思うよ」

は「なるほど。アンチネオリベって感じですか。監視社会とかひどいですもんねー」

俺「(スルーして)じゃ、一緒に掃除しようか」

前に俺は「シュレッダー電話応答と簡単な調査」しか頼めないと書いた。

ただ、どれも少しずつ難があるんだ。

まず簡単に職場掃除を手伝ってもらった後、シュレッダーを頼んだ。

そのとき、クリアファイルに入った書類を複数手渡したんだ。

俺「これ、シュレッダーにかけてもらっていいかな」

は「クリアファイルごとですか?」

俺「クリアファイルは別だよ(笑)

は「なるほど。把握しました」

ガチガチガチ

俺「あ、ホッチキスはとってからシュレッダーかけて!」

は「え? 聞こえません」

俺「とめてとめて。えー、最初に言うべきだったけ、ごめん。ホッチキスはとってね。シュレッダー壊れちゃうから」

は「なるほど、把握しました。ホッチキスはとるんですね。さて、」

ガガっ!

俺「どうしたの?」

は「……つまったみたいですけど」

俺「どれ? あー、こんなにいっぺんに入れたら詰まっちゃうよ。」

は「……はぁ」

俺「…まぁ、ゆっくり覚えていくといいよ。覚えること、たくさんあるからね」

は「…」

俺は一足先に席に着く。「なるほど」「把握しました」が口癖だということはわかった。

一通りシュレッダーかけ終わって、はてなーが席に戻ってきた。

「全部やりましたけど、何かやればいいですか?」

「なんでこんなつまらない仕事を俺がしなくてはならないんだよ。適材適所で仕事さえ与えられれば、存分に能力を発揮するのに」とでもいいたげな、すごく不満そうな表情だった。ちょっとしたミスを指摘されたのも、傷ついているみたいだった。

付き合い方、難しそうだな…。

俺「ええと、今すぐ頼むことはないから、電話かかってきたら対応してて」

は「電話ですか…」

俺「うん。最初は誰も緊張するとは思うけど、慣れだからね」

は「はぁ。でも、僕にはかかってこないので、効率わるくないすか…」

俺「え?」

ちょっと絶句。

俺「えーと、基本的には君にはかかってこないと思うけど、やっぱり新人が出るものだよ。他の社員の名前を覚えるためにもそうだし、他の人はもっと仕事をしているわけだし」

は「えー、はい。はい。把握しました。他にやることはないんですか?」

俺「えーと、昼になったら一緒に昼食に行こうか。その後、ちょっと個人情報とか日報作成の研修をして、それから…」

プルルルル

は「(ビクッ!)」

プルルルル

俺「(でないのかよ…)はい、●●です。お世話になっております。申し訳ございません。あいにく●●はまだ出社しておりませんので、出社しだい折り返しご連絡するよう…はい、はい、かしこまりました。お伝えさせていただきます。はい、ありがとうございます。失礼いたします」

ガチャ

はてなーは、自分は一生懸命モニターを見ている、というフリをしている。

俺と目を合わせない。ダウンロードしているだけだろ(汗)

俺「…はてなー君、電話出てね」

は「あ、すみません。気づきませんでした」

んなわけねーだろ

俺「うん。次から出てね」

テロテン♪

メッセンジャーしてるし。。。

とりあえず、昼休みまではマニュアル通りにPCの設定をしてもらうことにした。

その間もは「俺さんはNUMERIとか見ます?」「まなめはうすとか、はてブとか、みます?」「ココロ社すごいですよねー」「でも、初期に比べて、はてなも丸くなりましたよねー」と、ネットについての話ばかり振ってくる。

もしかしたら、なつかれているのかもしれない。

午後になったら、まずは電話の出方から教えなくてはいけないなと思い、俺は自分の仕事を開始した。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん