「盲学校」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 盲学校とは

2019-06-13

anond:20190613141837

障害がある人や持病がある人はみんな努力してないの?

うちの近所の盲学校には白杖もった学生が毎朝危険中通学してきてるよ。

貴方努力できない理由なんて知らないし、一切の努力放棄した人間の持つ理由なんて興味もないよ。

努力をしていて傷ついていたならごめん、努力してるの?

2018-09-08

最近日本って自然災害ばっかりですね。ざまーみろ、ざまーみろと言わせてください。

栄養状態が悪くて弱視になり、

でも、盲学校に行くほどではないのに、

全盲になったわけでもないのに)

親が金目的で全寮制の盲学校に入れ、

夏になり級友ふるさとに帰る中、

邪魔から帰ってくるなと言われ、

そんな中で自分口減らしのため、

金のために親に売られたのだなと分かったあの日

私も未熟な人間なのでしょうね。

あの日

あの日から他人の不幸がうれしくて、うれしくて仕方ないのです。

ケラケラ笑っちゃいます

嬉しくて嬉しくて。(つまらない人生だと嘲笑したければしてください。)

心の底から、ざまーみろと言いたくなるのです。

いいのです。どうせ道徳的な高みに達したり、人間的な完成なんて目指してません。

秋葉原加藤事件で、東京芸大美人学生が死んだときには本当にうれしかった。

ざまーみろ、ざまーみろと飲めない酒でひとり祝杯をあげた。

殺人地震強姦心中児童虐待

そんな被害者にざまーみろと言いながら、

記事を切り抜きスキャンした上で、記事スクラップしつづける。

ざまーみろ、ざまーみろと、何度もつぶやいた。

関西空港で取り残された3000人全員餓死すればいいのにと心底願いましたが、叶いませんでした。

悔しいという感情を禁じえません。

話は遡ります

あの日

私はあの日の日付を覚えています

9月9日でした。なぜかそれだけははっきり記憶しています

から、この時期になると何だか涙が出てきます

しっかりと視力のある私の目から。メクラ扱いされた私の目から

親に売られたルサンチマンだけのゴミだと言っていただいて結構です。

実際そうなのでしょうから

でも、相模原事件だけは、自分のなかで、「ざまーみろ」という言葉は浮かばなかった。

しかしたら、それが自分にとっての蜘蛛の糸なのかもしれません。

手遅れかもしれませんが。

2018-07-11

麻原彰晃に異常な関心を向ける増田が多すぎるが

まぁ、生まれ絶望的な極貧で両親は金欲しさに本人をタコ殴りにして盲学校にブチ込んでオウム成功した後は金をタカりに来るような

リアルはやてのごとくのはやての両親のようなドクズ

短小で片目失明しててオマケに最終学歴高卒ブサイクなんて奴が

悪事一つでここまでいけたんだから、似たような経歴の増田テロ犯罪悪事に関心を見せる増田みたいなのはいなくならないだろうな

世に犯罪者のタネは尽きまじ

2018-07-06

麻原は目見えるのに親に盲学校放り込まれて、卒業までにガイジしばいて300万貯めたってすごくないですか?70年代にですよ?

2018-03-06

無意識差別ってあるんだろうなって話。

ふとテレビをつけると、今年のR-1放送されていた。

しか最後の3人のネタが始まる、めっちゃいいタイミング。ヤッタネ。

おぐゆりやんと観て笑い、最後に出てきたのが濱田祐太郎でぼーっと見てた。

わ、めちゃくちゃオモロイやんけ。盲学校点字ブロックないとか、ほんとスパルタすぎるwww そういえばあの白い棒って、見たことあるよな。あ、そうだ、視覚障がいの方が歩くときに使う棒だ。、、、という事は。

検索してみると、思った通り。濱田祐太郎弱視漫談家だった。

「障がいのある漫談家はいない」って思い込んでいた自分が恥ずかしくなったよ。

そんで濱田祐太郎すごいなと思ってしまった事に、さらに恥ずかしくなったよ。デブとかハゲとかと一緒で自虐ネタに持ち込んで良いのに、何でだろうね。無意識差別してたんだな、反省。そういう差別ってクソ多いんだろうな。そして皆日常的に、無意識差別で人を傷つけているのかもしれない。確かに社会制度の上でとか、生活やすくする為に「障がいかどうか」を区切らなければいけない部分はあるんだけどさ。うまく言葉にできないけど。そういえば「みんな違ってみんないい」なんて言葉は、社会生活において「いわゆる普通の人の範囲内」って前置きがつくことが殆どだもんなあ。

濱田祐太郎、今年のR-1グランプリ優勝おめでとうございます

2010-04-02

http://anond.hatelabo.jp/20100401214927

自分の事じゃないので詳しくは分からないけどマジっす。

視覚障害者盲学校按摩師が黄金パターンだけどその人はそのありきたりが嫌でそっちの道を選んだみたいです。

残念ながら今は辞めちゃったけど運命には逆らえるんだなあと感動しました。

何事もないのが一番ですが、人生って厳しいから時には考えうる最悪のケースが現実のものとなる場合もあるじゃないですか。

万が一最悪のケースになっても道は先に続いてるよって事をとにかく伝えたくて書きました。

何か駄目になること前提みたいな話し振りですいません。

治るといいね!

2009-11-02

特殊学校行きの振り分けは「相対評価」か?

葬儀屋は人の不幸がないと成り立たない。

医者歯医者も然り。

介護ビジネスなんかも、人の不幸(とまで言えるかどうか)がないと成立しない。

あと、養護学校とか盲学校聾学校も、人の不幸(とまで言えるかどうか)がないと・・・

仮に将来、身障者の発現確率が減少したら、養護学校の教師は失業するんだろうなあ。

で、ふと思ったことだが、就学前検診とかで、「特殊学校行き」の児童を

発見」して振り分けたりするのだが、

「例年だと100人に1人、特殊学校行きの児童が現れるのに、

 今年は300人診ても現れない。

 このままだと特殊学校の教師が失業してしまうから、

 ボーダーラインのA君、この子、昨年だったら普通学級行きなんだろうケド、

 今年は特殊学校が空きまくっているから、特殊学校送りにしちゃえ」なんて

運用がされていたりして。

要は就学前検診の振り分け基準が「絶対評価」でなく「相対評価」だった場合、

「たまたま障害者が少ない学年」に生まれついたボーダーラインの児童が、

「障害の側に振り分けられる」という「不運」に見舞われたりしたりして。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん