「豊見城市」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 豊見城市とは

2019-04-08

anond:20190407183358

和光市は「改元初日婚姻届臨時受付窓口開設」するらしい。

沖縄豊見城市

祝日など市役所が閉庁している日は通常、警備員婚姻届受理するが、

市は「警備員だけでは対応できない数の届け出があるだろう」と予想。市民戸籍班の職員3人が出勤して対応することを、3月下旬に決めた。

だってよ。

さいたま市10連休休むんだってな。あんだけ大きい市なのに何も考えてないんだな。

2019-04-02

外車専門のレンタカー業者エクセルレンタカー」(豊見城市)は名前の中に「令」か「和」がある借り主の料金を割り引く。

通常料金より、1文字で25%、2文字で50%、3文字で75%安くなる。

若者に人気のミニクーパーや、高級車のアルファロメオフェラーリなど全車種が対象となる。

担当者は「改元のあった年の特別な思い出にしてほしい」と期待した。

2019-01-18

不審者情報について(豊見城市字真玉橋)

https://www.gaccom.jp/safety/detail-313368

■本年1月13日(日)午後4時ころ、豊見城市字真玉橋在の公園で遊んでいた女子児童が、男性に「パンツの色は何色」等と声をかけられる事案が発生しました。

不審者

 年齢20〜30代くらいの男性身長約170センチ、やせ型、黒髪

 白の綿ぱんつ以外のパンツをはく女子小学生がいるのだろうか………

2018-04-12

日本地名七選

珍小島

珍小島ちんこじま)とは、北海道虻田郡洞爺湖町にある陸繋島洞爺湖に浮かび、湖畔とは砂州でつながっている。

乳頭

乳頭温泉郷は、秋田県仙北市十和田八幡平国立公園内乳頭山山麓に点在する温泉総称温泉である

生出し

この生出しの読みは「なまだし」では無く「はえだし」である

漫湖まんこ

漫湖まんこ)は、沖縄県那覇市豊見城市にまたがる干潟

女体入口

大型道路から「女体」という集落に入る道の近くにあるバス停のため「女体入口」となっているだけで、「女体入口」という地名存在しない。

快楽

佐賀県東部神埼市にあります

車ですと、東脊振ICから385号で南下するのが早いです。

女の都

女の都(めのと)は長崎県長崎市地名

2018-01-06

anond:20180106191754

漫湖まんこ)は、沖縄県那覇市豊見城市にまたがる干潟である。近くには漫湖公園等がある。

那覇空港から那覇市街地まで行って、車で10分。

から飛行機乗れば、成人の日には間に合うぞ。

2010-05-27

普天間問題は「隠れた100万都市」の実力を持つ那覇都市圏の「都市問題」

沖縄」という島に対して「リゾートアイランド、のんびりした田舎の島」

という意識でこの問題を見ると見誤る。

那覇市人口は30万人台、と教科書に書いてあるから

「小さな県庁所在都市」と思ったら大間違いなのである。

昭和の大合併」に巻き込まれなかった沖縄各市は、

自治体のサイズが極めて小さく、那覇都市圏は行政上の那覇市境を

大幅に超えてスプロールしている。

NHK沖縄放送局がかつて隣の豊見城市にあったことからわかるように、

実質的には「豊見城区」「那覇区」なのであり、沖縄大都市圏なのである。

先日相模原市政令指定都市になった。

何故か沖縄の各自治体市町村合併に否定的であるが、「その気になれば」、

他の政令市より小さい面積で、100万人都市政令指定都市に移行することが可能なのが

那覇都市圏の「本当の実力」である。

http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Keyaki/7891/preftale/w.html

イメージ的には、那覇人口30万人位の中都市の感じがします。

>しかし那覇市というのは行政面積のきわめて狭い都市で、郊外エリアは周辺市町村

>(糸満市宜野湾市浦添市沖縄市うるま市豊見城市)に及んでいます。

>その実質的都市規模は100万都市に匹敵します。

>(うるま市以西の那覇都市圏で106万人、474平方キロ。因みに仙台市で101万人、784平方キロ

>つまり沖縄は「海洋」のイメージが先行していますが、実態は「都市国家」なのです。

>その「都市」の真ん中に基地があるためにさまざまな問題が生じるわけです。 

沖縄問題を語るとき、この那覇市の規模を考慮する必要があるでしょう。

>因みに、なぜこのように那覇市が「実態都市圏」と「行政上の都市」の人口に開きがあるのか、といいますと、

戦後自治省が推し進めた「市町村合併」の嵐に巻き込まれなかった(アメリカ占領下だった)為です。

那覇市場末県庁所在都市、と誤解している本土の人間は、

基地問題も「田舎わがまま」としか考えない。

その誤解を解くためには、まず「沖縄は過密都市なんです」というアピールの目的で、

政令指定都市へ移行するのが先決ではないか?

2009-08-05

暴論:図書館司書資格は必要か?

司書の方には大変申し訳ないが、図書館に「司書」というのは

果たして必要なんだろうか?

石原都知事が「司書っていらないんじゃない?」と物議を醸したらしいが。

現在、都内の図書館では「セルフ貸出システム」の整備が進んでいる。

セルフ貸出が普及すれば、貸出事務の部分は「自動化」されることになる。

返却はブックポストでOK。

そうすると後の主要業務は「延滞管理」と

「この本どこにありますかねえ」という迷子へのサービス

延滞管理は勿論のこと、迷子へのサービスも、司書資格が必要とは思えない。

あと考えられるのが、「蔵書管理」、つまり、限られた予算の中で、

どの本を購入して、どの本を閉架にして、どの本を廃棄するか、という点。

たしかにこの点は、「司書」の腕の見せ所のような気がするが、

「この1年間でどのような本が図書市場に出回った」という情報を有しているのは、

実は国立国会図書館じゃないのか?

であれば、国立国会図書館司書が、

人口100万人の都市であれば、この1万種類の本を選べばいい」

人口1万人程度の小都市図書館であれば、この1,000種類の本を選べばいい」と

アドバイスすればどうか?

人口5万人の稚内市図書館司書と、同じく人口5万人の豊見城市図書館司書が、

同じようなことに頭を悩ませる必要はない。

同程度の規模の図書館の蔵書レパートリー製作は、1名でいい。

というか、国会図書館が蔵書レパートリーを一元管理することによって、

「この本は尼崎図書館にはないが、西宮図書館にはあるから、実質的には不自由しない」

というような「全国的蔵書管理」が可能になる。

むしろ全国レベルアーカイブネットワーク、という観点から考えれば、蔵書政策は

国会図書館が一元管理した方が、蔵書の重複(予算無駄)、蔵書の漏れ(こっちの方が怖い)を

防止できる。

となると、司書の役割といえば、「起業指南」「ビジネス相談」とかになるが、

こういうことを図書館が行うこと自体、おかしな話じゃないか?

仮に公的セクターが行うとしても、市の商工会議所とか商工課が行うべき話だろう。

強いて地方図書館の役割を考えれば、

新聞折込チラシやミニコミ誌等、国会図書館じゃ収集しきれないアーカイブ収集の現場

としての役割は、ありうる。

しかし私見だが、この役割は、地方自治体公文書アーカイブ保管管理作業と

一緒に行った方が効率的になるんじゃないか?

そもそも、一般の利用者で、「司書資格を持った人が居てもらった方がいい」と

感じている人は、どれだけいるのか?

90%以上の利用者が図書館を「無料貸本屋」程度に考えている現状では、

司書はいてもいなくてもいい」のではないか?

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん