2020-06-20

アメリカ日本技術差について

お金の量が違う

Googleアメリカ日本中国研究費を見てみると、米国5111億ドル中国4512億ドル、にほん1913億ドル

研究者の人数だと、中国169万人、米国138万人、日本67万人。

かに金額は違うし、人数も違う。


じゃあ仮にお金を出したとして、どう使われるのかというのに関心がある。

人数は少ないけど同額のお金をつぎ込んだら技術は生まれるのか?


1つの答えとしては沖縄大学OISTで、海外から優秀な人を呼んできて、潤沢な資金環境を用意すること。

論文の数はこれで上がる。

日本鉄道がなかった時代海外から技術者を呼んできて技術を教えてもらった時代に戻る。

とはいえ出てきた技術が波及するのか?

論文科学力の指標になっているけれど、呼んできた優秀な人が居なくなったら、論文書けなくり、設備も使えない、というのは本末転倒ではないだろうか。

また論文を出すのに購入した設備も、日本国内の物では技術不足で海外から輸入した設備を使うことになると思う。

鉄道自分達で施設できるようになったように、自分達で設備を作れるようになるなどがゴールだろう。


もう1つの手段は、国内技術者にお金をつぎ込むという話。

既にどこかの会社雇用されている技術者の給料を上げると、技術力が上がるのかというと違うのではないだろうか。

600万を仮に1500万にしてアウトプットが変わる?金額アウトプットの出し惜しみしてる?


技術者が起業してそこにお金を入れるのはわかりやすいが、今の日本環境だとお金が流れていない。

起業数が少ない。

起業リスクが高い。

から政府リスク取るんだよ、という話になるけど、省庁に技術の目利きがいる?

居なければ国家プロジェクト失敗!無駄遣いだ!とメディアの餌食になる。

失敗したら検証必要だが、失敗してもトライアル繰り返しできる環境必要


規制の話

国にサンドボックス制度があるが使えない。

申請必要な時点で諦めているのかもしれない。申請書類を揃えるのが面倒などの理由から

研究費の目的使用禁止もある。

裁量で動かせるお金と、場所か。


メディアの話

テレビ新聞は、国会不祥事ばかり報道をしている。

経済対策金額妥当性のみ。

先のサンドボックス制度もそうだが、国の優遇措置に関する報道は少ない。

規制に関する報道は多い。

優遇措置についても、新規の時は報道されるが、すぐに忘れ去られる。


国内企業に関しての報道が少ない。

企業広報努力SNS話題になっていることを報道するという拡散はある。

技術に関しての詳細な記事アクセスが少ないというのもある。(専門が違ったらわからいから読まれない


GoogleAppleAmazonなど米国企業の話、ベイエリアの話に偏りがある。

1部のメディアが扱うのはありなんだろうが、どのメディア報道する。


国の成果、統計情報などが活用できない

科研費で出た成果が応用されない。

企業自前主義で、成果を出した大学なりと共同事業とするとはならない。


最近は国の統計情報API整備がされてきたが、利用したという技術記事は少ない。


メディアが扱わないので、技術利用者も増えない。


国内にいる優秀な研究者の名前も把握できていない。


企業間の連携

アメリカ企業は、プレスリリースを出した時点で共同していることがある。

NVIDIAIBMAppleGoogleなど。

しかも数社合同というのがある。どういう繋がりでできてるのか。


日本企業場合、2社が協業するのをプレスリリース出すくらい。



大学との連携

企業に勤めている人が大学連携して技術を学ぶというのは難しいのでは?

企業内で偉い人に承認をもらうプロセスや、情報セキュリティなど。

  • 産官学の関係性の見直しあたりも大事な問題なように思う 今の大学はただの職業斡旋所であり、大学から排出される高度人材は多くない また企業サイドにしても2020年にもなるのに未だ...

  • >省庁に技術の目利きがいる? こういうとこがアホなんだよな つまり省庁に目利きがいて、伸びそうな事業に予算を突っ込めばいい。 という発想。 そもそも、どの技術が伸びるか...

  • ラーメン屋や蕎麦屋やコンビニばっかいくら増やそうがメガベンチャーは生まれませんよ。 まあ普通に大学に対して金と時間を増やさせて萌芽・基礎研究を増やす以外ないわ。 起業につ...

    • 研究そのものではなく使い方じゃないのか。もちろん研究から事業化までやるところもあるだろうが、そればっかりがベンチャーとは思えない。

      • ベンチャーは事業化が伴わないと駄目っしょ。 そこまで付き合ってお金を出してくれるリスクマネーの有無、技術を見抜く投資家の治験、一儲けしてやろうと企む起業家、それを支える...

        • 結局金と時間をどうやって出すか?ということになるよ。じゃないと詐欺師と、詐欺師と疑われる起業家のせめぎあいでしかない。 まあ大学、公設研究機関が金と時間の受け皿になる。...

          • いや、正直なところ詐欺師と投資家とゴッチャな訳よ。萌芽時点は。 だからそれを見抜く投資家の視座も必要なの。漫画家の編集者みたいなもんかな。育てる視点も必要。 研究所で育つ...

            • いや、正直なところ詐欺師と投資家とゴッチャな訳よ。萌芽時点は。 少なくともビジネスとして萌芽であっても、科学技術としては明証分析総合枚挙と、合理的批判に耐えられたもの...

              • 特許ってむしろビジネス側の話と思ったが違うのか

                • 売り上げがすぐに見えてない技術でも特許は出せるじゃろ? そして特許出したからといって売り上げなんか一ミリも保証されてないだろ?客がいないと。

            • 追加 そもそもさ、新しい技術を求める人間というのは銭がない。そして資本主義社会では銭がない人間は絶望的に弱い。 何されても文句ひとつ言えないな。それがゆえに金だけで知識も...

              • いやいや。 リスクマネーがあればそれを投資家に肩代わりしてもらえる訳よ。 事業がだめなら投資家が被る。 但し、うまく行っても投資家が設ける。 起業家は株式公開で大きく伸びた...

                • お前どこまで夢見てんだ。 そんな教科書みたいな夢物語なんざ捨てろ。人と人の力と欲望とのつぶし合いだ。 「弱い」それだけで下らん承認欲求やら欲望やらで奴隷にしよう、自分の思...

                  • 遅まきながら今返事見ました。 熱い気持ちは伝わった。 確かに日本企業は技術への軽視はあると思う。基礎研究に金出し渋るとか。海外と比較してね。 でも資本主義は成長欲、つまり...

                    • 叶わない化け物からは逃げるのが第一だろ? 儲ける最後まで自分が確実に権利を持てる状況じゃなしに頑張ったって本当に「無駄」 それどころか借金こっちに残して奪われる懸念もある...

      • そもそも商売には商品(+技術)と顧客が必要なんだけども、それをどうやってすり合わせするのかって話。 起業系の銭はどこまで行っても成果は「売上」だから、もうすでに顧客と商品...

  • そもそも大前提として、 景気が良ければ起業が増えるのであって、起業が増えたら景気が良くなるのではありません。技術が延びるのでありません。 ラーメン屋や蕎麦屋やコンビニやイ...

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん