2020-05-14

以前勤めていた会社の同僚に死んでも言えない秘密がある

俺が勤めていたのは名もない中小企業

ご多分に漏れず、社長とその盟友である二名役員トップダウンによって組織が回っている。

ノー残業デーに定時退社しないと狂ったようにキレられるのも、社長役員が「残業無能証拠効率こそ正義」という方針を掲げているからだ。

入社したばかりの頃の俺は、そのことを知って「中小企業なのに進歩的文化だなあ」と感心したものだが、よくよく先輩に話を聞いてみると「ちょっと前まで定時退社なんぞおっかなくてできなかった」とのこと。

このとき、俺はピンときた。

”すべては社員マウントを取るために”

社長役員がノー残業デーにおける残業に怒りを爆発させるのは決して「定時退社を善と思っている」のではなくて、あくまで「定時退社推奨を理由社員を抑圧できるから」なのではないかと。

ビジネス書東洋経済なんかで喧伝される「外資では残業無能証拠なんですよ~」という残業害悪論を見つけて、「これ使えるやんけ!」と鼻息荒くしたってだけだろどうせと俺は思ったわけだ。

入社して一カ月くらい経ったある日、俺は社長役員の三人で昼飯に行くことになった。

ビビって逃げたとかなのか知らんけど、突然連れて行かれた。

会社には慣れたか」とか「俺が若いことはこうして仕事覚えたからお前もそうしろ」とかそんな話をしながら二人と飯食ってるとき、「こういうことをやったら会社が良くなる、そういうアイデアはあるか」と尋ねられた。新人目線意見を訊きたいと社長は言っていた。

「実は山登りが凄く良いんじゃないかと思ってるんです」

俺は一体何言ってるんだ???

自分もびっくりした。山登りなんて死んでもやりたかねえよ。

でも気づいたら口走っていた。

冷静になってから理由は分かった。

社長社員を抑圧したいだけなのでは?」という疑惑を確かめたいという欲求を当時の俺は常に抱えていたからだ。

社長の行動原理を明らかにするためのエサ、提案を反射的に投げたのだろう。

山登りな。山登りたらこ会社はどう良くなる?」

テンパリながら適当理屈でっち上げ説明したことをよく覚えている。

仕事必要な忍耐力には二種類ある。会社人としての訓練で培われるもの、肉体的鍛錬によって培われるもの体育会運動部をやり通した過去がある社会人でもメンタルを病んで辞めてしまうことがあるのは前者を欠いているから。これら二種類の忍耐力が備われば人間として一皮剥ける。山登りでは後者が培われる。

みたいなことを言った。

ほどなくして弊社では富士山登山研修スタートすることになった。

社員強制だ。一般職総合職関係ない。

「勘弁してくれよ!!!!!!!!」、恐慌状態になる同僚を見て俺は昼飯で提案した事実墓場まで持っていこうと決意した。

ちなみに、俺はこの2年後退職した。

富士山登山研修がまだ続いているのかは知らない。

  • いい話

  • みんなで山登りにいくぐらいアットホームな馬謖だったんだな

  • 死んでもやりたくないって言ってる登山に行ってるっぽいんだよなこの人 死んでも言えない秘密っていうのもどうせ言っちゃうだろうな

  • 死んでも言えないなんて言うやつは信用できん 死ぬか言うかどっちかと聞かれたら即いうだろ なんで嘘つくの

  • 登山をよく知らない日本人の富士信仰ってなんなんだろうね すげぇつまんない山なのにさ これもう不治の病だよね

  • スネ夫かよ

  • バイクレースとかなら社長がボコされてハッピーエンドだったのに

  • 職場の風通し良いなあと素直に感心してしまった。 俺の勤めるブラック企業で社長の抑圧や客のクソさに「勘弁してくれよ!!!!」だなんて言おうものなら、同じヒラ社員たちから...

    • そんな馬鹿なことに人生を使うなんてもったいない。 2秒後に転職。

  • 会社の金で富士山登れるとか最高ですやん でも厳冬期は勘弁な

  • ウェアは経費?

  • え、いいじゃん登山。最高⛰

  • 中小企業なんてそんなもの。 経営陣が資本を出して商材を開発して客を開拓して従業員を雇って運転資金を調達して保証人になって。 リスクなしに給料もらえるんだからありがたい話。...

  • めっちゃワロタ

  • アレ、オマエのせいかあああ!

  • これは墓場案件

  • ただ社員にマウント取るだけのブラック企業だと思ったら 以前と方針を改めて新入社員に意見を聞きそれを実行する企業だったって事か 成程ね。。。。

  • 以前勤めていた会社の同僚に死んでもらいました かと思ってびびった。 スマホ表示だと 以前勤めていた会社の同僚に死んでも… って切れるんだ。

  • これトップブコメまで考えて作った話でしょ

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん