2013-08-09

学歴」じゃないよ

http://anond.hatelabo.jp/20130809115823

いろいろ納得するものがあるんだけど、それは多分学歴の問題じゃない。多分それは「田舎者」だからだ。「田舎者」と言っても、別に地方在住とかという意味じゃない。自分世界が「地元」で閉じてしまってる奴等はみんな「田舎者」だ。

俺、もう10年以上、中学同窓会とか出てない。その前は時々出てたのだけど、出る気が失せたのだ。それは元増田の言っているのと似たような理由だ。

俺、田舎で生まれ育ったから、同級生ほとんどは地元にいる。もう俺もいい歳(50だ)になったから、同級生達も地元では「いっぱし」だ。10年以上前でも、それなりに地元では名が知れてる奴等が大勢した。

同窓会でそういった奴等に会うと、さすがに地元のことは詳しい。やれ誰がどうなったとか。それは良いことだと思う。でも、そいつらの「世界」ってそこで終わりなんだ。地元から出た世界存在しない。俺なんて中学出てすぐ地元を離れたものから地元事情には疎くなってしまったのだけど、その代わり地元の外の世界を知る機会が出来た。

地元離れたと言っても、地方都市にいただけで面白くなかったので、東京に出た。友達の枠が一気に拡がった。そして世界も拡がった。俺も頑張ったから、地元以外では「いっぱし」になった。業界やいろんなコミュニティで顔や名前も売れた。

そういったことを経験してると、「自分」が「世界」でどんな位置にいるかだんだんわかって来る。自分より偉い奴がいっぱいいることも、自分よりも偉くない奴がいっぱいいることも、自分に好意的な人がいることも、そうでない人がいることも。いろんな意味で身の程を知るし、いろんな意味自分も捨てたもんじゃないと思うようになるし、下手なことをすれば叩かれるし、意外なところで大事にされたりする。だんだん世界自分関係が見えて来る。

ところが、同窓会とかで地元の奴等に会うと、まるで違うんだよ。生まれてこのかた3日以上地元を離れたことがない奴等とかザラにいて、そいつらにとって「世界」ってのは地元しかないんだ。田舎なんてたかが知れてるからちょっと何か出来ればチヤホヤされる。まるで世界でも制したかのような錯覚に陥る。悪いことをしても、知ってる奴等が許容してれば無問題。そうさ。自分の周囲の奴等がどう考えてどう行動してるか、それだけ把握していれば、「世界」を把握したのと同じなんだよ。逆に、仲間うちで評価されなかったら、何もないのと同じ。

そういったガキみたいな、底辺みたいな世界って、別に学歴をモノサシにしなくっても、その辺にいくらでもあるよ。

そんなことでいろいろ嫌になったから、中学同窓会とか出ないことにした。話が合わな過ぎるんだよ。ちょっとでも外の世界を知ってると。

最初の頃は同じように地元離れた奴等と話したりしてたんだけど、そいつらもだんだん来なくなったし、お目当ての女の子なんて来ないから、無理して行くこともない。

ここでは「地元」とか「田舎」とかって書いちゃったけど、それは別に文字通りのそれじゃなくって、結局「うちわの外」を知ってるかどうかってことなんだろうと思う。学歴がどうとかという「知性」の問題じゃないよ。単純に知ってるかどうか。知らなかったら何もわからない。それだけだ。

トラックバック - https://anond.hatelabo.jp/20130809170906

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん