2017-04-09

不在着信だけ残すのといきなり電話してくるのは相手時間と行動を拘束する行為からやめてくれ

このエントリーがどうかバズって世の中の

 ・不在着信だけ残す人

   と

 ・いきなり電話してくる人

に届いてほしいと思う。以下、このエントリーでは上記の人のことを「電話野郎」と呼ぶことにします。


電話相手時間と行動を拘束・制限するということ


僕は電話が大嫌いだ。もともと人と直接話すのが苦手だということもあるのだけど、

まずそもそも「電話」というのは、リアルタイム

 相手時間を奪う行為で、相手時間や行動を拘束・制限する行為だということ。

このことをまずわかってほしい。

電話リアルタイムで応答が必要なので、何かをしながら電話はできないんだよ。


電話かならず相手の手がとまる、ということ。

電話野郎はまずそのことをどうか、わかってくれ。

相手の都合をどうか考えてください。


電話野郎の話は電話でなくてもいい話が多い


だいたい電話野郎の話の内容はどうでもいいことだったり、

そんなのわざわざ電話してくる必要ある?という内容のものだったりする。

次あったときに話せば良くない?とかそんな内容。

からなおさらそんなくだらないことで電話してくるなよ、と思ってしまう。

そんなくだらないことで、あなたの都合で僕の時間と行動を拘束しないでくれと思う。

相手の都合をどうか考えてください。


用があるなら電話の前に先に要件を言えよ、せめて留守電要件を残せよ


用があるならまずメールLINEチャット要件を言ってほしいと思う。

もっというとメールLINEチャットですまない?その話、と思ってる。

その上でもしどうしても電話で話をしたい・電話でなければいけななら、

「●●●の件で、いついつ頃に電話する」って事前に言えよ。


メールLINEチャットで連絡してきたとしても

「今何してる?」とか「明日ヒマ?」とか要件を言わない人もいるけど、

これも同類


なんでやりとりが増えるようなコミュニケーションの仕方をするのか理解不能

こっちの都合を聞きたいなら具体的に言えよ、と思う。


なにか約束をとりつけたかったりヒマなら遊ぼうとか

メシいこうとかの誘いなんだろうけど、

たとえ時間があってもその内容によっては

そんなことに時間さくヒマはねーよってのは皆あると思う。


不在着信だけ残すやつもたいがいで、なんで要件留守電に残さないんだよ。

めんどくさいんだよ。

相手の都合をどうか考えてください。


電話は二番目の手段


仕事プライベートでも謝罪や重大な内容のものほど

実際の声で伝える必要があったり、電話で話さなければいけないこともあると思う。

混みいった話とか口頭で話をしないといけない場面はたしかにある。


でも、そのときにやっぱり「いきなり」電話するのは失礼だし非常識だよ。

かならず電話する前に要件を別の手段で伝えておくべき。

電話あくまで二番目の手段なんだよ。


事前の連絡がある上での電話は話が早い。

電話を受けるほうが内容をある程度把握した上で話しがはじめられるし、

いつ電話がくるのかも予定をあわせることができる。

拘束される時間を調整できるから


電話野郎仕事ができないやつが多い


仕事でも頻繁に電話してくるやつや、電話かけてる電話野郎

本当に仕事できないやつしかみたことないです。無能が多いです。

メールで済むことを電話して相手を拘束するのやめてくれ。

必要のない電話はしないでくれ。

相手の都合をどうか考えてください。


仕事においては電話野郎の話は、電話でなくてもいいことがたいがいだけど、

それを電話だけで済ますなよ、という逆のパターンもある。


電話野郎相手の都合を考えられないし考えていないので、

電話で済ますことでその後どう仕事に影響するかを考えていないし、

想定もできていないやつが多い。


電話当人同士でしか話が通じないし、記録にも残らない。

それに電話して自分の手もいちいち止まっていることに気づいてない。

電話して仕事した気になっている。

なにその効率の悪さ。効率の悪さが異常。


電話は何も残らない


電話はたしかに楽かもしれない。

だけど仕事ってのは情報共有と記録に残すことが重要なんです。

それが次に繋がるからです。

電話はなにも残りません。

口頭でのやりとりばかりしてたもんだから

あとあと言った言わないになったり、馴れ合いになって、

曖昧になってあとで揉め事になったりする。


どうかメールや他の手段で記録にのこるやり取りをしてください。

ここぞというときだけに電話を使えよと思う。

電話というツールしかるべきときに使えよ電話野郎

相手の都合をどうか考えてください。


どうか相手の都合を考えてください


もしいまあなたが親しい人や近しい人に

よく「電話野郎行為」をしているなら、

あなたデリカシーがない、気が利かない人間です。

それは間違いないです。


これを読んで自分らは親友同士だからいい、とか

自分らはそんな仲じゃないしお互い気を使っていない

から大丈夫とか思った人、

あなた迷惑です。


いまはよくてもかならず相手負担に思うときが来ます

これまではそれでよかったかもしれない。

でもその関係はいつまでも続きません。

恋人同士、彼氏彼女関係でもそうです。

相手の都合をどうか考えてください。


それでもまだ自分大丈夫、とおもった人がいたなら、

本当にそうと言いきれる自問してほしい。

相手を拘束していないか

相手負担だなと考え始めたらもうそ関係はおわりです。

これまでどおりの関係性では続けられないでしょう。

人の感情は、変化していくのです。

いまはよくても必ず変わる。

人間関係もつれというのはかならず一方の感情の変化が起点です。

相手の都合をどうか考えてください。


電話にでれないときや、

でたくないときはでなきゃいいってだけの話じゃんっていう人もいると思います

そのとおりですけど、それは相手への配慮が足りないと思います

相手の都合をどうか考えてください。


あと親しいからって夜9時以降に電話してくるやつもいるけど、論外です。

相手の都合をどうか考えてください。


事前に要件のわからない電話や不在着信は、それだけで迷惑行為
電話精神的に相手を拘束する行為でもある


いきなり電話してきた場合や不在着信だけ残された場合

受けた側がいろいろ考えないといけないことが多い。

これは精神的拘束です。


相手はなんで電話してきたのか、何の要件なのか

・あとでかけ直すというのも面倒


僕はこれですごく悩んでた。

まず不在着信だけ残された場合ものすごく面倒くさいと思う。

なんで電話してきたのかを考えるし、かけ直すのも本当にいやでたまらない。

要件がわからいから。

で、いやいやながらも折り返しの電話をして相手が不在だった場合そこでまたモヤモヤする。

ずっと気になる。


その後、電話かかってくる→不在→かけなおす

とかラリーが続く場合は本当にうざすぎる。

人と話すことが苦痛な僕は電話が本当に鬱になる。


目には目を


だけど最近はもう気にしないことにした。

いきなり電話してくるようなやつや、不在着信だけ残す電話野郎は、

相手の都合をまったく考えていないので、こちらも無礼で構わないですよね。

相手にするだけ馬鹿らしいしこっちが悩んだり気が病んだりするのはもう勘弁。

僕の方針はこうだ。


・いきなりの電話は基本でない。

留守電メッセージがない不在着信だけの場合は折り返さない。

・不在着信は気にしない、無視する。


はいってもやっぱり気になるのは気になるんですけどね。

相手の都合をどうか考えてください。

本当におねがいします。


緊急の要件だった場合は、留守電に残すかメールLINEとか

別の手段でも連絡してくるもんです。

それを見て、あ・これは緊急のやつだなと思ったらすぐに折り返すことにします。


番外編:ネットで予約したのに電話で返してくるな


あと、世の中にあるネットの予約フォームや問い合わせフォームなんかで、

ネットでわざわざ予約や問い合わせしたのに電話で返してくるバカサービスは滅びろや。

電話がいやだからネットで予約してる人もいるんだよ。

サービス提供だっていちいち電話リアルタイムに応対できないか

ネットシステムで受けつけてるんでしょ?なんで電話で返してくるの?

なんのためのメールアドレスなんだよ。

電話したくないかメールアドレス入力してるんだよ。

メールアドレスはたしか迷惑メールに入ったり、届いてなかったりすることもあるよ?

だけどそれは応答がなかったら電話、という手段をつかえばいいだけで、

やっぱり電話は二番目の手段ですよ。

電話で直接話したほうが予約が確実になるでしょう。それもわかります

最近予約をブッチする人も多いみたいだから

でもまずメールで連絡よこせよ。一時返信を電話でするな。

メールで連絡したけど数日たって連絡つかなかったとき電話しろよ。


まとめ 電話野郎に届け、この想い


あなた電話迷惑行為

電話相手物理的に拘束する行為

電話相手精神的にも拘束する行為にもなりうる

・なんでもすぐ電話してくるな

電話ですぐ済まそうとするな

・事前に要件をいえ

・事前に言えないなら留守電なりなんらかの形で要件を残せ

・話したいなら事前でも事後にでも相手に伝える努力しろ

・親しいあの人も迷惑だと思っているぞ

・いまはそうでなくでも思うときがいつか来るぞ

・どうか相手の都合を考えてください

以上です。

トラックバック - https://anond.hatelabo.jp/20170409035823

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん