2018-01-14

[] #47-2「嫌煙の仲」

センセイとタケモトさんは嫌な予感を察したのか、おもむろにタバコを吸うのをやめた。

「ん……タバコ……?」

だが市長は目ざとかった。

「ここ喫煙席なんですか!?

喫煙席というか、そもそもウチはそういう区分けはしていないので」

「なんですって!? タバコを吸わない人間のことを考えないのですか」

何となくそんな気はしたが、間違いない。

市長嫌煙家だ。

「そんなこと言われても困りますよ。経営方針の一環なので」

マスターはしぶしぶといった具合に返答するものの、市長は止まらない。

タバコというもの百害あって一利なしなんです。そしてこの害は他人にもおよぼす。やるならマナーを守ってください」

「それに巷にどれだけ他人に害を及ぼすものがあると思ってんだ。ましてやオレたちは喫煙OKの店で吸っている。正当な権利行使しているだけ。そういった話は実際にマナーの悪い人間に言うことであって、オレたちに言うことでも、この場で言うことでもないね

「その通り。むしろあなたのほうが、私たち権利を奪おうとしている点で不当とすら言えますよ」

「あと、『百害あって一利なし』ってのも古い言葉ですね。いくつかの効能があることも判明していますし」

「ですがタバコは体に悪いし……匂いも嫌だし……」

市長さん。どんな理由があれ、ウチは喫煙OKにしているという前提を忘れないでください。その上であなたには我慢するか、別の店に行くかという選択肢がある。そのどちらも嫌だから私たちタバコを吸うなというのなら、それは傲慢ですよ」

だが市長の分が悪い。

とりあえずみたいなノリで難癖をつけたものから理屈が通っていない。

分かりやす大義名分が効かないものから、ただ主張を押し通すだけの機械になってしまっている。

逆にマスターたち喫煙家側はこういったことを言われ慣れているのか、理論武装が既にできているようだった。

さすがに形勢が不利だと感じたのか、市長はふと目に入った俺を槍玉にあげた。

「ほら、あそこにいる若者タバコを吸わない彼に、煙を一方的に吸わせて良いのですか!」

うわあ、もう勘弁してくれ。

俺もタバコは好きじゃないが、だからといってアンタみたいに強い思想は持ち合わせていないんだ。

いくら理屈が通らないからって、俺を自分の主張の担保にしないでくれよ。

「いや、あの……別に俺は気にしていないですし。だからこうして店に居座っているんで」

「そんな! 危険ですよ。ガンになります

「まあ、そりゃあ近距離副流煙ガンガン吸ったらなるかもですが。市販一般的タバコって軽いものほとんどですよね。個人差こそあれど、それが原因でなるってよっぽどのことがないと……」

「なんですって!? そんなこと誰から学んだのですか」

学校で」

「ひぃ~! 情操教育の敗北!」

市長意味不明なことを言いながら、逃げるように店から出て行ってしまった。

嵐が去って、マスターさんたちは安堵の溜め息を吐いた。

やれやれ、あそこまで極端な人も今日び珍しい」

「いやあ、逆に今の時代からだろ。義務教育の段階でタバコ有害性を学ばせるからな。そいつらが親になっている世代。そりゃあ喫煙家にマトモな市民権を与えようって声は出ねえよ。逆はたくさんあっても」

「仕方ないですよ。彼らがタバコを嫌うのには相応の理由がある」

「そうは言っても風当たりが強すぎんよ。過剰に悪いところばかりあげつらって。喫煙家の中でも一部の悪い奴をサンプルに理論を展開しやがる。オタクの中からソシオパス探し出すようなもんだぞ」

「タケモトさん、その例え分かりにくいです」


…………

マスターたちは気持ちを切り替えて雑談に興じていたが、俺は別のことが気になっていた。

市長が店から出て行ったときに、遠くからかに聞こえた言葉

「『この町からタバコ駆逐してやる』とか言っていましたね」

俺がそう告げるとマスターたちが固まる。

「ああ、もう気づかないフリしていたのにさ……」

重い空気どんよりと漂う。

この空気タバコより吸いたくないな。

「あの市長無能だけど行動力だけはあるもんなあ……」

そう、市長はこれまでも破天荒政策を幾度となく実地してきた。

そしてその不安は数日後、見事に的中した。

禁煙法』の制定である

(#47-3へ続く)
記事への反応 -
  • [マスダとマスダの冒険] #47-6「嫌煙の仲」

    センセイの話によると、こういうことらしい。 政府はタバコを売って、税で儲けたい。 だがタバコがポピュラーになりすぎると病気の人間が増え、保険料が増えてしまって本末転倒。 ...

    • [マスダとマスダの冒険] #47-5「嫌煙の仲」

      俺たちは市長に直談判しに向かった。 いきなり赴いて通して貰えるとは思わなかったが、意外にもすんなり事は進んだ。 「今日はどういった用件で……」 「現状は理解しているでし...

      • [マスダとマスダの冒険] #47-4「嫌煙の仲」

        この失敗を踏まえ、タバコについてより広く定義された。 これでタバコはなくなる……とはいかなかった。 再定義されても、その度に企業はわずかな隙間を抜けて新たなタバコを作り...

        • [マスダとマスダの冒険] #47-3「嫌煙の仲」

          カフェに置いてあるテレビから、ニュース番組が流れている。 禁煙法に関する街角インタビューのようだった。 「むしろ今まで(タバコが)普及していたのが不思議なくらいでしたね」 ...

          • [マスダとマスダの冒険] #47-2「嫌煙の仲」

            センセイとタケモトさんは嫌な予感を察したのか、おもむろにタバコを吸うのをやめた。 「ん……タバコ……?」 だが市長は目ざとかった。 「ここ喫煙席なんですか!?」 「喫煙席...

            • [マスダとマスダの冒険] #47-1「嫌煙の仲」

              俺はコーヒーの味が正直よく分からない。 コーヒーはコーヒーだとしか思えず、美味いとか不味いとかいう感情が出てこないのだ。 そんな俺でも、たまにカフェを利用したい気分に駆...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん