2014-04-23

クラス女子全員の前で全裸になったら彼女ができた

僕は子供のころから内向的で、いじめられっ子だった。

背も小さいし運動も苦手だった。

からよくいじめられた。

小学生の頃は、クラス無視されるようなことはなかったが、

よくプロレス技をかけられたり、物を壊されたりした。

イジリというやつだ。

中学生に上がると、体格にも差が出てきて、笑って済ませられないほど暴力が強くなった。

よく、人のこないような物陰につれこまれ、殴る蹴るの暴行を受けた。

トイレで顔を便器につっこまれたりした。

火の着いた爆竹を投げつけられたりした。

僕はすっかり萎縮して、家の外ではうまく話せなくなった。

そして事件は起こった。

体育のために体操服に着替えようとしていると、不良達が僕を無理にひっぱってきて、

また殴られるのかと思ったけど、いつもの方向ではなかった。

更衣室の方に向かっていた。

どういうことかと思っていたら、

女子更衣室に放り込まれた。

僕一人残して、背後で扉が閉まった。

中では同じように着替えようとしていたクラス女子がいた。

大量の視線が僕に集中した。

誰も何も言わなかったけど、

「は?なんであんたがここにいるわけ?」

という冷たい視線に、瞬時に血の気が引いて、倒れそうだった。

僕はすぐさま女子に背を向けて、今入ってきた扉から外に出ようとした。

けど、外から不良達が扉を抑えているようで、びくともしなかった。

クスクス忍び笑いが、扉越しに聞こえ漏れてきた。

意地になった。

僕は全体重をかけて、全力で扉を引いた。

そしたら3センチくらいだけ、扉が開いた。

おっ、と言う声がして、すぐに向こうも全力で扉を抑えにかかって、

僕の全力は無に帰した。

息も絶え絶えに、ただ扉に手をかけていると、

スッ、と、その手のひらに誰かの手のひらが重ねられた。

振り返るとクラスでも派手な方の女子が立っていた。

彼女は不気味な目つきで僕のことを見ていた。

なんと言うか、目が座っていて、目元が笑ってないのに口元だけ笑っていた。

とにかく、不安にさせられる目だった。

彼女は言った。

「こんな所で何してるの?」

見た通りいじめられてるんですが、とは言えないまま、黙っていると、

自分が何しているか、分かってる?」

犯罪になるよ、こんなの」

まるで僕が加害者のような言い方だった。

確かに、場違い感というか空気のピリピリ感は感じていたし、

僕のせいなわけで縮こまるような思いだった。

「脱いだら許してあげる」

は?と思ったら、彼女は突然、制服の上を脱ぎ始めて、ブラ姿になった。

ピンクかわいいブラだった。

知識として知ってはいたけれど、自分身の回り女の子ブラジャーをしていたのに驚いた。

お母さん以外のブラジャー見るのは初めてだなとか、女の子はみんなブラジャーするのかなとか、

頭のなかをすごい勢いで思考がぐるぐる巡った。

「ほら、脱いで」

意味が分からず固まっていると、

「脱げってんだよ!」

彼女は突然キレて、自分上履きを脱いで僕に投げつけてきた。

狙いは外れて、僕の背後の扉にぶつかって、バンッ!という腹に響く大きな音を立てた。

僕は言う通りにするしかないと思って、制服の上を脱いで上半身裸になった。

「下もだよ!」

「はやくしろよ!」

気がついたら僕に向かって怒鳴っているのは3人になっていた。

最初の派手な子とよくつるんでいる女子達だった。

僕は言われるがままにズボンを脱いで、パンツ一丁になった。

怖くて腹の底が冷たくなっていた。

彼女達は少しの間、僕を眺め回した後で、

僕のパンツに手を伸ばして、一気にずりおろした。

「きゃー!」という声が更衣室全体に響き渡った。

クラス女子全員の前で、僕は全裸になった。

まりのことに全身が硬直し、思考が真っ白になった。

だけど、正直、気持ち良かった。

白状すると、何の力もないはずの自分が、女子達をキャーキャー言わせているのが、嬉しかった。

半笑いで、嫌そうにしながら、その実しっかりと僕の股間に視線を向けているのが、楽しかった。

から自然と、僕は勃起した。

むくむくと大きくなった僕自身。

それを見て、さらに場は狂乱した。

僕を恐れるように、更衣室の隅に全員で身を寄せ合って固まりながら、

視線だけはガン見してくるのがおかしくておかしくて、笑みが浮かんだ。

そして、突然ガラッと扉が開いた。

振り返ると、体育の先生が立っていた。

騒ぎを聞きつけて、やってきたようだった。

不良達はもう居なくなっていた。

次の瞬間、視界が全て線になった。

今思えば、ぶん殴られて床に倒れたのだろうが、その時は何が起こったかけがからなかった。

髪の毛をひっつかまれて無理やりに立たされ、保健室に連れて行かれた。

そこで帰りのホームルームまで隔離された。

服はすぐに返してもらえた。

ホームルームになって、担任に連れられて教室に戻った時は、緊張のあまり小便を漏らしそうだった。

教壇に立たされ、僕は弁明を迫られた。

突き刺さる視線視線視線

事情を知っている女子視線は、見世物を見る好奇の視線

知らない男子は敵意、攻撃、弱いものをいたぶろうという、いつもの視線だった。

僕は何も言えずにうつむいた。

体中から汗がふきだした。

涙が溢れて溢れて止まらなかった。

少し漏らした。

恥ずかしくて、測らずも悟った自分変態さが情けなくて、悔しくて、しゃくりあげないようにするだけで、精一杯だった。

クラス男子からは、

「おい、何か言えよ」

「泣いて許されるとでも思ってんの」

「ばっかじゃねーの」

罵倒が飛んできて、死にたくなった。

もういっそ、この場で盛大に漏らしてやれば、笑いが取れるかなという考えがチラッとよぎった。

僕は、

「ご、ごっ、めっ、んな、しゃい」

と、情けない謝罪をするのが精一杯だった。

「ごめんで済むかよ」

「泣いた子もいるんだぞ」

「お前死んだほうがいいよ」

最後の発言だけは、担任が取り消させた。

あんなに面白がっていたくせに、泣いたなんて話になっているのかと思うと、

僕の味方はこの世に一人も居ないのだと思い知った。

それから僕は、クラスメイト全員の前で、二度と女子の前で全裸にならない、などという、

真面目に聞いたらちょっと笑っちゃうような内容を誓わさせられ、

女子一人一人の足元に土下座をして謝り、

ホームルームが終わって下校する段になって、いつもの校舎裏で男子一人一人に一発殴られてから家に帰った。

僕は次の日から不登校になった。

初日は本当に熱が出た。

殴られすぎたせいだろうと思う。

2日目はまだ体が思うように動かなかった。

3日目は惰性で休んだ。

両親も何も言わなかった。

4日目にはこのまま学校に行かなくなって、

社会からドロップアウトするのも悪くはないかなという気になっていた。

そう思うと一気に気が楽になって、久しぶりに小説でもじっくり読んだりした。

その日の夕方、僕の家に女の子が1人訪ねに来た。

クラス委員の女子だった。

僕が玄関を開けるなり、

「こんなことになってごめんね!」

と謝ってきた。

僕は何か、天からの光に包まれたような気がした。

救いの手が差し伸べられたと思った。

かい光だった。

学校に来なくなってしまった僕を気にして、彼女が誤解を解いてくれたそうだった。

僕はそれを聞いて、涙を流しながら、

ありがとうありがとう

と繰り返し感謝した。

彼女はそんな僕を抱きしめて、落ち着くまでずっとそうしてくれていた。

ほとんど初めて話した仲だったのに。

彼女はいくら感謝しても、感謝しきれない。

実はこのクラス委員の女子と僕は今付き合っている。

から聞く所によると、僕は陰ながら女子から人気があったらしい。

母性本能をくすぐるとかなんとか。

僕を脱がせた子達も、ちょっと僕に気があってあんなことをしてしまったらしかった。

僕の彼女も実は僕に興味があって、例の騒動の一部始終をスマホ撮影していたらしい。

その動画が元で、僕の無罪証明してくれたというわけ。

それから僕を陥れた不良達が逆にホームルーム謝罪することになり、

僕を不登校にしたことから女子から陰湿制裁を受けて逆に不登校になってしまった。

おかげで僕はいじめられることが少なくなった。

今、とても人生楽しい

ただ、ひとつだけ問題があるとしたら、僕の彼女はとてもSっけが強くて、

何かと僕を振り回して楽しむところがある。

今もこうして、僕達が付き合うことになったきっかけを、全世界に公開しろと迫られて文章を書いているところだ。

もう忘れたい記憶なのに、動画も消してくれないし。

動画の向こうの僕が、その時どう感じていたかを、臨場感豊かに書けと言われて、もう3回も加筆修正している。

今やっとOKが出た。

最後ちょっと、びっくりすること、書いてやろうかな。

大好きだよ、R.W.

君のおかげで、僕は少し男らしくなった。

今は君に守られてばかりだけど、いつか、いつか君を守れる男になるよ。

愛してる。R.S.

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20140423221306
  • http://anond.hatelabo.jp/20140423221306

    私を守るなんて20年早いよバカ

  • http://anond.hatelabo.jp/20140423221306

    中学校が舞台の小話にもスマホがアイテムとして登場するようになったか…。

    • http://anond.hatelabo.jp/20140424002622

      ゲームボーイ持ち込み禁止の頃を過ごしたおじさんおばさんには分からない感覚でしょうけど、 11年前に田舎で中学生やってた頃にはよほど貧乏な家庭じゃない限り真面目も不良もみん...

      • http://anond.hatelabo.jp/20140424032135

        7年前だけどうちの中学じゃ那覇から来た転校生以外携帯持ってなかったぞ。 ど田舎だから地域差かね。高校でやっと8割ほどだな

    • anond:20140424002622

      なんの話か読まずにこれだけにレスするけど、 携帯は月額1000円以下で家族割無料通話手段をもたせられるけど、 スマホは最低月額6000円だろ。そりゃ機種代にだまされるゆと...

  • http://anond.hatelabo.jp/20140423221306

    イジメはイジメられる側に問題がある 後から聞く所によると、僕は陰ながら女子から人気があったらしい。 釣り乙

  • http://anond.hatelabo.jp/20140424115055

    いいSSをありがとう 最後のイニシャルがワタナベからサトウになったのは、結婚したときのことを考えてるのかな? http://anond.hatelabo.jp/20140423221306

注目エントリ

記事への反応(ブックマークコメント)