2018-12-07

追記有】イマジナリーフレンドと生きている

イマジナリーフレンドと呼ぶと格好付けになる。実際はただの架空の友人。

私は幼少期から親の都合で関東転々としていて、同じ家に5年以上住んでいたことが1度しかない。最長で8年。

そんなわけだから新天地友達を作っても、どうせ長続きしないだろうと諦めて越すと同時に縁を切ってしまう。虚しい。

携帯を手に入れてからは人と繋がることが容易くなり、1年に1度でさえも会う事は無いけれど連絡は時折とる、そんな知り合いも増えてきた。

それでも虚しいし、寂しい。

小中高と同じ出身人達を見ると胸が苦しい、幼馴染という概念が羨ましくて仕方ない。

同級生達が卒業式後の打ち上げの話をしているのを見て喉を掻き毟りたくなった。

片鱗は以前からあったけど、はっきりと自覚して架空の友人を作り上げたのは高校転入時だ。東京から他県の田舎寄りの高校に転校した。

前の土地ではどんな風に友達と過ごしてた、とかオーソドックス転校生への質問だったと思う。

私はAという友達とどこそこでよく買い物をした、映画を見た、食事をした、そう答えた。

今にして思えば見栄なんだけど、架空の友人を作る人なんて大概虚栄心じゃないか

Aは最も長く過ごした土地で出来た仲の良い同性の友人で、私の一番の理解者でもある。8年ほど前に生まれ存在だが、設定からいえば16年ほどの付き合いだ。

人生の半分以上を共にした人間。もはや家族に近い感情を抱いている。

彼女に救われている一方で、彼女に囚われているとも自覚している。

彼女存在することで救われているから、彼女存在しないことを突き付けられる度に、絶望しそうになる。

私はツイッターアカウントをいくつか持っていて、その中には俗に言うリア垢が存在する。

私だけではなく、Aのアカウントもある。

実在性を上げる為だ。

誰のためでもなく私の私による私のための生産性のない行為

私が新作の映画を見ればAは「私も気になってたんだよね」と呟いてくれる。

私が誰かと食事をすればAは「どこのお店?今度連れてってよ」とリプをくれる。

そんなかんじだ。

別にAが私と会話をする為のアカウントではなく、Aはこの本を好むだろうと感じた本を読んで感想を呟いたり、彼女ならこんな曲を好むだろうと他人伝いで見つけた知らないバンド新譜を買って写真をあげたりする。

直近だと、出演作もろくに知らない俳優写真イベントに飛び入りで参加などした。Aが好みそうな顔をしていたから。

時折よく会話をしている鍵垢は誰?と聞かれる。他人の会話覗いていることよく口に出来るな、と思いつつも自分でも同じことをしているのでなんとも言えない。(みんな見てるよね?)

過去に住んでいた土地親友、と答えている。

彼女は私の中で生きていて、嘘はついていない。

彼女は私なくして存在する事はできないし、私も彼女なくして生きる事はできない。

大学も出て社会人になっていい歳してなにをしているんだろう、とも思う。

今日も私はイマジナリーフレンドと生きている。

追記

私と彼女生活「日常」の一コマで、平生の延長線上にあるものだ。だからトラバブクマコメで、漫画映画といった「非日常」的要素を挙げられて驚いている。

自分にとっては大したことない行為(勿論私の中で占める割合は大きい行為)でも、他人にとってはフィクションに該当するんだな。当たり前のことなのにアハ体験価値観アップデートが行われた。

このエントリ?を書くためにアカウントを取得したので、返信の仕方がわからない。追記方法も間違っている気がする。

からも反応が無いまま消えるのだろうとわかりつつも、彼女を私の中で生かし続ける後ろめたさからこのエントリを書いた。

でもありがたいことに(?)少し反応をいただけて、その瞬間だけでも擬似的に彼女他人の中で存在することができたから、嬉しい。

ブクマコメに「自分死ぬと同時に彼女死ぬんだし」という言葉があった。

私が死ぬ彼女死ぬという言葉ガツンと後頭部をバットで殴られたような感覚。そうか、私が死ぬとAも死ぬんだ

本人にそんな意図ないのはわかってるんだけど、なんとなく長生きしようかなと思えた、ありがとう。これが言いたかっただけ。

それだけの追記です。

  • anond:20181207183456

    うんち

  • anond:20181207183456

    器用やねえ

  • anond:20181207183456

    すっごい旧い漫画だけど、大島弓子の「F(フロイト)式蘭丸」ってのがそんな感じ。

  • anond:20181207183456

    プロの文章やん

    • anond:20181207184322

      プロじゃないの? 【夜の告知】ミタ初の書き下ろし長編「イマジナリ・フレンド」がハヤカワ文庫JAさまより、本日より発売となりました!お仕事帰りにもぜひ。よろしくお願いします...

  • anond:20181207183456

    私も現実が辛くて、マルチェロマストロヤンニとかアランドロンが父だったらと思って生きてた。 みんなが家族自慢をするとき、立派な父像を作って盛りまくってた。

  • anond:20181207183456

    自分は、人に見せるためではなく純粋に自分が脳内で会話するためのイマジナリーフレンドが居る これだと実在を装わせる必要ないから楽 前のイマジナリーフレンドはちょっと偉そうな...

  • anond:20181207183456

    私も似たような事をしている。 とは言っても別人ではなく、もう一人の自分……という言い方はあながち間違いではないけど、性格に言えば色んな性格の自分がいる。 仮想友人ならぬ仮...

  • anond:20181207183456

    人工精霊とかタルパって呼び方もあるよ

  • anond:20181207183456

    オカ板に専用スレがむかしあった。今は知らない。

  • anond:20181207183456

    面白いね。 イマジナリーフレンド(英: Imaginary friend)とは、「空想の友人」のことであり、心理学、精神医学における現象名の1つである。イマジナリーコンパニオンと呼ばれることや...

  • anond:20181207183456

    小説でも書いたら?

  • anond:20181207183456

    小説でも書いたら?

  • anond:20181207183456

    実はAが本体ってオチ

  • anond:20181207183456

    読んでて心地いいね。好きな文章。

  • anond:20181207183456

    親愛なるキティーへ アンネより

  • anond:20181207183456

    "1年に1度でさえも会う事は無いけれど連絡は時折とる、そんな知り合いも増えてきた。" 20年以上同じ土地に住んでるのにそんな奴居ないんだが、自虐風自慢かよ

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん