2018-04-16

LGBTという言葉が嫌い

最初に誤解を与えないように書いておくと、別にLGBTの人たち自体が嫌いなわけではない。そこに好きも嫌いもない。

自分が単にLGBTに含まれないセクシャルマイノリティであって、LGBTけがセクシャルマイノリティである世間一般認識されることを恐れている。

特別扱いしてほしいわけじゃない。ただ、LGBT以外のマイノリティもいるんだということを知ってほしいだけ。

自分はたぶん、アセクシャルである説明すると長くなるので、アセクシャルって何?という方はググってほしい。

たぶんと書いているのは、無いもの証明できないかである。誰かが何処かに書いていていたけれど、真にアセクシャルであることの証明死ぬまでできない。だから「おそらく」としか言えない。そういうことを言うと必ず返ってくるお決まりセリフ、「まだ本当に好きな人出会ってないだけだよ」という言葉こちらに向けないでほしい。それはうんざりするほど聞いている。そういう問題ではないのは本人がよく分かっているから。私はどんな人間にも性的な魅力を全く感じないだけだ。

自分アセクシャルからかどうかは知らないが、基本的仕事であれプライベートであれ、関わる人間性別意識することはあまりない。誰にも恋愛感情を持たないのだから相手性別なんてどうでもいい。そんなことよりその人が「何を考えているのか」「何ができるのか」ということの方に興味がある。

から、とくに尖った才能のある人なんかには惹かれる。惹かれるが、それは単純な好奇心に似ている。極端にたとえるなら、スポーツ選手歌手に憧れるようなものだ。憧れは同性異性に関わらずあると思う。そして、自分にとって他人への関心は能力に対する憧れ以上のものではない。

能力というと大げさだが、美味しいお店をたくさん知っているとか、ガンプラにくわしい、とかそういうレベルでも能力だと思っているので、つまり自分が持っていないものを持っている人と仲良くはなりたいと思うことはある。ただし、友情以上にはならない。

少し前に、LGBT気持ち悪い人の話が話題に上がっていたけれど、あの記事に出てきた人は「本能的に同性愛者を拒否してしまう」と言っていた。もしあの記事で例えに出ていたのが同性愛者ではなく無性愛者だったらあの人はどう思うのだろう。それもまた「理解できない、気持ち悪い」と思うのだろうか。

アセクシャルであることで最も面倒だと思うのは、「全ての独身者恋人(あるいはパートナー)を欲しがっている」と認識している人の対応だ。

恋人いないの?なんで?」

恋人いないなら付き合ってよ」

恋人いないなんてもったいない

そういうことを言う人は少なからずいる。その人達は目の前にいる人間アセクシャルである可能性なんて微塵も考えていないだろう。そういうところが悔しい。というか、そういう社会に不満がある。

それでも10年近く付き合いのある友人たちからはその手の話題は減ってきたので、理解してもらえたのかな(あるいは同性愛者だと思われているかのどちらか)と思っている。カミングアウトしたことは一度もない。何れにせよ、恋愛関係話題を振られないのは助かっている。

問題会社人間など、そこまで付き合いの深くない人とそういう話題になったとき場合だ。これは非常にめんどくさい。

なぜ世のマジョリティの大半は、目の前にいる人間マイノリティかもしれないということを考慮しないのだろう。おそらく自分マジョリティからそういう考えにすら至らないんだろうなというのはわかる。わかるが、それが悔しい。

じゃあどうしたらいいんだよ思われるかもしれないが、まず「相手異性愛である」という前提で恋愛の話を振るのが間違っていると思う。

たとえば話している相手雑談の間に「結婚している」とか「好きな人がいる」とかもしくはその手の兆候のある話を聞いたら、「ああこの人は性愛者なんだろうな」という認識はできる。それからもう少し詳しく聞いてみれば、その人のパートナーが異性なのか同性なのか、年下なのか年上なのかどこの出身なのかわかる。そういうことがわかるまでは、異性愛者と思い込んだ状態で話をしないでほしいと思うだけだ。

今まで何度も「異性愛である前提」で話を振られることが多くてうんざりしている。

どうして一度も「○○さんが好き」とかその手の話をしたことがない人に異性愛者だと思われているんだろう。それはアセクシャルである自分にとって長年の疑問だった。その人にとっては異性を好きになるのは当たり前のことだったのだろう。でも、自分はそうではない。だから、それが当たり前である社会が嫌いなのだ

LGBTへ対する差別話題になりつつあるが、その他のマイノリティの中のマイノリティについてはまだ知らない人が多いと思う。だからLGBTという言葉けがひとり歩きしているような現状が嫌なのだ

さて、学校会社で新しい出会いが増える時期だと思うが、皆様にはどうかセクシャルマイノリティのことを頭の片隅に置いてほしいと思う。理解し、賛同しろと言っているわけではない。ただそういう人がいるということを知識として知っておいてほしいだけだ。そして、初対面の人にはできるだけ「異性愛である」前提で話を振らないでほしい。自分から言うのはお好きにどうぞ。だが、相手が話し出すまで恋愛話題は避けてほしい。それで不愉快な思いをする人がいるかもしれないから。

こういうことを、前述した記事に出てきたような人に言ったら「いちいち異性愛者じゃないか気にしないといけない社会なんて息苦しい」とか言われるんだろうか、とふと思った。

でも、今までもこれからも我々はマジョリティの皆様に気を使って生きているわけで、少しだけ少数者のことを気にかけてもほしいと思うときがあるのだ。

  • anond:20180416212418

    これからGBLTにしよう ゴマドレッシングソースを使ったベーコン・レタス・トマトバーガーだ

  • anond:20180416212418

    相手が話し出すまで恋愛の話題は避けてほしい。 これ元増田はマイノリティだからってのもあるだろうけど、マジョリティである異性愛者でもそう思ってる人多いと思う。 パートナ...

    • anond:20180416212954

      でも童貞を見ると叩くのを我慢できず全力のはてなのみなさん

  • anond:20180416212418

    今日も女のクソ長文読んじまった

  • anond:20180416212418

    分かる。 自分がアセクシャルかどうかすら分からないしそもそもそのこと自体にもあんまり興味がないんだけど 普通の人間に合わせるのめちゃくちゃ疲れる。

  • anond:20180416212418

    ゲイの語源を知っているか? ”陽気な”って意味だ。 なんで、「ホモセクシャルの男性」が「陽気」なのか。 自分が思うに、セクシャリティがどうであるかということを悩み、悩みを...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん