「清春」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 清春とは

2020-02-10

さっき隣人に聞かれた歌

黒夢清春みたいな歌い方で)

んんぅーー んニコニコじまがッッツ! ありまーして!

んーっゆうっかいな仲間がッツツ! いるーんです!

あぅ(裏声)! じゃじゃ丸! ピッコロ

んぽーろりぃ〜〜〜〜〜!!!

んッドキドーーーッキッ、にこにっこ! ぷぅん!!!!!




世代がバレるわ。

2019-07-04

anond:20190701200632

真っ先に思い出したのはEver17田中優清春香菜たなかゆうびせいはるかなだった

2015-07-08

http://anond.hatelabo.jp/20150708023646

おぅ、おめぇ、あれだろ、ネットしか粋がれねーヤツだろ?かかってこいよ!by清春

2010-01-19

大槻ケンヂ清春の哀しい思い出

大槻ケンヂの名を聞くと、必ず思い出す話がある。

SADS清春黒夢を名乗り、まだばりばりのビジュアル系デビューもしていないころの話だ。音楽雑誌リレー企画で、対談相手を指名する機会を得た清春は、かつてから大ファンだったという大槻ケンヂを指名する。当時のアーティストとしての格は大槻の方がはるかに上。デビュー前の黒夢とは雲泥の差があった。大槻には、得体の知れないインディーズバンドからの指名を断る自由があっただろう。それでもなお快く指名に応じた理由を、大槻は対談記事冒頭で述べている。

その理由はざっくりまとめると、「アルバムタイトルを聞いて、こんな類い希なるギャグセンスを持っている人に会いたくなった」だったと思う。

それは黒夢インディーズリリースした「中絶」「生きていた中絶児」「亡骸を…」3部作のことなのだが、この大槻の発言の後、つまり挨拶直後の冒頭から清春言葉が重くなり、テンションが目に見えてダダ下がりしていくのである。

そう、清春はこれらのタイトルを至極大真面目につけていたのだ。当時の清春は「歌詞は全て体験談」と常日頃から言っており、3部作タイトルも別れた恋人に「あなたには本当なら×歳になる子供がいたはず」と報告されたことに端を発すると公言していた。そんな若さも手伝って耽美まっただ中であった清春にとって、尊敬する大槻からギャグ扱いされたショックは察するに余りある。記事からにじみ出る清春の狼狽ぶりに、私たち読者は「天然の人って怖いなあ」という恐怖にうち震えたものだ。

それ以来、大槻ケンヂを見かけるたびに、問答無用清春とのこの哀しい思い出を蘇えらせてしまう。おそらく私の脳内で、最もどうでもいい記憶のうちのひとつなのだろうと思うが、ここまで覚えているということはきっと一生忘れないだろう。清春ごめん。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん