2021-04-16

追記3あり】職場で休憩中、女性生理セックスの話を始めたら男である自分はその場から離れた方が良いのだろうか

自分は男で女性が多い職場に勤めている。

休憩中はよく職場椅子腰掛けているのだが、周りの女性たち(周囲の人数は日によってまちまちで、3人くらいのときもあれば7人くらいのときもある)がたまに生理セックスの話をし始める。

挨拶代わりのような会話から真面目で深刻な悩み相談のような話までピンキリだ。

私はそういう話はあっても全く構わないと思うのだが、同時に、男である私がその場にいると、彼女らが真面目で深刻な話を自由にできなくなるのではないかと少し悩む。

そのためそのような生理セックス関係の話が出たらいつも立ち去るようにしている。ただ聞いていて不快感はないが、聞いていたいとは思わない。

ネットを見ると、そもそも男性社員の前で生理の話をすること自体男性に対するセクハラだという意見もあり、驚く一方でなるほどなあと思った。

私が立ち去るべきなのだろうか。それとも彼女らが離れるべきなのか?

追記

トラックバックブコメ含め、コメント感謝します。

セックスについては少し言葉足らずだったので補足します。

生々しい行為内容ではなく、「彼のが痛いがどうしたらいい」「こういう症状があって病気かもしれない」「求める回数が増えた/減った。なぜだろう」など、自慢やひけらかしより肉体的精神的悩み相談が主です(聞こえた限りでは。ただ笑い声が聞こえたり盛り上がったりしていることもあり、行為内容にも言及しているかもしれない)。生理では「あれのせいで気分最悪」「市販のこういった薬剤、製品おすすめ」「あれがもう1週間来てない」など。

私と女性社員たちとは業務上の会話が大半で、私生活などの話はほとんどせず、仲が良いとはいえません。

そして私は平社員彼女らに命令指導する権限はありません。

前述のように、私は不快感はありませんが、その会話に加わっていない他の女性社員は気分が悪いかもしれないので会社相談窓口に言った方がいいんだろうとは思いますが、彼女らに指導が入った場合通報したのはいつも立ち去る私だと真っ先に彼女から疑われるのでそれは多少危惧しています職場管理者ならまだしも平社員の私が、関係悪化させるリスクを負ってまでやることだろうか、とも思う。しかしいずれ研修を終えた新しい人も入ってくるだろうしなんとかしなければならないとも思う。

現状維持、様子見といえば聞こえはいいですが、保身に徹しているというのが今の私の状態です。

追記2】

私は確かに不快感はありませんが、その場に居合わせる他の方々は感じる恐れが十分あるため、セクハラとしての議論も成り立つと思います

追記3】

たくさんの意見感謝します。

結論として、新人の方達が来るまでは現状維持、そして新人がいる前でもするようなら彼女らに直接指摘、要請(周りに人がいないところで話すように など)し、変わらないようであれば相談窓口に伝える、という手順を取ることにした。

かに彼女らの性的な話は相談が主であるため、全く無益とは言えないうえに悩みを身近な人に相談できる場は有用ではあると思うが、人に聞かれないところですることが周囲の幸福度もっとも損わないこと、また行為中の卑猥な話に脱線することが少なからずあったことなどを考慮し、そのようにすることにした。ただ、生理の話はオープンであってほしいという考えもあり、理解はできるし、聞く側の意識変革が求められているのかもしれないとも思うので、上記の「離れて話せ」という要請は、その考えの真逆に進むものであり、封殺してしまものであるかもしれないという懸念もある。

それでも新人のために嫌われる覚悟はできているので、条件を満たし次第、指摘要請はしてみるつもりだ。

  • 別に立ち去らなくていいと思う。多分増田のことは気にしてない。

    • 悲しい事実

    • 歩く吊り橋効果が現れて恐怖から生殖本能が表に出てきてるんじゃね 人間とは見てないので人として気にしてないのはそうだと思う

  • 職場で射精の話をしたら女性社員が部屋から出て行きました

  • 「またあいついるじゃん」「大丈夫、生理の話とかすると逃げるから」

  • sexの話題がどれぐらいの生々しさなのかは気になる。

  • こんな感じの内容? https://comingout.tokyo/187014

  • 参加しろ

  • コンプラ部門に通報してセクハラを主張しろ。不快な性的な話題は積極的に避ける自由がある。

  • 男女関係なく、飲食店で生理が重い話を延々と続けるおばさんがいるが 同性でも不快極まりないよ。

  • セクハラですよ。性に関する話題をいやだな、と感じたらそれはセクハラ。

  • 生理の話題は体調不良についての説明程度ならスルーで良い より具体的な話、例えば血がどうのとグロい話だったら、話す方が非常識 うんこの話を人前でするのが憚られるように セッ...

    • 下半身に関する話題はだめだよなあ。社会で許されるのはせいぜい腰から上の話題だけだ。

  • 俺は生理やセックスの話に参加するし、もしろ俺の方から生理やセックスの話題振るよ

  • その場で「セクハラだ」と注意するべきだと思う。 世の中には「女から男へのセクハラは存在しない」と本気で思っているバカが思った以上に多いから。

  • そういう時はイヤフォンか耳栓を付けるんだよ。 人間がどういう会話を始めるかなんて、自分達じゃ決定する事は出来ない。 上手くやっていこうな。

  • 嫌がらせの可能性があるような

  • 男女逆版は許されないだろうってブコメあるけど、まあ許されないことになってきたけど、こういうことやる男のいる中高や職場っていくらでもあるよね

  • 生理とセックスはまるで話が違うんだけど うんこや痔と同列

  • 生理やセックスの話し始めたら今度見せてよって言ってみて オープンなら見せてくれるはずだ

  • 机ドンして、メンスハラスメントすなっ...って言ってやれ

  • 私も女だけど職場でそんな話をされるの嫌だよ…。セクハラ以外の何物でもない。上司とかに相談できないのかなあ?

  • ご褒美じゃん

  • 他の女性社員とかいってごまかさずに、自分が不快に感じていることを自覚してもいいとおもうが、

  • 万が一ハラスメントに当たるかもしれないけれど これまでの権力勾配を考慮すれば女性が自由に話せる機会を優遇してあげてもいいと思う

  • いやこれはスルーか騒ぎの前にソッと退室か、 Σ(゚Д゚;)ハッ!! もしかして、 『ワタシら話すのにアンタ邪魔ぁ~~!!』 ってされてる??!! ・・・彼女らよりも会社にとって貢...

  • 「どうすれば波風立たず嫌われずに済むか」という質問に「セクハラです(キリッ)」で終りの※ばかりスターが付いてるのがいかにもはてなだなあ。 レッテル張ることまでで思考が終...

  • 性の話を恥ずかしいもの、隠すべきものと扱うのは平成までで終わりにしたい。 正しい性知識を身につけた者同士であれば、遠慮せず会話に加わって構わない。

  • オープンにすべき派は自分のセックス話を職場で堂々と話してほしいわ あるいは上司と腹割って自身のセックス話をぜひやっていただきたい

  • 性の話はオープンに!とか正気か!?って思うわよ。 >性教育をちゃんとやれとか言いながら、セックスの話はセクハラってのは矛盾 って何も矛盾しないわよ。性教育は「一般的な話」...

    • おちんちんびろーん

    • おっさんが職場でセックスの話してたらどう考えてもアウトだもんな。 おや、おっさんはいやらしい、他人に不快な思いをさせてるつもりでやってるからアウトなんだ!っていう人がい...

      • あたりまえやろが! おっさんの下の話なぞ聞きたくもないわ! あ、女性の方はどうぞご自由に! は?ババアはダメに決まってんだろ!

      • 職場といってもおっそんが産婦人科医で職場が産婦人科クリニックや受精卵の研究所なら別におかしくはないよな

  • ちょっと、セクハラですか? そういう話は、外でやっていただけませんか。 って言ってみればいいんでね。

  • でもキモくて金のないおっさんが職場でセックスの話してても立ち去ってくれないんですよねわかります

  • 生理の話とセックスの話をいっしょくたにしているのは違うと思うが、セックスの話が気になるなら目線なり咳払いなりから始めてみたらどうかな

  • ブコメ連中がセクハラセクハラ言ってるけど、まず女性から男性へのセクハラとやらが罰せられるユートピアな日本がいったいどこにあるんですかね 増田が勇気出して「それセクハラで...

    • 逆レイプもの好きな俺からしたら、お前の言葉は絶対に許せない!

    • 女増田が後輩からかってセクハラ言われて憤ってた記事あった 若いのは男女平等に適応してる

    • いい年こいて「は?キモ」なんて言う女が増田の脳内にしかいないんじゃないかと… なんかこういう人って、男子校から工学部とか行ってて 小中学生くらいで女性観が止まってんのか...

    • 今まで価値観のアップデートだと思ってたのは、実はただのおっさん差別でしかなかった、ってことだね

  • しゃぶらせろって合図だよ

  • 話の流れを読まずにコメントするなら、「へー、(女性の側からすると)ソウイウモノなんですねー」と聞き役に徹する、とか? 正直言って「異性たる男性側」からすると、具体的にコ...

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん