2019-05-11

author-date方式引用しづらい文献

文系学問における注と参考文献の話、補遺」(anond:20190511125053)への反応見ていて、ブコメだけじゃなくtwitterでも「author-date方式でいいじゃん」という声がたくさんあり、やっぱり伝わりにくいものなんだなぁと思いました。

author-date方式、私もそれで論文いたことあります。とても便利なやり方です。引用するのが学術論文書籍だけなら。

ところで、次のような文献はどうやってauthor-date方式引用すべきでしょうか(手持ちの英語文献から引っ張ってきた例です)。

RGASPI, f.89, op.8, d.1016, l.1.

最初アルファベット文字公文書館の略号、それに続いているのは公文書館に所蔵されている史料(つまり公文書)の整理番号です。

もういっこ例を挙げておくと、日本公的デジタルアーカイブであるアジア歴史資料センターが推奨している史料引用方式はこのようなものです。

JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.B02030938800(第58画像から)、共産党宣伝関係雑件/対日宣伝関係 第三巻(A.3.4)(外務省外交史料館

https://www.jacar.archives.go.jp/aj/www/doc/before_browse.html

公文書館って、こういう史料がたくさんあるわけですよ。これをどうやってauthor-date引用しろと。

また、無記名の新聞記事を大量に引用するような場合、どうすればいいでしょうか。たとえば、1919年における『ホゲホゲタイムズ』の紙面からホゲホゲ国のナショナリズムを読み解く、みたいな研究普通にあるわけですが、いちいち引用文献リスト

『ホゲホゲタイムズ』は、新年を祝う記事において、「あけおめことよろ!」(Anonymous 1919a)と書いた。翌日の記事では、「謹賀新年!」(Anonymous 1919b)と述べた。……26日の記事では、「昨年は世話になったな!」(Anonymous 1919z)と主張した。さて、27日の記事では……あっ、もうアルファベットがない!

引用文献一覧

Anonymous. 1919a. “Column.” Hogehoge Times, 1st January, p.1.

Anonymous. 1919b. “Column.” Hogehoge Times, 2nd January, p.1.

Anonymous. 1919z. “Column.” Hogehoge Times, 26th January, p.1.

って書くんですか? めんどくさくねえ? それだったら普通に

『ホゲホゲタイムズ』は、新年を祝う記事において、「あけおめことよろ!」(注1)と書いた。翌日の記事では、「謹賀新年!」(注2)と述べた。……26日の記事では、「昨年は世話になったな!」(注3)と主張した。さて、27日の記事では「今年もよろしく!」(注4)と宣言されているが、これはどういう意味だろうか。

注1 “Column,” Hogehoge Times, 1st January 1919, p.1.

注2 “Column,” Hogehoge Times, 2nd January 1919, p.1.

注26 “Column,” Hogehoge Times, 26th January 1919, p.1.

注27 “Column,” Hogehoge Times, 27th January 1919, p.1.

って書いた方がよっぽどスッキリしませんかね。

もちろん、工夫すれば上で挙げたような文献もauthor-date方式引用できます。できるんですが、簡便で伝統的な書き方があるのにわざわざ不向きなauthor-date方式を使わなきゃいけない理由がわからない

なのでまあ、何が言いたいかというと、

……という感じですかね。author-date方式は便利だから先行研究の整理とかするときには愛用してるけど上で挙げたようなやつまでauthor-dateで書けとか言われたら「ああん?」ってなります

追記

author-date方式って大嫌い。(シェイクスピア2019)とか(アリストテレス2018)みたいな意味不明の注ができるし、ページ数が書いてなかったりするし、あと私は年号がない文献も使うから

さえぼー先生からこういうブコメいただけてもうなんか満足です。書いてよかった。あ、『シェイクスピア劇を楽しんだ女性たち』むっちゃ面白かったです。

で、私はauthor-date方式はどちらかといえば好きなんですが、さえぼー先生が「大嫌い」とおっしゃるのもわかります

きじゃないなら単に使わなければいいのに何で「大嫌い」って思うかといえば、頓珍漢な推測だったら申し訳ないんですけど、「author-dateを使うべきだ! author-dateじゃないとおかしい!」って押し付けてくる他分野の人がウザいというのが理由として大きいと思うんですよね。

私もとある機会に全部author-dateで書け、注で出典表示するのはいっさい認められん、と言われて、ふざけんなこんなのどうやってauthor-date引用するんだよと食って掛かったことがあります。もうほんとね、他分野の人がどんな資料引用してるのかについて想像力を持ってほしいですわ。

というか人文系の人が理系社会科学系の人がauthor-date方式使ってるのに文句を言っている場面はまず見ないのに対して、人文系引用方式文句をつける理系社会科学系の人をそれなりに見かけるのはいったい何なの? って思います(あ、でも、『史学雑誌』の書評でauthor-date文句つけられてるのは見たことあるかも)。このへんの憤懣があるんですよね。

全部url管理して欲しい

日本語読めないマンすごい……

記事への反応 -
  • 文系の学問における注と参考文献の話、補遺

    「文系の学問において資料の実在を証明するものとは何か」(anond:20190510230425)についたブコメに応答&補足説明します。 参考文献と注は違うよ! Wikipediaですら参考文献を求められる...

    • 文系の学問において資料の実在を証明するものとは何か

      久々にビッグな研究不正のニュースktkr! ということでキリスト教思想史研究やってた人が研究不正で懲戒解雇された件について、報告書に目を通した上でちょっと書きます。 今回調査...

      • anond:20190510230425

        学術論文の話じゃないけど最近でも「昔の論文や資料集で確認されていたが所在が分からなくなっていた歴史資料や美術品が発見された」なんてのがよくニュースになるよね

      • 東北大総長の方がずっとヤバイ件

        anond:20190510230425 ただしヤバ過ぎてアンタッチャブルになってるんだよなあ https://www.amazon.co.jp/%E6%9D%B1%E5%8C%97%E5%A4%A7%E7%B7%8F%E9%95%B7%E3%81%8A%E3%82%84%E3%82%81%E3%81%8F%E3%81%A0%E3%81%95%E3%81%84%E2%80%95%E7%A0%...

        • anond:20190511160316

          いや普通にみんな知ってるけど 東北大元総長の論文3本を撤回 写真を不適切に使い回し https://www.asahi.com/articles/ASM3T6GJJM3TULBJ016.html

          • anond:20190511160536

            なんの処分もされてないぞ http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/2019/04/22/antena-460/

      • anond:20190510230425

        この話というか主張を匿名でおこなっているというのがどこか冗談ぽいというかなんというかw

      • 原典を確認しない医師たち

        文系の問題とは限らないんだよね~ ちょっと前に話題になった産婦人科の捏造グラフの件、産婦人科学会長クラスですら原典なしで適当なデータを公開し、しかもそれを政策根拠にして...

    • anond:20190511125053

      質問でーす(当該分野に詳しくないだけかも知れませんが:手斧) 1.「注」、「参考文献」に該当する学術英語はそれぞれなにか。参考文献はreferenceやref.1とおもうが注はnoteでよいか...

      • たいへん興味深いご質問ありがとうございます(半笑い)

        トラバでもらった質問(anond:20190511155122)にお返事。 1.「注」、「参考文献」に該当する学術英語はそれぞれなにか。参考文献はreferenceやref.1とおもうが注はnoteでよいか。 「参考文...

        • anond:20190511163418

          南蛮由来のデフォルトスタンダードを重んじれば著作権法を全く知らなくても論文がかける蛮習が文系ジャンルにさえあるんですね。 それくらいなら著作権法の引用の要件として論文の...

          • anond:20190511174510

            デフォルトスタンダード? デファクトスタンダードのことか?

          • anond:20190511174510

            横だけど、 AらはBという物質がCという性質を持つと報告している[1] [1]A et.al., hogehoge.rev., Vol.12 (2019), p456 みたいな文章もダメだってこと? 引用の要件を満たしてないし、元の文章を改...

            • anond:20190511210945

              著作権32は「引用は無罪」っていってるだけで、さっき書いたような「出典かけ」とかの要件はなんとこれもインフォーマルにも「判例法」によって定められている業界慣行のような...

              • anond:20190512011441

                結局のところ、 AらはBという物質がCという性質を持つと報告している[1] [1]A et.al., hogehoge.rev., Vol.12 (2019), p456 という文章は著作権法で判断した際に、 1.黒。違法 2.黒よりのグレー。違...

                • anond:20190513174336

                  おおもとの増田です。 著作権法にこだわるニキは、そもそも「引用」の2つの意味を取り違えているように思うのですよね。 法的な「引用」 「参考文献」についてはreference(参考文献...

              • anond:20190514224815

                コメントありがとうございます。 自分も変な勘違いしてるんじゃないかなぁと思いながら横からツッコミしてました。 例に出したような文章がほんとに著作権法その他に違反するなら、...

      • anond:20190511163418

        anond:20190511155122 とは別人だけど、ここの「インフォーマル」って何でもぶち込めるnoteを、形式として定まってない、形式ばらない、砕けたとかいう意味で言っているんじゃないの? その...

        • anond:20190512005931

          (略)ここの「インフォーマル」って何でもぶち込めるnoteを、形式として定まってない、形式ばらない、砕けたとかいう意味で言っているんじゃないの? その形式の特徴を言ってい...

    • anond:20190511125053

      注の付け方でずっと疑問なのがほかの言語だとBerlinとかBeijingとかあるのに なぜ日本語文献のみ はてな太郎『増田の研究』Hatelabo、2019年、東京 ではなく はてな太郎『増田の研究』Hat...

      • anond:20190511171301

        日本語なら日本で出たものだと分かるからじゃね

      • anond:20190511171301

        これは単純に、日本の出版社が東京に集中しているからだと思います。 最も良いやり方は、英語なら(Oxford: Oxford University Press, 2004)のように「出版地:出版社、出版年」を書くやり方で、...

        • anond:20190511172647

          元増田です ありがとうございました 大学入って最初に注の付け方を習いましたので、この習慣が気になっていました

    • anond:20190511125053

      ありむーのおしっこコレクション分厚過ぎw

    • anond:20190511125053

      https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=Wikipedia:信頼できる情報源&oldid=42902310#.E6.83.85.E5.A0.B1.E6.BA.90  一般に、ウィキペディアの記事は一次資料に基づくべきではなく、むしろ一次資料となる...

    • anond:20190511125053

      注や参考文献でページが増えるのがやなら、せめてウェブに載せて欲しいよねー。Internet Archiveにも登録してさ。出版社さまお願い。 これが本当の「詳しくはウェブで!」

  • anond:20190511230117

    註は二通りあり、研究文献は著者ー刊行年方式によって本文中に〔〕内に示されている。それに対して、典拠や引用元となる一次史料を示す註は文末に置かれているが、説明的な註はほ...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん