2019-03-30

帰省がつらい

長期休暇のたびに帰省催促メールが来ており、育ててくれた恩義もあるのでなるべく帰るようにしているのですが毎回しんどいです。

なぜしんどいかというと父に気を遣うのがしんどい理由の一つかもしれません。なぜしんどいのか考えてみました。

1.自分の考え方が正しいと思い込んでおり、他人から意見されると腹を立てることが多い

父は誤解を恐れずに言えば昭和的・田舎価値観を強く持った人間だ。こういった価値観を持つことについては個人自由であるので特に何とも思わないが、自分の考え方こそが正しいという思い込みの激しさによって家族は少なからず苦労をしてきたと思う。

自分の前で好みでないメディアの視聴や趣味の話をされると機嫌を悪くする

自分好みのメディアは良いもの自分が嫌いなメディアは悪いものだという認識があるのかもしれない。

家族居間テレビを視聴していると、大変に機嫌が悪くなる。バラエティ低俗で見ると頭が悪くなると本気で思っているようだ。自分が嫌いなテレビを堂々と自分の前で見るとは何事だ、という空気を出してくる。テレビが好きな母は父がいないときを見計らって隠れるように録画した番組を見ている。

(なお父自身自分の好きな映画動画大音量で好きな時に視聴しており、これに家族意見することを許さない)

また映画を見るにしても父が好むストーリーかつ、父が嫌いなワードシチュエーションが入っていないものを選んで観なければならない。一度誰も観たことがないもの家族で観たことがあったが、一部表現が気に入らなかったらしく途中で父が怒ってしまった。

食事中の会話選びも慎重に行わなくてはいけない。母の職場出来事や日々のちょっとした愚痴などは怒りポイントに触れやすい。安牌は父の趣味の話や季節の話。今はきっと食卓の会話はなくなっているのではないか。面倒なので。

自分判断は正しく、「有難迷惑」ということに考えが回らない

誰にも相談せずに土地を購入し「おまえのために土地を買ってきてやった」と言っている。便利な土地ならいいが、購入した土地は冬は行き来ができないほどの山奥で到底住めるところではない。もう実家がある県に戻るつもりもないと何度も言っているのだが聞く耳を持たない。昔は親から子に土地と家を譲ることがいいことだったのかもしれないが、今離れて暮らす子供はそれを望んでいない。山奥なので税金は安いと思うが、一生に何度行くかわからない土地のために税金支払いやその他水道管等のインフラ整備をする義務を、何の相談もなしに押し付けてくるのはちょっと怖い。自分がその土地を欲しかっただけじゃないか

同様に「俺の趣味コレクションは俺の死後オークションで売ってくれていいから。XXのお小遣いになるだろ?」といってバイクや古いプラモデルを集めている。相場は何ともいえないが、父が買える範囲の値段のもの再販価格たかが知れている。オークションに出品したり引き取り屋に片づけてもらうコストは考えていないようだ。自分がやりたいか趣味コレクションしているのにそれを子供の将来のお小遣いといってくるなんて困ってしまう。

2.他者を見下す

学歴コンプレックスがあるのかもしれないが、とにかく「馬鹿」といって他人を見下す。特に母に対するあたりは強く、正直モラハラレベルだと思う。

私は父よりも偏差値大学卒業し有名な企業に入ったからか、父の定規では見下す対象にならなかったようで馬鹿にされたことはない。

でも帰省した時に両親の不仲を目の当たりにするのはとてもつらい。

・・・

こんな父だが娘の私のことは溺愛しており、何度も帰ってきてほしいという。

娘だから愛されているということはあるのかもしれないが、私は実家にいたとき学生なりだがいつも父に気を遣い、母の愚痴を聞いて両親が仲よくなるように願ってきた。

自分も他県で家庭を持った今、実家内の関係を冷静にみることが増えた。

自分の家庭はとても居心地がいい。こんなに居心地がいいのに、実家に戻って会社のように全方向に気を遣いびくびくするのが単純に面倒になったのかもしれない。

  • anond:20190330230358

    色々理由をつけて帰らなくていいと思うが 何かの折に一緒に飯食うとかで母親にだけはあってやれ

  • anond:20190330230358

    土地買っちゃうあるある〜! おじいちゃん世代は土地信仰根強いですね。うちも一時期盛んに言ってました。 増田のお父様はこだわりなどを見た感じ、少し判断力の低下があるかもです...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん