2019-05-08

[] #73-3「娯楽留年生」

キュークール』の話題は、弟のクラスで持ちきりだ。

「うちの両親がやたらと一緒に観たがってさ。僕はそこまで観たいと思ってないのに」

「あ、あた、おれもそんな感じ。『タメになる』とか、『あなたにとって、いいものから』とか何とか……」

しか物語だとかキャラクターについてだとか、アニメの内容に関することではなく、それを観ている親についての愚痴に近かった。

「まあ、あれって如何にも女子向けって感じだしな。俺たちが観るもんじゃない」

私、女だけどキュークール』は好きじゃないわ」

「あ、あれ……意外だね。タオナケは好きそうなのに」

「私、その言い方すごく引っかかるんだけど、どういう意味なのかしら? 女子の大半はああいうのが好きだと見くびってるわけ? それとも私個人に対するイメージ押し付け?」

「おいおい、ドッペルにそういう絡み方してやるなよ」

こんな調子で、本来想定されているであろう層への評判がイマイチという状態だった。

「私、うまく言えないんだけど……あのアニメって大人の顔色うかがいながら作ってる感じがするの。しかも……うちのママみたいな一部の大人の顔色」

明け透けにモノを言うタオナケが、なんとも歯切れの悪い言い方をしている。

自分の親が観ているからなのか、言葉を選んでいるようだった。

「な、なんか変な感じだね。子供よりも大人の方が熱中してるだなんて……」

「いや、むしろそのせいだろ。大人がマジになればなるほど、俺たち子供はヒくんだよ」

弟の指摘がどこまで的を射ているかはともかく、実際『キュークールの子供ウケはお世辞にもいいとはいえなかった。

しかし大抵の子供は、そういったリアクションを上手く伝える術を持たない。

親が観たがるので、子供は隣で黙って観るしかなかったわけだ。

俺も弟たちも、『キュークル』の面白さがイマイチ理解できないでいた。

観ている人がいるってのは分かるし、彼らが何に熱中しているかってのも表向きには分かるんだけど。

理解、納得、共感、それらの間に大きな溝があるように思えた。

こうして大人子供の間で意識が剥離していくなか、『キュークール』は“流行って”いった。


…………

父の周りでも、やや特殊な状況ながら『キュークール』の話題は盛んだった。

だけど、少し状況や認識が違う。

「『キュークール』の15話、ネットですごい話題のようですね」

「そうらしいな。オレは何が面白いか分からんので観ていないが」

シューゴさん、監督なんですから話題作品はチェックしといた方がいいですよ。そもそも、観なければ面白いかどうかも分からないでしょ」

理屈なんていらねえ。オレくらいになると、観なくても面白いかどうか分かるんだよ。オレが観たいと思えない作品イコール面白くない、これが名実。他の奴らがどう思うかなんて関係いね

「……まあ、個人自由なので結構ですが、それをインタビューとかで誇らしげに言うのはやめてくださいね。分かる気もないのに、分かってるようなことを言ったらまた火傷しますよ」

父の職場アニメスタジオなので、同業の話題には注目せざるを得なかった。

「あ、お二人方、おはようございます。『キュークール』の15話、すごかったですねえ。1話から出ていたモブキャラが満を持して変身を……と思いきや、まさか拒否。『誰でも魔法少女になれる』っていうコンセプトのアニメで、あの展開をやるなんて。個人自由意志を尊重しているというメッセージが、これでもかと押し寄せてきますね!」

だが、それを抜きにしても同僚のフォンさんは格別だった。

作品の動向をチェックしているというよりは、ただファンになっているようだった。

「ワタシ感動しちゃいましたね。とうとう子供向けアニメも、ここまで来たかと。感動のあまりキュークールクーラー』買っちゃいましたよ。ほら、魔法の力で、いつでもどこでもチョー涼しい! これでもワタシも魔法少女!」

「いや、それ携帯扇風機だろ……」

しかも、かなり重度のファンだ。

父とシューゴさんは、そのご執心っぷりに戸惑うしかなかった。

(#73-4へ続く)
  • [マスダとマスダの冒険] #73-8「娯楽留年生」

    「話は聞かせて貰いましたわ!」 「じ、じょ、ジョウ? なぜここに? 話を聞いていたって、どこで、どうやって……」 フォンさんは娘の電撃来店に慌てふためく。 「え、は? ...

    • [マスダとマスダの冒険] #73-7「娯楽留年生」

      「『キュークール』も観ているんですか。キュアキュアを観ていたってことは、そういったジャンルはかなり長いんですねえ」 「何が悪いんですか。子供の頃に持った趣味を、今もなお...

      • [マスダとマスダの冒険] #73-6「娯楽留年生」

        しばらく歩くと喫茶店に着いた。 俺やセンセイの行きつけの店だ。 「ここでマスダのお父さんと、ジョウさんのお父さんが待ち合わせしている。マスダのお父さんはやや遅れてしまっ...

        • [マスダとマスダの冒険] #73-5「娯楽留年生」

          ジョウ先輩の話は予想以上に長く、結局バスが目的地に着いても終わらなかった。 しかし、途中で中断するのも気持ちが悪いと、ジョウ先輩とセンセイの間で意見が一致した。 俺もセ...

          • [マスダとマスダの冒険] #73-4「娯楽留年生」

            そんな状況に心を痛める者が一人いた。 知る由もない俺は、ひょんなことからその人物と邂逅する。 「あら、マスダ。奇遇ですわね」 ジョウ先輩だ。 「あ、どうも……」 バスの中...

            • [マスダとマスダの冒険] #73-3「娯楽留年生」

              『キュークール』の話題は、弟のクラスで持ちきりだ。 「うちの両親がやたらと一緒に観たがってさ。僕はそこまで観たいと思ってないのに」 「あ、あた、おれもそんな感じ。『タメ...

              • [マスダとマスダの冒険] #73-2「娯楽留年生」

                『ラボハテ』っていうロボットメーカーが、以前から力を入れている企画があった。 それが『魔法少女プロジェクト』とかいうヤツだ。 「誰でも魔法少女に変身して、素敵な力を使え...

                • [マスダとマスダの冒険] #73-1「娯楽留年生」

                  好きなものに対する拘りは人によって違う。 ある人は知識が豊富だったり、ある人はモノを集めたり、ある人は独特なアプローチを図る。 同じものが好きであっても、理解度や有り様...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん