2016-10-07

直情的で素直なサイコパスの話

もう辞めてからだいぶ経って身バレする可能性が低くなったので昔勤めていた会社のことを書いてみようと思う。

以前勤めていた会社は約50人規模の地方中核都市中小企業だった。

社長バブル期の後半に30歳そこそこで起業をした人間で、色々途中ありつつ約20年でかなりの売上の会社にしたやり手だ。

時代もあったしたまたま始めた事業がその後世間的なニーズの波に乗れたという運もあったが、認めたくないもの仕事はできる起業家だったと思う。

問題はその社長性格が決定的なサイコパスであったことだ。

私は比較社長に近い位置採用されており、その社長が他の社員取引先と会合をしている様子を見てきた。

サイコパス性格というのは他者への共感性が薄く、モラルが低く、自尊心が高く、また口が達者で一見魅力的という特徴があると言われるがこれが完全に当てはまる。

本人を目の前にしているときにはさんざん相手からの信頼を得るための美辞麗句を並べ立てておいて、相手から受けられる利益の当てがなくなるとあっさりと切る。

切って周囲から何か悪評が立ちそうになると「断腸の思いで切った」「時には経営者嫌われ者になる覚悟必要」とこれまた周囲をうまい具合に丸め込む。

まりのすさまじい二枚舌に精神バランス大丈夫なんだろうかと最初は思ったが、何年も一緒に仕事をしているうち、二枚舌で相手を騙したり陥れたりすることにむしろ快感を覚えるタイプなんだということがわかった。

良心の呵責なんて全くなく、「バレなきゃ違法じゃない」を地で行くタイプだった。

先に精神が参ってしまったのはそんな様子を間近で見続けてきた私の方で、こればかりは匿名はいえここに書くことはできないような事件があり「これ以上ここにいたら自分良心麻痺してしまう」と思い離職を決意した。

私は勤務をしていたときには社長に極力逆らわず、言われたことは言われたとおりに遂行し、従順すぎるくらいに従順だったのでかなり気に入られていたようだ。

なので私が辞めると告げた時にはもしかしたらひどい罵詈雑言を浴びせられたり離職の日まで嫌がらせを受けるようなことがあるのではないか心配していた。

しかし予想に反してサイコパス社長は何年も勤めてきた自分に初めて涙を見せた。

いわく「お前がいたから俺はここまで会社を大きくできた」ということで、行かないでくれとまるで恋人にすがるかのような態度をとってきた。

ちなみに長年仕事をしてきたが私は社長のことが信用できなかったのでプライベートなことは出来る限り口にしてこなかったし、架空恋人を作ったり別れたりしてきた。

もちろん社長との関係仕事以外には全くない。

私が絶対に辞める意志は覆さないと言ったところ、「せめて次の仕事を世話させてくれ」や「辞めている間何か助けをさせてくれ」とこちらが不気味に思うほどのことを提案してきた。

もうこれ以上この人とかかわり合いを持ちたくないと思っていたのでそうした提案も全部退け、逃げるようにして退職した。

退職したあと夜道を誰かにつけられているような気配がしたり、家の玄関先に社長が吸っていた銘柄タバコの空き箱が置いてあったりということがあったが多分気にしすぎだと思う。

それも数ヶ月したらなくなった。


今考えるとサイコパスというのは悪気がないかサイコパスなのであって、良心の呵責なくバッサリ長年勤務してきた従業員を切ったり、取引先との契約反故にしたりするのは本人の価値観からすれば全く問題ない素直なことなんだろう。

周囲から嫌われそうになったら全力で好かれようとするし、裏切られそうになったら何をしてでも関係を取り戻そうとする。

実に素直な性格だ。

直情的で自分に正直だ。

から私を引き留めようとした涙も芝居ではなく、その瞬間は本気でそう思っていたんだろうなと思う。

あの人は会社を起こしてそれがたまたま成功たから良かったけど、人生における興味がもし殺傷とかに向かったら歴史に残る犯罪者になっていたかもしれない。

離職以来、私はすっかり人間不信になり、素直に感情を表すタイプ人間が怖くなってしまった。

もう二度とああいう輩と関わりたくはないが、きっと世の中にはもっと潜在的にたくさん似たような人間はいるのだろう。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん