「ルイガノ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ルイガノとは

2017-10-14

自転車が欲しいのだ

かっこいいクロスバイクが欲しいのだ

ちょっとかっこいいブランドで(ビアンキとかルイガノちょっと嫌だ)

スポーツ選手ユニフォームみたいなカラーリングじゃないやつで

そんなに高くないやつ

検索しても変なステマブログみたいなのばっかり引っかかって萎え

ブランドエントリーモデルカラーバリエーション一覧で見れるのないのかなぁ

2016-05-24

今日

後ろのチャイルドシートに止める枝木に相当するものはついてる。

そこに巻き付けよう。

自転車

自転車ブレーキの片効き問題解決

クラクションは壊れた。仕方ない 古いものから

仕方ない

ブラケット問題 どうするかな~? どうしてもブラケットにこだわる必要があるか?

チャイルドシートに結わえ付けても良いんだし

ハイディービーの場合は、シートポストの後ろ側がフリースペースじゃないので

今日自転車ルイガノ。走りは快調。よかったよ。やっぱり引っかかりがないと

摩擦力が減少するので走りやすくなるわ。

2016-04-20

自転車カゴ ルイガノ 寸法 サイズ

かごのワイヤー太さは Φ5みたい

縦方向に来ているワイヤーもあるので8ミリみておけばいいのでは?

深さは2.5ミリですかね?

ワイヤー間隔は20ミリでした。20ミリの幅を持つ板が2枚あればいいですね。

2016-04-07

SHIMANOスプロケット存否情報(居室本棚

SHIMANO(シマノ) 『シマノ SHIMANO 7速 スプロケット 11T-28T CS-HG30 自転車パーツ』

http://www.louisgarneausports.com/06bike/lgs-tr-2.htm

FREE WHEEL SHIMANO CS-HG30 11-28T 7 SPEED

購入した。居場所、保管場所。存否情報

自転車 ルイガノ Louis Garneau LGS TR2 (2006)

非電動自転車 部品 交換用 今のチェーンがいよいよ調子悪くなったら

交換する。スプロケット カセット リアギア

居室の本棚しまうのでよく探して下さい。

2016-03-31

自転車の外装変速機交換

ルイガノTR2かい自転車に乗ってます。外装

7段変速です。

だいぶチェーンも緩んできたので交換しようかと

自転車屋さんにきいたら、チェーンだけ新しくしても

かみ合わせが悪くなるかもしれない

と言われました。

ディレーラーとチェーンをこの場合

買い換えればいいのでしょうか?

自転車屋さんに頼むと新規に購入したほうが

やすくなりそうなので

チェーンの長さ調整以外は

自分でやりたいのですが、どうしたら良いでしょうか。

SHIMONOというロゴが見えるのでシマノ製品

だと思いますが、型番まで同定して

同じディレーラーを入手できないといけません。

しかし型番はわかりません。

最新型のルイガノだとホムペ製品

記載のある場合もありますが、私のは

8年くらい前のモデルです。

どうしたら良いでしょうか。

2011-02-14

都内を走るのにロードよりのクロスがほしいなという人へ

http://anond.hatelabo.jp/20090713004520

の具体例として書いてみる。

都内を走るのに、ロードよりのクロスがいいなと思って、さあ買いにいこうと思ってもやっぱり悩む悩む。

ので、いくつかよさげ、もしくは5万円付近で定番のものをリストアップしてみた。

ただ、言えることはどんなに悩んでも買ってから乗ってみるとめっちゃ楽しい。なのでこの中でもそうじゃなくてもいいけれど、なんでも買ってみるのをおすすめ

2010-04-29

クロスバイクを選ぶ上で

エコだの「地球に優しい」だので自転車クロスバイク)がちょっとしたブームになったようだから、特に自転車弄りをしたくはないけれど、クロスバイクに乗りたい人に向けて。

以下3点と、蛇足。

  

  • それなりのお金を払う

1万円以下の自転車は今すぐ捨てたほうがいい。ろくでもない。そういった自転車は鉄の値段の上昇に反比例して重量が軽くなったりする。自転車比較的単純な機械だが、それでも人間が乗ってそれなりに高速で移動する機械である。命を預ける乗り物が1万円でいいはずがない。

クロスバイク予算に5万円は欲しい。最初は10万円以下で選んで、だんだん自転車が分かってきたらもっと高いものを買う。自分の求めているものがはっきりしてきて、どういった自転車自分に合っているのかが明確になる。もちろん、いきなり高級車に乗ったっていい。若葉マークのSクラスだって走っているはず。

ちなみにシティサイクルママチャリ)でも、安全面・耐久面を考えると2,3万は出したほうがいい。

  • 身体にあったものを選ぶ

いくら良い自転車であっても、自分の体格に合わないものは全くダメである。これはコンポーネントフレーム云々以前の問題。靴と同じで合わない自転車は乗っていて辛い。

フレームサイズがある程度の目安にはなる。ただし、これはあくまでも目安。適正身長の範囲にあるのに乗り辛く感じる自転車もあれば、大きなフレームでもきちんと乗れる自転車もある。フレーム各部の角度や、クランクハンドル等のパーツによって合う合わないは決まるからである

だから試乗の出来ない通販はやめるべき。もちろんあらかじめ実店舗で試乗させてもらい、その上で安いネットショップから購入するというやり方が出来ないわけではないが…

要するに、サスペンション。路面が荒れているとか、歩道を走ることも考えられるとか、そういった理由でサス付きがすすめられたりするかもしれない。しかし、メンテナンスが面倒。エアでもオイルでも、あるいは単なるコイルばねだったりエストラマーを組み合わせたり、とにかくメンテナンスが手間。その上重量がかさむ。力のロスもある。

10万円以下の自転車についているサスは、きっぱり安物。まともなサスが欲しければお金払うほかない。だからサスなしがおすすめ。乗り心地が気になるというのであれば、タイヤサドル対応するべき。

ディスクブレーキのついている自転車もある。が、こちらもおすすめしない。10万円前後自転車についているディスクブレーキはおそらくメカニカルディスクブレーキ。雪道、泥道を走らないのであれば選ぶ機能的理由はない。MTBなどに広く採用されているVブレーキよりも、泥や雪の影響を受けにくいところがディスクブレーキの大きな長所である。しかしVブレーキに比べて重く、機構が複雑で、本体や取り付け部に高い精度が求められ、おまけに錆びやすい。

Vブレーキメンテナンスが当然必要だが、シンプルなぶんだけ簡単お手軽。しかも本体価格も維持費も安い。見た目優先でディスクブレーキだ、というのならそれもまた自由。たしかにディスクブレーキはカッコいい。ところで、個人的にはシマノNEXAVE(シティサイクル向けコンポーネント)のローラーブレーキが気になる。主に見た目。

  

それから、10万円程度の自転車はほとんどが台湾製であるということは知っていて損ではないかも。10万のビアンキイタリア製では決してないし、ルイガノカナダじゃ作っていない。日本商社名前だけ借りて台湾自転車メーカーに作らせていたりする。もちろん別にどこで作ろうと構わない。重要なのは設計生産であり、台湾だって悪くない。安いんだから仕方がない。

  

自転車ブームってどうなったんだろう。文字通りブームとして終わったんだろうか…自転車買った人は長く使えるよう、最低限のメンテナンスはしてください。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん