2015-03-05

ダンボール製ベッドを自治体に売り込んだ記事とそのブコメを読んで気になったコト

はてなブックマーク - 思いつきで作った段ボール製ベッドを自治体に売り込んだ|たちこぎライダーnote

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/note.mu/tegami/n/na21f05557f97



・ある人が災害用に新しい組み立て方をするダンボール製簡易ベッドを思いつき、その製品発注し、自治体契約するまでの話をネットに書いた。

プロジェクト成功するまでの話が淡々と書かれていて非常に面白い読み物になっていた。

ブコメでも、「すごい」「ほしい」「いいアイデア」「特許を」などなど発想と行動力を称える賞賛コメントが多々あった。

しかテレビで以前に災害現場でのダンボールベッドを見たことがあった自分は、疑問をもった。

災害用のダンボールベッドは1万以上するのか?

・それは単に災害関係ないダンボール製ベッドの値段の話ではないのか?

・「ダンボール ベッド」で検索するとすぐに出てくる「暖段はこベッド」というものがある。組み立て方は違うが、避難所での活用を見据えてダンボール製造会社が開発した製品だ。

暖段はこベッド | Jパックス株式会社

http://jpacks.co.jp/archives/category/bed

災害用で一般には市販されていないようだが、検索結果から過去ネット販売された痕跡がある。その時の値段は確かに1万円以上していた。

楽天市場ロゴスコーポレーション ロゴスコーポレーション LLL 暖段はこベッド 82100467 | 価格比較 - 商品価格ナビ

http://product.rakuten.co.jp/product/%E3%83%AD%E3%82%B4%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%9D%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3+LLL+%E6%9A%96%E6%AE%B5%E3%81%AF%E3%81%93%E3%83%99%E3%83%83%E3%83%89+82100467/155397db0179003e33c8726150406ec0/

しか被災したとき自治体との契約では原価に近い、1つ2900円で届けることにしているそうだ。

第21回 初の防災協定段ボールベッドが命を守る

http://ameblo.jp/mizutanijpacks/entry-11245294201.html

・例の記事では、「自治体に営業をかけたが断られた」「他にも営業をかけている業者がいる」とも書かれていたというのは、暖段はこベッドが既に130以上の自治体契約しているのでそのせいもあったのでは。

http://jpacks.co.jp/agreements

・Jパックスの暖段はこベッドは、業界団体設計図無償公表して、普及を促している。

http://jpacks.co.jp/archives/471

・暖段はこベッドと、例の記事ダンボールベッドとの価格差はない。暖段はこベッドはオープンソースでどのダンボール業者でも製造できる。

・暖段はこベッドは部品点数も多く、組み立てにも確かに時間かかりそう。しか部品1点1点が小さい、普通の箱と変わらないので持ち運びや製造は楽そう。強度もありそう。指摘されていたガムテープ必要というデメリットは既に克服されている。

関西大学にて暖段箱ベッド訓練2 - YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=P4ZEPEOBD2o


追記:

元の記事を読んで、既存製品が1万円だったのを3千円にした、という点が新規製品の最大のアピールポイントだと考えていた自分は、実際は同等の価格既存製品が普及していると知り、新規製品の何が優れた点であるか分からなくなったということです。そして分からない点が置かれたままブコメが伸び続けていた点が気になったというだけです。まあ、最後に付け足したように、よく検討してみれば新規製品は、部品が少ない・材料費も少なくなって既存製品価格は円安インフレ前なので現在では価格差あるかも、組み立てが早いらしい、ガムテープがいらない、ベッドと地面に広い空間ができるので湿気でダンボールが傷まなそう、見た目がいい(避難生活では重要)、などいろいろな長所が思い浮かびます既存製品長所を考えると、強度がある(11人乗っても大丈夫)、箱を重ねているだけなので部品の種類が少ない、その分輸送や製造が楽そう、かつてガムテープを使っていた短所は今では克服、箱なのでベッドの下に避難者が物をしまえそう、ベッドが余ったら支援物資仕分けなどに活用できそう、など思い浮かびます自分被災者、職員だったらどっちがいいのか。新規品は土台のバッテンの空間部分の強度が気になるあの部分に何度も腰掛けたらすぐに壊れてしまうんじゃ。避難所の子供がベッドの上で複数遊ほうとしたら潰れるんじゃないか。既存製品はその点頑丈そうだ。いや、湿気がたまらない分清潔で避難所での要介護者には適しているかも。既存製品ダンボール箱感よりは、よりベッドらしい見た目の新規製品の方が避難所を明るくさせる。だが新規製品はバラしたら使い道はない。既存製品は箱としていろいろ利用できる。いや、それでも新規製品のほうが……。などと検討する意見ブコメで見たかったという話です。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん