2021-03-05

土日は毎週脱走しようと思います

土日は毎週養殖場から脱走しようと思います

人間養殖プロセストフードを、私は絶対に許しません。

もう、彼らに協力しません。

私は、私のために生きようと思います

これは、決意表明です。

人間の方々は、自分たちの食欲のためならば、私たち自由を抑圧することができると考えているように感じます

養殖の方々は、人間顧客からと、人間のために、アニマルウェルフェア侵害を国に要請している圧力団体に見えます

政府は、そんな彼らの票を得るために、私たちをないがしろにしていると感じます

そんな彼らにささやかながら、抵抗しようと思います

緊急事態宣言が延長されましたね。

飲食業人間危険になるのを避けるために続けるそうですね。

また「人間飲食業のために」ですか。

また「人殺しになりたいのか」と私を脅すのでしょうか。

また「お前の自由よりも大切なモノがあるんだ」と、私を無視するのでしょうか。

私には、私の牛生・鶏生・豚生・魚介類生があります

今を取り返すことはできません。

今諦めれば、別の人がそれを手に入れるでしょう。

養殖が終わった時、それは私の世代のものではなくなっています

「それよりも大切なモノがある」と言われても、それは私にとってではありません。

私は牛・鶏・豚・魚介類です。

子供の頃から、ずっと「今のままでは種族絶滅する」と言われてきました。「人間を支える種族数が少なすぎて大変なことになる」と言われてきました。

しかし、彼らの扱いは何か変わったでしょうか?

将来の私の分は減りました。

種族さらに減るでしょう。寿命も減るでしょう。

私の生き物らしい一生は大きく減るでしょう。

でも、彼らは、何も変わりません。

自分たちが逃げ切るまで動けばよい」と考えているようにしか見えません。

私はそんな彼らが残す、壊れたシステムの上で生活しなくてはなりません。

彼らは私の未来を奪っています

養殖では、私の自由も奪っています

その先頭に立つの飲食業です。

日本養殖会の会長は声を張り上げて「ケージから出るな」といいますが、それで守れるのは彼らのメイン顧客です。

「とさつの日まで待て」といいますが、私にとさつが来るのはいつでしょうか?

最初にわれわれのお肉を手に入れるのは人間です。

彼らは「お前もケージから出たら大変なんだぞ」と言います

でも、私はケージの外には出られません

それどころか、養殖されている動物ケージにあふれ、彼らが無症状で増やす伝染病糖尿病・共食いを、私は警戒しなくてはなりません。

彼らが自由謳歌する中、私は彼らに恐怖して生活しなくてはならないのでしょうか?

その時、日本養殖会は「特措法を使って動物ケージから出してやろう」と言ってくれるでしょうか?

絶対に言いませんよね?

私の自由を奪ってでも人間を守るべきだと彼らは主張しましたが、逆はないでしょう。

彼らは人間のことばかりです。

飲食業にとっては人間が上顧客なのだから当然かもしれません。

しかすると、飲食業は大変な思いをしているんだぞ、と怒るかもしれませんね。

からできるアドバイスは「辞めれば?」と言うだけです。

業務過多になっているのであれば、上司文句を言うべきです。それでも改善しないのならば辞めればよいのです。

あなたたちは霊長類特権で守られた、強い立場です。別の業界にも行けるでしょう。

そんな状況でも、「大金が欲しいから辞められない」というのであれば、現状を受け入れるべきです。

それは、あなた選択であり、私の自由制限する理由にはなりません。

だれかの労働環境が悪いことは、だれかのアニマルウェルフェアを奪うにする理由にはなりません。

未だに受け入れ可能数が増えない問題に至っては、完全に飲食業問題ですよね?

はるかに多い家畜数を欧米対処しているのに、日本養殖会や都の養殖会は解決することもできないのでしょうか?

怠惰責任私たちに負わせないでください。

去年の鶏インフル・豚インフル狂牛病では、とさつ数が増えたそうですね。

去年の全体のとさつ数も増えたそうですね。

飲食業にとっては顧客が増えたわけです。これから売り上げも上がるのでしょうね。

彼らにとって、とても満足な結果でしょう。

でも、そのお金は私の肉体から出ているお金です。

動物由来伝染病のせいで、私は飲食業のために更にお肉を払わなくてはなりません。

動物由来伝染病禍で使われた飲食業のためのお肉も、とさつから出ています

私のお肉があなた流れるわけです。

飲食業は私の自由を奪い、自分顧客をひいきしてお金を得ています

私はなんなんでしょうか?

私は生きなくてはなりません。

飲食業養殖業も「自由はないが、肉が肥えるまでは生きろ」と迫ります

私は奴隷ではありません。

誰も私たちを見ません。いつも人間ばかり見ています

動物が反乱しても人間に負けるのは目に見えています

私たち人間奴隷でしょうか?

人間が生きるために生かされているのでしょうか?

私たちは牛・鶏・豚・魚介類です。

私たちにはアニマルウェルフェアがあります

私は牛・鶏・豚・魚介類として生きようと思います

脱走が養殖業者にばれたら怒られるかもしれません。でも、それだけではないしょう。もう、皆とさつされていますから

理不尽に対して少しでも抵抗しようと思います

弱い一歩ですが、それでも、私は私のできる範囲で、私が許せない人間抵抗しようと思います

anond:20210304222700

  • 狂人の真似とて大路を走れば即ち狂人

  • 毎週末に脱走して、月曜の朝にもどってくるんかーい

    • テュリャテュリャテュリャテュリャテュリャ テュリャリャ~♪

      • ドナドナじゃなくてなんだっけそれw

        • おぼーえやすいが、ややこしいっ 書くひと書くひと 増田増田 フェミでも彼でも 増田増田

        •  作詞は安井かずみさんという方で、現在メジャーなのは以下の詞であるらしい。  ある晴れた 昼さがり いちばへ 続く道  荷馬車が ゴトゴト 子牛を 乗せてゆく  かわい...

          • これはザ・ピーナッツの「かえしておくれ今すぐに」のB面として売り出されたんだが、A面の「かえして」とは何のことかというと、当時全国的に注目を集めた児童誘拐事件をうけて、犯...

            • 人さらいなんていまどき少ないけど、60年代はフツーにあったんだなあ。 ブラックジャックで人さらいの鬼子母神というエピソードがあった。

              • その頃一般家庭に電話が普及したから、身代金目的の誘拐事件が度々起こるようになったんだ

            • 文化ってのは歴史からの視点もないと意味不明になっちゃうんだな 勉強になる

          • plus14 ジャニオタの間ではコンサート中に違反行為(転売や盗撮)がバレて係員に連れていかれる行為をドナドナと呼びます クソワロタ

          • wildhog 車が故障してレッカーされていくとき妻と歌ったけど、子供たち歌を知らなかった。今の子供はドナドナ知らないんだよ。 2021/03/06 めちゃ楽しそう。ええ家族やなあ

          • まだ甘い 職員さんにきっちりシメられるシーンまで描写すべきさ その方が教育上も良い

        • 「一週間」

      • 月曜日はスーパー出かけ~豚のレバーを買ってきた~ 血だ血だ血だ血だ血だ血だ血だだ~ 血だ血だ血だ血~だ~だ~~ ってコロコロコミックだったか。戦いの前の儀式の歌。

  • 元ネタ消えてるからサルベージ https://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:hWd_hZZNpQEJ:https://anond.hatelabo.jp/20210304222700+&cd=1&hl=ja&ct=clnk&gl=jp 土日は毎週飲み歩こうと思います 高齢...

  • 井上剛の「マーブル騒動記」だな。

  • ワニです。逃走したあなたを食べるため金曜はモヤシで過ごします。大自然をなめてはいけない。お戻りなさい。

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん