2017-12-23

Water が「ワラ」のように聞こえても「ウォーター」が妥当

英単語カタカナ化の仕方に文句を言う増田がたまに見られる。ついこの間も、「imageは『イミジ』が正しい」みたいなことを書いている人がいた。

しかカタカナ化というのは、音が近ければ良いというものではないんだよ。

言語には意味のある音の区別と、意味のない音の区別がある。例えば日本語なら、「難波」の「ん」と「あんな」の「ん」は違う音だけど、日本人にとってはどちらも同じ「ん」だ。音声学上は区別されるが、音韻論上は区別されないともいう。

タイトルの「ワラ」に関しても、確かにwaterは「ワラ」のように聞こえる。単純に「一番それっぽく聞こえるカタカナ表記」ということなら「ワラ」が正解かもしれない。でも英語では、このラ行のように聞こえる、waterのtの音と、普通にタ行に聞こえるt、例えばtalkなどのtは、同じ音なんだ。それなりに乖離があるので、英語ネイティブの人でも聞き較べてもらえば違いはわかるだろうけど、普段話しているとき意識しないし、同じ音だとして扱っている。日本人にとっては全然違う音でも、ネイティブにとっては同じ音だということ。

そしてもっと重要なことは、waterのtをtalkのtで発音しても問題ないけど、talkのtをwaterのtで発音することは許されないということ。どちらもtの音と言っても、片方が本来であり、もう片方は一応同じと扱われている、変化した音ということになる。そして「本来の」tは、間違いなくラ行よりはタ行に近いのだ。

次に、外国語カタカナ表現する際は、まず問題になるのが、カタカナ表現力が限られているということ。

英語では途方も無い数の音が表現されるが、カタカナ所詮50音である文字通り数える程しかない。

はいえ、この数える程の文字数で、工夫して、できるだけ本来言語表現力が失われないようにしなければならない。そうでないと、その言語から大量のカタカナ語が入った際に、だんだん同音異義語が増えて区別がつかなくなってきてしまう。だから英語区別がない音は、カタカナ表現する際も、できるだけ区別しないようにする必要がある。本当に必要区別をしたいときに被ってしまうと困るからだ。

したがって、waterのtもtalkのtも区別せず、両方タ行で表すべき、ということになる。

あとはだいたい同じような話なんだけど、ついでなので、waterの他の音についても。

現在概ね採用されてるカタカナ化には、だいたい共通した法則があって、例えば、長母音は長音記号を使って表すこと、がある。このようにすることで、短母音と長母音カタカナでも10種類の母音表現できることになり、かぶりが少なくなる。「ワラ」と短く聴こえても、water /wɔ́ːtər/ の最初母音は長母音から、長音記号を使う。また、この母音は、ア段ではなくオ段として表現することも習慣で決まっている。wall も「ウォール」とオ段で書かれるが、これも同じ母音である

ちなみに、この /ɔ/ の音がオではなくむしろアに聴こえるという人も多い。「ワラ」に近いというのはそのためだろうと思う。しかし、これがア段ではなくオ段に当てられているのは妥当なんだ。なぜかというと、英語には他にもアのように聴こえる母音がたくさんあって、cat /kæt/ の /æ/ もそうだし、car /kɑːr/ の /ɑ/ も間違いなくアに聴こえるし、あと曖昧母音 /ə/ の直後に/r/ が続いた場合も間違いなくアに聴こえる。これらは実際カタカナではア段が割り当てられていて、これにさらに /ɔ/ まで加えるとなるとア段で表す音が多すぎてちょっと被りが心配ですねという話になる。一方、オ段で表す母音は /ɔ/ の他には cold /koʊld/ とかの /o/ くらいである。

このように、現在カタカナ表記にはそれなりの合理性がある。こっちの方が聞こえ方が近いから、とか安易理由で覆すべきではない。

〜 追記 〜

ブコメ数にビビっております。こんなにもらったことなかったので。

いろんなカタカナ語の指摘とかがあるのですが、はっきり言ってカタカナ語ルールは一貫してないと私も思います。その中には、比較合理的ものもあれば、ブコメで上がっている「ディティール」のようにわけわかんないのもあります。「ウォーター」はかなり合理的だと思ったので、ウォーターで書きました。あと、「イミッジ」も合理的だと思います。「イミッジ」を批判してるみたいに読めるなあと思ったので一応書いておきます

あと、せっかくなので宣伝させてください。日本語文法英語解説するサイトをやっています最近更新が滞っております・・・。↓

https://nihongotopics.wordpress.com

  • anond:20171223040416

    英語のエナジーとドイツ語のエネルギーみたいに意味は同じだけど、カタカナが複数あるのはどう考えます?

    • anond:20171223074736

      「たまたま」ということでいいと思います。 実際にはもちろん語源が共通してるわけですが、日本語から見たらどちらも一つの外来語にすぎません。 それぞれ別々に、妥当な表記を考え...

  • Water が「ワラ」のように聞こえても「ウォーター」が妥当

    だいたい正しい だから要は、少なくとも、歴史のあるカタカナ語(変な表現)においては、実際の発声ではなく綴りと発音記号をみてカタカナ書きが決められてたってことだ 経緯と大雑...

  • anond:20171223040416

    米語英語警察です……とまでは言わないけどこういう議論の時アメリカ英語の発音の話ばっかりなの寂しい。ごめんねあんまり関係ない話で

  • anond:20171223040416

    〜rewのカタカナ表記に一貫性がないっぽいのが気になるんですが何故でしょう?crew, brew, screwあたりは[ru:]の部分を「ルー」と表記するのが最も原音に近そうなものですが、screwは「スク...

  • anond:20171223040416

    「ん」は難波となんかで別なのにカナは50音しかないの?

  • anond:20171223040416

    単に British pronunciation を元にしてるだけじゃね? 昔の英和辞書ってBritishの発音記号しかのってないし。 それに British の場合、Flapping はそんなに起こらないから、完全にウォーターと聞こ...

    • anond:20171223175931

      元増田です。 確かにこっちの方がシンプルな説明ですね。 実際の経緯(イギリス英語由来なのかどうか)は知らないのですが、「『ワラ』と聞こえたとしても」という趣旨でした。

      • anond:20171223204529

        アメリカ流の発音しか念頭に置かずに英語の発音の話をするのは、どんなもんですかね。 今の日本ではアメリカ流が主流ではありますが、全世界的に見ると必ずしもそうではないので...

        • anond:20171223211009

          元増田です。 「『ワラ』に聞こえる」と言った時点でアメリカ英語の話なんだなということはわかると思いますので、それで十分だと思います。 なお、同じようなことをイギリス英語を...

  • anond:20171223040416

    用例を見るに昨日トラバくれた増田の人だと思うけど、詳しい解説ありがとう。

  • 東京オリンピックに向けてビジネスを展開しよう!

    この機会に世界中の人に日本語を覚えてもらいたい。 日本語教室ビジネスをやってる人を全力で応援したい。 あと、せっかくなので宣伝させてください。日本語文法を英語で解説する...

  • anond:20171223040416

    「メイクアメリカグレートアゲイン」は勘弁してほしい make /meɪk/ America /əmerɪkə/ great /greɪt/ again /əgen/ (イギリスだと/əgeɪn/になることもあるらしいが) なので、makeがメイクならgreatはグ...

  • anond:20171223040416

    id:bottomzlifeが「カタカナは表音文字ではない」「rとlの書き分けはどうする」とか意味不明なことを言い出してますが、どう思いますか。

    • anond:20171223192906

      単にマウンティングしたいだけだろ。 カタカナは文字的には確かに表意文字だったかもしんないけど、50音という文脈でカタカナと言ってんだから、それは mora を表わす表音文字の代...

      • anond:20171223201620

        anond:20171223204109 そうですよね。 一応自分も言語やってたけど、カタカナは表音文字といっていいと思うし、 表音文字の指す音の範疇は当該言語の音韻のことだと認識してるので、彼が...

    • anond:20171223192906

      元増田です。 該当ブコメを見つけるのに時間がかかりました。 「完全な表音文字じゃない」というのは趣旨がよくわからないです。「完全な」が「どんな音でも正確に表せる」という意...

  • anond:20171223040416

    自分もこの手の単語が気になってて、iPhoneに記録してた。ちょっとご披露。 ​ アレルギー → アラジー メーター → ミーター セルラー → セルユラー トン → タン テーマ → スィーム ...

  • 英語のカタカナ化に見られるいくつかのパターン

    まず、大前提として、 例外はある。 カタカナ化のルールは、「どう聴こえるか」ではなく、音韻論に基づいている。 音韻論とは 原語の発音には、「意味のある区別」と「意味のな...

  • 増田の英語学習法

    留学・海外赴任のお供に ランク タイトル ブクマ数 日付 カテゴリ 1 英語コンプの馬鹿でも投資ゼロでTOEIC900に達するたったひとつ... 3705 2009/07/16 16:19 暮らし 2 ...

    • 増田ランキングランキング2018

      幾山河越えさり行かば 寂しさのはてなむ国ぞ 今日も増田はゆく  若山牧水 今年まとめた増田ランキングを増田神社に奉納させて頂き、今年の増田納めとさせていただきます。 ...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん