2019年05月20日の日記

2019-05-20

嫁さんのためにがんばってきたはずが今週離婚しま

ぼく40代ちょいのおじさん。

ヨメもうすぐ40代マダム

子は無し。

ヨメさんがちょっと特殊病気にかかっちゃって

あんまり動けない体質だったのだが、

最近ようやく回復してよく動けるようになり、以前の職場にも復帰できた。

やったぜ!

ヨメさんが動けない間は(まあトーゼンだが)おじさんが

生活費治療費ガッツリ稼がねばならぬので、

まあ仕事もきつめに入れてがんばった。

てか、ヨメのためなら全然がんばれた。

で、お互い仕事日常生活軌道にのってきて、

ようやく人並みの暮らしだねーなんて話しながら晩酌してたら、

ヨメさんから別れを切り出された。

ヨメさん的には、

夫(オレ)が仕事に追われて、

忙しくて夜を共にできない(性生活のない)日が長く続いたことが

けっこうな心のダメージだったらしく、

自分を惨めに感じて、プライドも傷ついたらしい。

そのことで、夫(オレ)への愛情も薄らいでしまったらしい。

そっかー、ごめんな…

というセリフ以外に言葉の出なかった夫。(バカバカ!)

40過ぎてもフツウに涙って出るもんなのな!おじさん初めて知ったわ!

そんなわけで多少の話し合いもあったけど、

結局、今週夫婦解散します!

ちくしょー、がんばったのにな〜

ヨメさん傷つけちゃあ、夫 失格ですわな〜

まあ(元)ヨメが普通に暮らせるようになってよかったけど。

はぁーーーー。つらい、つらたん……

もうなにもする気おきねえですわ。

(と言いつつタイピングしているORE)

だいぶしにてえ

■以下追記(翌日 昼)

飲み屋のグチの垂れ流しのような文章にもかかわらず、

多くの人に見ていただいていて、

うれしいやら心苦しいやら…

労ってくれる優しいコメントも、厳しいコメントも、

感想も、つぶやきも、とても心に沁みます

職場ちょっと泣いてます仕事しろ

本当にありがとう

anond:20190520235231

拙者はめぐみんとなら何歳でも構わんでござる

anond:20190520235519

おかわりもいいぞ!遠慮するな

甘口カレーうまかったです!!中辛とはまた別の食いもん

anond:20190520193949

そういう話してないやろがい!権利なんてどうでもええねん 使う喜びはどんな危険性にも勝るってことよ。逆にどんなモノも使い方次第で殺人道具になるっちゅうこっちゃ。

anond:20190520142609

マジレスすると

働いて洗濯乾燥機買うかヘルパー雇えばいいと思う

このケースは顔に出すか出さないかはさておき全ての男をイラつかせると思う

anond:20190520171043

ここで問題。同じ矢を5本束ねました。何人連れて来れば折れるでしょう    答え→____

____________________________________________

____________________________________________

____________________________________________

____________________________________________

____________________________________________

____________________________________________16人

anond:20190520234425

そしたら今度は逆に角が立つだろ

豆腐メンタル」というけれど

凍らせた豆腐は硬いぞ

まりそういうことだ

anond:20190520232827

今ちょうど見終わった。最後はまあまあ予想通りだった。あれだけ壮大なドラマでも終わる時はこういう終わり方なんだろうなと。予想通りではあったけど期待外れでもあった。ドロゴンはあの場でジョンも一緒に焼いたほうがよかったと思う。

それより前回のほうがうーんって感じだったな。デナーリスがおかしくなるのにもうちょい伏線が欲しかった。

anond:20190513122552

お前コンプレックス抱えすぎやろ かわいそうにw

『見て来たんやで』って見てただけかよw

しかメンズメイクとか普通にあるし俺もやってるけど。何を見て来たんだ?w

イケメンイージーモードに感じるのはブサメン幻想からなw

anond:20190520193953

旦那さんが元増田に書いた通りの言い方をしたのならそれは相当に物の言い方を知らないように見える。

ただし増田も言い返す方法を考えているようなので、2人には対立関係が生まれている様子、ちょっと先行きが不安だね。

まずは「今まで頼りすぎだった。また働こうと思う」と話した時の相手の表情を見る、また実際に働いて自活するのがよろしいかと。依存度が高すぎて苦しいのに脱出できない状況は本当につらいので。。

さもなくば家庭を支えるプロとして身を立てるっきゃないので、専業主婦という仕事定義をまずはご自身で見つめなおしてみては。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん