2019-01-16

anond:20190116213713

橋の下で寝ないで済むようシェルターを整備する

そもそもホームレスになる前に家を失わないで済むよう支援する

煽りでなく良くしようという気持ちがあるならば「生活困窮者自立支援制度」を広める

はい論破

離職中で、住まいがない、又は住まいを失うおそれがある。

 離職後2年以内で65歳未満の住居を失うおそれのある方などに、就職に向けた活動をすることなどを条件に、一定期間家賃相当額を支給する住居確保給付金制度を利用することができます

入居費用やその後の生活費も借りたい

離職中であり、住まいの確保をしたい。入居費用つなぎ資金、その後の生活費も借りたい。

臨時特例つなぎ資金

住居のない離職者への給付金、貸付金までの当面の生活費10万円以内の必要額を貸し付けます

総合支援資金住宅入居費)

住居を失った離職者が住宅支援給付を利用する場合の、住居の入居にかかる初期費用(40万円以内の必要額)を貸し付けます

※住居確保給付金申請者のみ対象

総合支援資金生活支援費)

失業や減収で生計の維持が困難となった世帯に対し、再就職までの間の生活資金を貸し付けます

1か月当たり、単身15万円、複数20万円以内の必要額(原則3か月)。

総合支援資金(一時生活再建費)

生活を再建するために一時的必要かつ日常生活費で賄うことが困難である費用を貸し付けます

限度額:60万円

生活支援費又は住居確保給付金申請者のみ対象

債務の借り換えは対象外。

仕事はあるけど家がない

外部サイトリンク 新規ウィンドウで開きます。TOKYチャレンジネット

住まいを失い、インターネットカフェ漫画喫茶などで寝泊りしながら不安定就労従事している方や離職者の方をサポートする相談窓口です。住居がないことによる生活不安相談から住宅確保に向けてのサポートさらあなたに適した仕事についての就労相談まで総合的な相談を行っております東京都内に直近6ヶ月以上生活している方が対象となります

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/smph/seikatsu/seikatsu_kyoju_shuro/sumai.html

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん