2021-03-04

15年くらい前にいたとある大手企業すみっこの人たち

15年くらい前、5年ほど大手企業に勤めていた。

大手といってもその業種がニッチ過ぎて競合相手がいなかったからだし、私も含め末端の人たちはみんな非正規だったのだけれど。

私のいた部署は出社して、管理職からとある書類を貰ったら各自振り分けられた複数会社に行き、持ってきた書類にハンコ押してもらったり訂正して頂いて、回り終わったら帰社して明日書類の準備をするという、営業事務半々みたいな業務をしていた。

そんな業務微妙さや仕事してる姿を誰にも見られないからか、普通と呼ぶにはちょっと「?」がつく人が多かった。

覚えてる限りを挙げてみると

借金で首が回らず家賃も滞納しているため家に余り帰れず野宿しがちで、携帯家電もないか消費者金融会社電話や直接回収しにくる40代独身

給料は酒と競馬に消える。

・寡黙過ぎて10年勤務しているけれど、最寄りの駅と年齢以外のことを誰も知らない30代後半の男性

モーニング娘。が好き過ぎて関東圏に来る時は大体のコンサートに行き、次の日には体調不良で当日欠勤をするが、皆それが酷い二日酔いなのが暗黙の了解から、昨日はモー娘コンサートがあったという無駄指標になる人。

・「私、夫が誰にも知られちゃいけない秘密を一つ握ってて、それがある限り自分自由に生きられるの」と言っていて、周囲は「一体どんなことを」と思っているが気が強いので誰も言い出せない姐御肌の30代女性

機械オンチの同僚のPC端末の壁紙を突如νガンダムに変えたり、黙って無表情に仕事をしていた私に、飲み会で私に「あなた何人目?ねえ何人目?」と泥酔しながら聞くガチオタ既婚男性

ゲイでオネェなことを全く隠さないで話すのは構わないとして、片想いの同僚が他部署女性婚約したのを知り、心痛の余り会社無断欠勤を数日間して、心身を心配して手土産を持って課長が自宅に訪ねた男性

・その課長には愛人が3人いて、さらに奥様との夫婦生活も月1である忘年会暴露し、姐御さんに

「50代でそれってお盛ん過ぎませんか?!」

と詰め寄られていた。

他にも様々おりましたが、代表的な人はこんな感じでした。入社して1ヶ月くらいの時、若手の正規社員

「この部署は濃いタイプの人が多いけど、大丈夫?」

心配されたりもしたけれど、私は元気でした。

結婚を機に引っ越すので退職したけど、社会すみっこ微妙に生きづらい人には凄く快適だからあんなだったのかもな、と今でも思ってる。

  • セクハラっぽいのがちらほらあるのは微妙だけど日本人はこんぐらい雑に働いてもいいと思う

    • でもその雑さで自分が割を食うと途端に大騒ぎしちゃうの

  • 身バレない程度にざっくりでいいので業種教えてほしいです!

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん