2019-03-17

同性の後輩が、私のことを好きらしい

タイトルまま、アルバイト先の、同性の、多分お互いバイト先では一番仲がいい人という認識だったであろう同性の後輩が、私の事を、恋愛的な意味で、好きらしい。

らしい、というのは、これが又聞きの話であって、告白されたわけでも、それとなくアプローチされた訳でもないからだ。いや、もしかしたらアプローチはされてたのかもしれない。同性だからと、私がそれを女の子同士のスキンシップしか認識していなかっただけで。

知ったのは、昨日の夜だった。後輩と、何歳か年上の先輩とご飯を食べに行った。

まず、先輩にバイだとカミングアウトされた。別に偏見はなかったし、先輩が「一緒に暮らしてる子」という度に、薄々、彼女さんなんじゃないのかなぁなんて思っていたので、自分の観察眼と勘づきの良さに感動した。

それからしばらくして、後輩が、電話をするからと席を立った。その時だった。

ぶっちゃけ、どう思ってるん?」

「あの子あんたのことほんまに好きやで」

「無理に好きになれとは言わんけど、ちょっと考えてあげてほしい」

「これから先、しんどいことがあった時、拠り所のひとつとして考えてもいいと思う」

怒涛だった。怒涛すぎる。

でも、薄々気付いてないわけではなかった。

仲良くなって2年経った。見た目も、中身も正反対な私達が仲良しなのは、先輩と後輩という関係性だからなんだろうなって思ってた。共通趣味も、話題も、何にもなくて、強いていうなれば学校で学んでいることが少し近いしいけど、ほんとそれぐらいで。

から、なんでこの子は私とこんなに仲良くしてくれるんだろう?って何度も思ったし、その時にまさか、なんて過ぎってしまってはいやいやいや、自意識過剰か?てか女同士だしな、うんうん、なんて思ってた。

思ってたからこそ、なんか、好きにならせない方法はなかったかななんて思ってしまう。

あぁ、もう書けば書くほど申し訳ないっていうか、自分への嫌悪感がすごくなってくる。気付かないうちに、後輩の心を惑わしてしまった。答えられないのに好きにさせてしまった。自覚はないけど。だいたいほんのりでも気付いてたならなにか出来たんじゃないかな。

2ヶ月ぐらい前に元彼と別れ話をしてて、その話を後輩にしている時に、「なんでこの子男の子じゃないんだろう」って思ってた。男の子だったら付き合ってたな~~なんて。もうその時点で答えは出てる。私は彼女の事を、恋愛的な意味で愛せない。女の子同士のスキンシップとして、手を繋いだり、ハグしたりはできても、チューしたり、セックスしたりなんて出来ない。性的欲求があることが=好きには繋がらないけれど、性的欲求がないこと=好きじゃないには繋がるんだなぁって思った。私は女で、恋愛対象は男だ。

もう私の中で答えは出てるし、後輩が行動に移した時の対応だって考えた。

LINE自分から用事がない限りやめようと思った。遊びに行く予定もあるけど、必要以上の接触は避けようと思った。

それに、幸か不幸か、私は春から就職地元を出る。そうなると後輩とは物理的な距離が出来る。出来れば、それで、私への恋心が自然に冷めてくれないかな、なんて、思ってしまう。それか、私が彼氏を作れば諦めてくれるだろうか。

あぁ~~~~もうなんか、頭が未だに混乱してて、情緒不安定すぎる。

後輩は、同性である私のことを恋愛的な好きだと言えるらしい。

でも私は、めちゃくちゃ大好きで、これから一生仲良くしていけるな!って思っていた後輩のことは、同性というそれだけで恋愛的にすきだと言えない。たった性別が同じだけなのに。なんか、すごい、自分が、なに?あさましい?いやしい?言葉が見つからないけど、なんか無理。

恋愛ってほんとに人間関係を壊してしまうんだなって思ってしまった。私は後輩と今まで通りに仲良く出来なくなる覚悟を決めなきゃ行けない。辛い。辛いけど私は男が好きで、変えられない事実。ごめんな。

好きになってくれてありがとうなんて思えない。なんで好きになったの?私はこのままずっと、めちゃくちゃ仲良しな先輩後輩の2人でいたかったよ。ごめんなさい。

こんな最低な人間だと知っていれば、後輩は私のことを好きにならなかったかな。もうわかんないよ。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん