2014-05-07

http://anond.hatelabo.jp/20140507012359

自分結果的にろくでもない経歴になったのでまあこの手の教育論だの社会階層論だのはそこそこ読んだけど

結局全部家庭が丸抱えして親がまるごと面倒見てやんないと何をやってもダメ

みたいなことが書いてあるだけで本当につまらなくなったしだんだん題名だけで読む気もなくなってくる。

親の愛情指導を受けないと健全な発達が得られなくて社会性も育たず〜って、下手に社会性なんか持ってしまってそのまま現在制度に疑問を覚えない人間になるほうが怖いと思うけれど。

結局親の七光り以外に何もない貧しい世界になってしまった(日本に限らないようだけど)ような徒労感を覚える。

平和主義だの反原発だのの左翼は嫌いだけど、「我々は問題だらけで貧しい、現状では駄目だ」と言い切れただけまだ一昔前の人たちのほうがまともだったのかもしれないと最近思うようになってきた。

今は何かもう現実を見ろだの社会は厳しいだの以外特に何もなくて寂しい。

トラックバック - https://anond.hatelabo.jp/20140507231510

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん