2013-07-04

一生独りでいると決めて一番良かったこと

それは「もうこれで『あんな女じゃ彼氏(夫/子供)が可哀想』という他人の目線におびえなくても済む」という安堵を得られたことだ。

今も昔も「屑女」「価値がない」「ブス」「ババア」「低学歴」「底辺」「馬鹿」と自分自身を嘲られることは別段辛くなかった。その通りの人間からだ。劣っていると他人に馬鹿にされても、劣っていない人間になろうと努力しようとすら思わない無能怠惰人間からだ。

だがこの嘲笑が親しい人を哀れまれる形となると自分の心は酷く傷ついた。よくよく考えれば自分を罵ってくる嫌な相手にいくら見下されようと大したダメージはない。しかし好きな相手から同様に自身の無能失望されるとなると話は別だ。そうした親しい人に軽蔑され、見捨てられてしまうのは考えるだけでもつらいことだった。


結婚を前提に」と言う名目で異性と付き合っていた頃、劣った己と交際相手のスペックを引き比べて、悪い想像をひどく頻繁にした。

「あんな女じゃ彼氏旦那さん/子供)が可哀想、別れてあげたらいいのに」と相手の知人が哀れみ、「あんな彼女で可哀想、私ならもっと幸せにしてあげられるのに」と優秀で魅力的な女が彼を誘惑し、「こんな妻と結婚しなきゃ良かった、もっとマシな相手だったら幸せだったのに」と夫が後悔し、「こんな母親から産まれてきたくなかった、もっと良い親から産まれたら幸せになれたのに」と子供が嘆くさまを思い浮かべては絶望的な気分に苛まれた。

自分が相手と並び立つ能力を持った優秀な人間であるか、相手が自分と同等の駄目な男であれば杞憂で片付けられたのだろう。

しかし残念ながら交際相手は名の知れた企業に勤める優秀な人間だった。相手の職場の同僚は同じような高い学歴を持ち、子供が出来れば産休育休をとって当たり前のように職場復帰し、家庭と仕事の二足のわらじを履いて活躍できる優秀な女性ばかりだった。相手の学生時代友達も、相手のご両親も、みんな自分と違って優秀だった。

何年も前に劣等感を訴えた際、「なら俺みたいに優秀な男と付き合えてる自分価値に誇りを持ったらいい」と言われた。

同じくらい前に自分のどこが好きかと尋ねた時に「仕事を持って自立しているところ」と言われた。「そういう自己実現のできている女性が好きなので、結婚して子供を作っても働き続けてほしい」というのが相手の希望だった。残念ながら低学歴零細勤務の自分は子を作れば仕事を辞めざるを得ず、正社員への再就職は確実に不可能だった。

子供を作らなければ相手の最低限の希望に添えず、子供を作れば「仕事を持って自立している」という唯一の取り柄が失われる。いずれを選ぶにせよ自分の悪い妄想現実になることは目に見えていた。


『同期の女はみんな仕事家事子育てもきちんとやってるのにお前の嫁はパートか。ハズレの寄生虫引いたな』

子供も作ってくれない奥さんなんて結婚した意味がないじゃない。旦那さん可哀想』

どちらも能動的に選べず将来に怯えたままずるずると交際を引き延ばした末、結局大きな喧嘩きっかけに自分から別れを選んだ。相手も嫉妬深さばかり一人前でろくな長所もない糞女に愛想を尽かしていたのか大した諍いも起きなかった。

もっと優秀で結婚に前向きでまともな女と付き合っていれば、相手は今頃子供の一人二人作って幸せな家庭を築いていたのではないかという罪悪感もわずかにある。あえて「わずかに」と書かざるを得ないのは自分の僻みだ。多分今頃はとっくに別の女とよろしくやっているのだろうから


この30代半ばの高齢で怠け者でみすぼらしい低学歴収入無能なブスは、この先望もうが望むまいが死ぬまで独りだろう。

客観的に見ればこれほど惨めで不幸な女もないのかもしれないが、「独りの人間は誰にも見捨てられることはないし裏切られることもない」という気付きを得られたことで、自分は初めて産まれてきて良かった、生きていて幸せだと思えた。

会社が潰れて二度と正社員になれなくても、貯金がどんどん減って生活に困っても、最悪体を壊して倒れたって独りなら何の心配もいらない。どうにか生きて行けるだろう、生きて行けなくてもそれはそれだと今は前向きに考えられる。以前ならば「倒産や重病で今の仕事を失ったら終わりだ、捨てられる、そうなったら死ぬしかない」と本気で思っていたところだ。

恐らく自分精神科医者に見せたら生育環境トラウマがどうこうで認知の歪みがあれそれで、ナントカ人格障害で、という診断や分析のもとに矯正を施される案件なのだろう。しかるべき治療を経て健常者に生まれ変わり、結婚をして子供を作るのが本来人間としての正しいあり方なのかもしれない。

それでもこの異常な自分のまま、一生独りでいることを決めて本当に良かったと思っている。

  • 釣りだろうと思いながらも共感してる俺乙

  • 「一番良かったこと」が書かれてないよ。 同じような境遇だから期待して読んだのだけど。 まあ希望なんてないよな。増田で希望を拾おうとしていた自分がバカだった。

    • 「もうこれで『あんな女じゃ彼氏(夫/子供)が可哀想』という他人の目線におびえなくても済む」という安堵を得られた 自分としてはこれが「一番良かった事」だったんですが、あ...

      • あ、すみません! 一番はじめに書いてあったね! すみません。 その後に続く話に引き込まれすぎて、見過ごしてしまった。

  • これすげえわかる。 俺も「なんであんないい子がこんな男と・・・」みたいなのが嫌で嫌で、 たとえそれが俺の妄想であったとしても、耐えられなくて逃げ出した。 彼女と別れて独り...

  • 自己評価が異常に低いだけで実はスペックが高く…いや高かったんだろうな 低い自己評価で才能を磨かずに腐っちゃったタイプ あなたの自己評価にぴったし当てはまる程度には低性能の...

  • おい、みんななんか勘違いしてるぞ。 相手の評価が高いのはこの女から見て、だけだ。 実際、周りからはお似合いな程度だと思われてたかもしれない。 そもそも、それなりに優秀で良...

  • このひとは、人との話し合いがちゃんとできているんだろうか。 話し合いってさ、相手の言い分をちゃんと聞いて、 自分の主張をちゃんとわかりやすく説明して、ふたりで折り合いをつ...

    • あー、あと、なんとか性バーソナリティ障害は、命にかかわるような危険な状態じゃないと、治療は必要ないよ。 自分で社会に揉まれて治していくのが普通。加齢でだいたい治る。

      • 治らねえよ馬鹿 社会性や人生経験を積むことで目に見える問題行動が消えるだけで 病状としては一生モノ 生来の病的な正確だから治るとか治らないとかそういうもんじゃない

    • 全て元増田のプライドの問題なんだから、話し合いで解決するわけないだろ。ちゃんと読んでるのか?

  • ブコメで努力して変えろとか言ってる奴は現実が見えてないよなw そんなこと言う奴いるの?←ニートかよwww

  • 交渉能力や妥協能力というものが一切なんだなと思って、文章を読んで難しい気持ちになった。

  • ブコメにもかいだが増田が一番敵視してるのは自分でしょう。 そして日頃自分より劣ってると感じる人に、まちがいなく容赦ない侮蔑を感じているはずだ。 まずそれをやめることからだ...

  • これって要は一人だと自分のことだけ考えてればいいから一番ラクだとようやく気づいたってだけで、至極当たり前のこと。 強がりとか見栄抜きで、独身を意識的に選択してる人間は当...

  • んー、なんとか性人格障害でもなければ治療(矯正と書かれてるが)案件でもないな。 単なる「自己評価低すぎ&自己愛強すぎな人」。それだけ。    ここで「自分病んでるんだろな...

  • 「あきらめる」という言葉が嫌いなら、「開き直ったときに、人生が開けていく」でもよいと思います。

  • 元増田の元彼氏です。 ってそう思えるくらいに、同じ状況で、同じことを元彼女は言っていて、同じことを俺は元彼女に言ったよ。 なんか思い出してきたから、元増田と元彼女は違う...

    • 自分の結婚相手に求めたことは、仕事ができる優秀な女性ではなく、元彼女のような安らぎをくれる人だったんだよ。 そもそも、仕事ができる優秀な女性と、元彼女が立っていたフ...

    • つーか、単に自分に魅力がなくて逃げられただけなのを美談にすんなよ。 相手がお前のこと本気で上に見てたなら、んなことしないわ。 単にお前と居ると上手くいかないわーっての...

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん