2014-11-12

高校生です。

僕は、もともと、今よりは少し頑張っていました。頑張れる人でした。

その頃は、趣味がありました。お菓子作りや、プログラミングバンド活動作曲ピアノをひくこと... 自分でも、割と多趣味なんじゃないかなと思います。どれも僕は、大好きなことです。週末や、平日でも暇ができると、何かしらをして過ごしていました。

部活も大好きでした。2年生からは、ある程度部内でも責任ある立場に立たせていただき、悩むことも増えました。それでもやりがいがあり、楽しく、とにかく仲間が大好きでした。部活友達とはよくカラオケに行ったり、ずっとこれからについて話していたりと、本当に仲良くしてもらいました。部活には、大切な友達がいて、僕の居場所がありました。

勉強は、まあ普通なほうでした。ただ、課題を出すのが苦手でした。締め切りを忘れてしまうことも多ければ、自分必要のないと感じてしま勉強はあまりやる気が出なかったからです。でも一番の原因は、僕が"悪い完璧主義"を持っていたからだと思います完璧でなければ、やらないほうがマシだという考え方です。だから課題には人よりも時間をかけ、少しでも遅れたら出しませんでした。授業のノートは、やる気が出るものだけ、つまりこの先もずっと完璧ノートが取れると自信のあるものだけ取り、あとは全く取りませんでした。結局それは、何もかも中途半端に終わらせるということを、僕は徐々に気づいていくことになりました。

それでもまだ良かったんです。僕には、時間無駄にしたくないという思いがありました。やりたいことがたくさんあったからです。部活も、趣味も。もちろんテストで上位に食いこむという目標もありました。でも正直、部活趣味を頑張れるように、勉強も頑張ってみる、という感触でした。

3年生になって、部活引退したんです。うちの部は遅くて、9月のことでした。それでももう2ヶ月も立ってしまいましたが。

うちの学校進学校です。周りより遅めに受験生の仲間入りをした僕は、これから勉強を頑張らなきゃと思っていました。

なんとなく、趣味もできなくなりました。勉強をしなければと思ったというよりは、周りの目がそうさせなかったからでした。なぜか、何をするにも受験生という負い目を感じるようになりました。勉強以外のことをしていると、必ず親から愚痴を言われました。

部活が無くなった分、授業の課外が入りました。朝にも課外が入りました。

友達勉強必死になっていき、カラオケにも誘えなくなりました。

何もできなくなったように感じたんです。

今の僕の話を聞いてください。

ゲームにハマりました。ついこの間までは、ゲームには夢中になったことなんてありませんでした。今では親や友人から隠れるようにして、ずっとやっていますシナリオゲーなんですが、その物語世界現実逃避している感じです。

何もがんばれていません。頑張らなくなったら、ちょっと学校に行くのが楽になりました。他人に会うことや授業は嫌ですが、毎日ゲームを楽しみにしてじっと我慢していますゲームを夜中までやるので、授業中に寝ることも多くなりました。ノートひとつも用意していません。

大学は、行きたいなとは思います。第一志望にしている大学は、魅力的な大学です。地方ですが、僕の好きなIT英語を高いレベルで学べると思います

ただ、それだけでは、頑張る理由がわかりません。つまり、、僕は、今の生活が続けばいいと思ってしまっています。いえ、もちろんこのままでは、こんな生活も続けられないことはわかっています。なんでしょう、、墜ち続けてもいい、というような感情です。感情でもないのかもしれませんね。何も考えてないだけかもしれません。

思えば、少しずつ堕ちてきただけな気がします。中学生の頃が、一番勉強しました。努力をつらいことだと思っていませんでした。努力以外に、することを何も知らなかったからです。それが今は、何もできなくなってしまいました。今の僕が何をやっても、続くと思いません。つまりそれは、少し這い上がっても、またすぐに墜ちていくことを意味します。僕はそれが怖いんです。

大学に行って一人暮らしが出来たとしても、いつか努力をやめて、留年を続ける自分しか思い浮かびません。

社会人になれたとしても、辛いことが続くうちにすぐに休みがちになって、職を転々とする自分、新しい仕事を探す気力さえなくした自分しか思い浮かびません。

僕は少し前まで、自分ラストチャンスを与えていました。自分受験期になれば、やるときになればやる人だ。できる人だ。そう自分を信じていました。

でも僕は、裏切りました。裏切られた自分は、自分をもう信じることができません。いままでも裏切りを何度も繰り返してきたのですから

僕が今ハマっているゲームに、こんな場面があるんです。主人公は、あるきっかけで荒れてしまった不良だったのですが、恋をして、大切にしたいひとを見つけて、その人を守るために、頑張り始めるんです。大切にしたいものがあるから、頑張れる。そういうメッセージが込められていました。

僕の中では、大切にしたいものがはっきりしていません。何のために頑張りたいのかわからないのです。それは、自分が大切に思えなくなったからだと思います。信じられないのです。僕が将来、今思い描く理想自分に近づいているとは到底思えないのですから、大切にはあまり思えなくなってしまいました。

他人のためでも、自分のためでもない、漠然とそんな気がして、頑張れていないままなんです。

自分はとっても迷惑な気がしています。今の自分も、周りに心配ばかりかけている、迷惑存在ですが、きっと将来の自分迷惑でしょう。でも、今ここで死ねるほど、僕は強くありませんでした。

僕は、本当は将来、何をしたいかなんてわかりません。したいことなんて決まっていません。でも、もしなにか、選べるとしたら、譲れないことがあります

それは、人を幸せにしたいんです。子供っぽいと思われるかもしれませんが、一人でも、沢山のひとでも誰でもいいのですが、誰かを幸せにすることをしていたいです。そのためになら、将来の自分でも、もしかしたら頑張れるかもしれないと思うからです。その時の僕を、僕はまだどこかで信じちゃっているんですね。

とにかく思いつくままに書いてしまいました。いろいろなことを脈絡なく書きましたが、それは自分のことを伝えるためです。今の僕は、どう見えますでしょうか。率直にお伝えください。

長くなりましたが、一言でも意見をいただけると幸いです。

  • http://anond.hatelabo.jp/20141112220140

    まずは、親か先生か友達に相談しろ。 親の顔色伺ってたいい子ちゃんタイプ? 増田の言う通り、勉強したって、頑張ったて、うまく行くなんて保証はない。 てか、人生なんて思い通...

  • http://anond.hatelabo.jp/20141112220140

    頑張った経験のある奴は一時的に堕落してもいずれは自然と立ち直る。 世の中には踏み外したことの無い選ばれた人間しか進めない道もあるが、図らずも踏み外したことによって開ける...

  • http://anond.hatelabo.jp/20141112220140

    まず一言言わせてもらうと文章が長いっていうことと、あともう1つはお前は昔の俺かっていうことね。 多分だけどズルズルいっちゃうよ。そしてかなりヤバくなってからやっと動き出...

  • 完璧を追うな。洗練を求めよ。

    http://anond.hatelabo.jp/20141112220140

  • 「頑張る」ことが大好きな人は、結果が出ないと頑張れない傾向にある|ただの通りすがり

    「頑張る」系の人は理想におぼれがちなので、「東京の大学にいって遊びたいので勉強する」というような動機を認めにくいという部分も不幸なことだとは思う。で、へたすると、地方の...

  • 克己

    http://anond.hatelabo.jp/20141112220140 自分も高校生のとき同じようなことを考えた。 そのとき自分はこういう結論をだした。 うすうす気づいているとは思うが、いざとなったときに頼れる存...

  • http://anond.hatelabo.jp/20141112220140

    3行でまとめろバカ

  • http://anond.hatelabo.jp/20141112220140

    大丈夫。君は正常。同じ道を通っている30~40代はいっぱいいるよ。 平和で飯の心配がない日本で、自由与えられたらそうなる。増田でいいから、相談をつづけな。やりたい!って...

  • http://anond.hatelabo.jp/20141112220140

    どう見ても高校生じゃないよね… 幸いです。

  • http://anond.hatelabo.jp/20141115235419

    http://anond.hatelabo.jp/20141112220140 つらいです。 お父さんは、「お前のことは、半分諦めた」と言いました。 ...どうして半分、諦めてくれないんでしょう。残った半分は、何なんでしょう...

  • 報告をします

    http://anond.hatelabo.jp/20141112220140 上の増田です。 僕の拙い文章を、思ったよりも多くの人が読んでくださったようで、とても驚いています。その節はお目汚し失礼いたしました。 そのと...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん