2013-03-20

作画オタク界隈のジャーゴンについて

http://d.hatena.ne.jp/hokke-ookami/20130318/1363707421#c1363722838

きてる 2013/03/20 04:53

Gl17さんは「作画を語るスレ」を全スレ読み直す所から初めてはいかがでしょうか。でないとお話にもなりませんので。

我々は「きてる」「たまんね」で全ての意思疎通が行えるんですよ。歴史と訓練の積み重ねでここまでやってきたんですよ。あなた出来ないでしょ?あなただけですよ。そんなの。

http://d.hatena.ne.jp/hokke-ookami/20130318/1363707421#c1363738926

Yoshitada 2013/03/20 09:22

>>我々は「きてる」「たまんね」で全ての意思疎通が行えるんですよ

悪い。オレもそれはつきあいきれない。

ついでに指摘すると、その手の高度に内輪で最適化された言説が、世代を超えて浸透/伝承されることはない。

これ、ジジイ経験則な。

http://b.hatena.ne.jp/kowyoshi/20130320#bookmark-137280062

kowyoshi コメント欄

コメント欄の「きてる」という捨てハンの主張…えーと、ディープな作画オタクってそういうものなの?いやまあ、なんJもそうだけどディープコミュには特定のジャーゴンってありますが… 2013/03/20

このへんの。

我々作画オタクは、自称アニメオタクさんとアニメを語り合ったときに作画の話題が通じず歯痒い思いをした、という経験をおそらくみな一様に持っています

人知関係はもちろん、アニ研漫研mixiTwitterリアルでもネットでもこの悲劇を何度も繰り返しています

ところが作画スレでは一切の遠慮無く伝わってしまうんです。

それを端的に表しているのがこち亀のこれ。

http://livedoor.blogimg.jp/shake1728/imgs/0/5/052c46a0.jpg

もちろん作画スレには作画オタクしかいないので当たり前なんですが、この作画オタクというのが非常に少ない。

作画スレは1日1スレを消費するので人が多いのかもと思いがちですが、アップローダダウンロードカウントを見る限りROM含めて100人もいません。

Twitterにはアニメーターすら上回る知識を持つガチな方からにわかと呼ばれるカジュアル勢までいますがこれですら数百程度。

ただTwitterは3〜4年前の移住から既にコミュニティ成熟してしまっています

ブロガー連中は萌え豚と売り豚がほとんどで、真面目にアニメを観ているのは宮台東宇野かぶれの前島くずればかりという悲惨な状況。

新たに参加しようとしても冒頭の悲劇が繰り返される恐れがあるのです。

このような背景があり、我々作豚はお互いにシンパシーを感じ、馴れ合い感情を抑え切れないことが多くあります

「なあ」「つれえよ;;」「すげえわかる・・・

作画スレの会話はこんなのばかりです。

作画スレは疲れた作豚がボノボ最後の居場所なんです。

「きてる」「たまんね」はお互いの存在を確かめ合う言葉なんです。




今まで書いたのもネタとかではないのですが、それとは別の視点から

作画オタクが少ないというのを書きましたが、たまに「戦闘シーンがすごいアニメを挙げるスレ」みたいなまとめを目にすることがあると思います

わりとカジュアルに色んな人が語り合っていて、ブクマ結構ついたりします。

これはつまり作画がすごいということを話しているスレなんですが、そのスレで語っている人たちにそういう意識はあんまりないです。

というかアニメ制作についてもそんなにわかってないです。

原画動画とかレイアウトと原図、ひどいときにはコンテと原画の区別すらついてません。

そんな人たちでもある意味作画を語れているんですよね、戦闘シーンに限っては。

しかし芝居のアンテナは作画オタクしかついてないんです。

我々作画オタクは丁寧な芝居を非常に好みます

具体的にどんな作画が好まれるかについては御先祖様万々歳全部やゴールデンボーイの紀ちゃん、

最近のだとあの花2話の焼肉とかザムド最終話の大人ヤンゴと船長

みんなが観てそうなのだけいおんクリスマス回のプレゼント交換を思い出してください。(だいぶ系統違うけど丁寧ではあるということで)

こういう芝居にスゲェ!と目を見開いてしまうのは作画オタクだけなんです。

そして芝居というのは語るのが非常に面倒くさい。

粘っこいエフェクトとか派手なサーカスとか全然ない。

そのうえ下手なこと言うと突っ込まれて優越感ゲームが始まってしまう。

作画オタク教養主義たる所以です。

でもお互い共通認識は持っている。

もう「たまんね」でいいでしょ、だってたまんねえんだもん、となります

最近羽生善治が演技だ演技じゃないって盛り上がってましたよね。

増田で貼られてた動画観ましたがプロ2人の解説でもすごい素晴らしい天才だくらいしか言ってないんです。

僕は将棋からないんですが、それほどたまんねえ一手だったんでしょう。

たまんねえものにはたまんねしか言えないんですよ。

  • http://anond.hatelabo.jp/20130320200411

    たまんねえものにはたまんねしか言えないんですよ。 そりゃお前の頭が悪いだけだよ

  • 作画語りを文章で表現するのは難しい

    http://anond.hatelabo.jp/20130320200411 「たまんね」「きてる」はジャーゴンではない。単なるスラングだよ。きてるたまんねが使われる文脈はスゲーカッケーのそれと同じ。 きてるたまんねで...

    • http://anond.hatelabo.jp/20130321000145

      交響詩篇エウレカセブン 2期OP「少年ハート」より。 http://www.dailymotion.com/video/x2rqdu_eureka-seven-opening-2_fun ラップ部分で人物紹介、クルーの大半は並べるだけ、ありがちな作中への伏線カ...

    • http://anond.hatelabo.jp/20130321000145

      交響詩篇エウレカセブン 2期OP「少年ハート」より。 http://www.dailymotion.com/video/x2rqdu_eureka-seven-opening-2_fun ラップ部分で人物紹介、クルーの大半は並べるだけ、ありがちな作中への伏線カ...

      • http://anond.hatelabo.jp/20130321002423

        それ演出(あるいはコンテ)の話やん 肝心の作画部分については人名出してるだけですやん 鼻で笑っちゃいますよ

      • http://anond.hatelabo.jp/20130321002423

        ・松田サーカス=付けPAN、リアリティエフェクト、タイムライン、背動 ・敬史=破片の大きさ、画面手前への移動、丸い粒、磯以降 ・金子サーカス=煙での空間表現、ベイパーのよう...

  • 作画を語る語彙

    http://anond.hatelabo.jp/20130320200411 「本当は誰も作画を語れないのに、あえて語らないのだというポーズをする優越感ゲーム」気持ち悪いです。 ま、でも、難しいですよね作画語り。 演出語...

  • 作画を語る語彙

    http://anond.hatelabo.jp/20130320200411 「本当は誰も作画を語れないのに、あえて語らないのだというポーズをする優越感ゲーム」気持ち悪いです。 ま、でも、難しいですよね作画語り。 演出語...

  • http://anond.hatelabo.jp/20130322044424

    http://anond.hatelabo.jp/20130320200411 「本当は誰も作画を語れないのに、あえて語らないのだというポーズをする優越感ゲーム」気持ち悪いです。 ま、でも、難しいですよね作画語り。 演出語...

  • http://anond.hatelabo.jp/20130322044600

    http://anond.hatelabo.jp/20130320200411 「本当は誰も作画を語れないのに、あえて語らないのだというポーズをする優越感ゲーム」気持ち悪いです。 ま、でも、難しいですよね作画語り。 演出語...

  • http://anond.hatelabo.jp/20130320200411

    そういうジャーゴンを使いたがるのはあくまで「2chの作画スレ住民の作画オタク」でしょ。 作画オタク全体の話みたいにするのマジ迷惑なのでやめて。

  • http://anond.hatelabo.jp/20130320200411

    そういうジャーゴンを使いたがるのはあくまで「2chの作画スレ住民の作画オタク」でしょ。 作画オタク全体の話みたいにするのマジ迷惑なのでやめて。

  • 『丁寧な芝居』の例

    ■作画オタク界隈のジャーゴンについて http://anond.hatelabo.jp/20130320200411 我々作画オタクは丁寧な芝居を非常に好みます。 具体的にどんな作画が好まれるかについては御先祖様万々歳全...

  • 『丁寧な芝居』の例

    ■作画オタク界隈のジャーゴンについて http://anond.hatelabo.jp/20130320200411 我々作画オタクは丁寧な芝居を非常に好みます。 具体的にどんな作画が好まれるかについては御先祖様万々歳全...

  • アニメ評論家には、そんなにアニメ作画は批評するに値しないものと思

    http://toshinoukyouko.hatenablog.com/entry/2013/02/05/013220  それにしても、と僕は思う。 日本には、アニメに関する批評が存在しない。批評家が存在しないだけでなく、批評の場そのものが存...

  • http://anond.hatelabo.jp/20130320200411

    Less is more. より少ないことはより豊かなことである.

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん