2013-10-18

僕の社会人生活ウンコとオナラによって破綻をむかえつつある

誰か助けてくれ。

僕は今の会社に入って3年ぐらい頑張ったのだが、つい数ヶ月前に大きな構造改革的なものがあり、それ以降色々あった結果、体がおかしくなってしまった。

それもこれもウンコとオナラの糞野郎どものせいだ。

精神的に鬱々とした感じというわけでは無いのだが、会社に行くたびに腹痛とともに大いなる便意が働くようになってしまった。

それもバリエーション多彩だ。軟便になったと思ったら急に便秘気味になったり、その逆もある。

また、腹部にガスをため、「ウンコちゃうよ!やばいよ!」と僕を焦らせた挙げ句、「残念、ただのオナラでした-!!」というフェイント(以後、フェイントウンコ)まで見せ始めた。技のデパートだ。

最初こそ肛門科的な病院に行って、薬貰って飲んで快調にはなったものの、だんだんと薬が効かなくなってきた。

薬はだんだんと強くなっていったが、それでもウンコとオナラは便意を伝え続けた。

最終的には会社にいる時間の半分を、トイレの個室の中で過ごすこととなる。そして上司に呼ばれた。

精神的に追い詰められているのだろう。1ヶ月ぐらい休んだ方がいいのではないか?」

つまるところ、「会社に対する不満を大便が代弁しているのではないか?」と疑っているようであった。

便秘気味で確かに色々とつまってはいるが、と嫌々ながらも上司随伴で精神科に行くことになった。

医者からの通告。1ヶ月休め。「はい、分かりました。」と僕は仕方無く頷いた。9月の真ん中頃の話だ。

最初の一週間ほどは「会社に行きたい……!具体的に言うと会社の机の上、めちゃくちゃ汚いからせめて片付けてから休みたい……!」というワーカーホリックさを見せた僕であったが、なんか怒られそうな感じなので行かないことにした。

その代わり、心を休まなければならないのだろうと考え、己の本能に従い野生のオタクと化した。

どこかの店に行くたびに2・3千円は飛んでいくぐらいに物欲が開花した。

個人的に休職前も心は元気はつらつのつもりであったが、実際にはそうではなかったらしく、休んでいる間に心の方は無駄ポジティブになった。

休職はじまり1日・2日もすればウンコ・オナラともどもなりを潜め、「休んでいる間に体を鍛え、また1日の間に何らかの作業をこなすという感覚は保っていなければならないだろう」という考えを元に、一日1時間エアロバイクと1日1回何らかの楽しげな文章を書くことを始めた。

そうしているうちに1ヶ月が過ぎた。

今週の火曜から復職ということで、先週病院に行き診断書を貰った。

病院の帰りにどこか良さげな場所上司と落ち合う話になった。

僕はこれまで送ってきた生活を話し、上司休職中の職場がどのような状況かを話し、そして今後について話し合った。

「当面は体調の様子を見て、1日起きに出勤するか毎日出勤するか決めよう。ただし最初の内はリハビリ出勤として午前のみ出勤だ。そして徐々に増やしていこう。」

ご飯を二人で食べながら、そういう話でまとめたのであった。

そして火曜日がやってきた。

前日から異様に喉が乾くようになった僕は、間違いなく緊張していた。

それもそうだ。1ヶ月ずっと会社を休んでいたのだから仕事の引き継ぎはしたとは言え、色々な人に申し訳なさも感じる。

それに、ここでつまずくと社会復帰は無理なのでは無いか、とまで考えていた。

そして肝心の火曜。まず職場ボスに呼び出され軽く話(お礼やらお詫びやら)をし、そして上司と対面しこれからどのような感じで復帰していくかを改めて話しあった。

想像以上に詰めまくりスケジュールを提示されたが、こちらとしては社会復帰がしたくて仕方が無いので望むところだった。

いくら野生のオタクとなったとしてもその物欲には限りがあるのだ。家での生活などもう飽き飽きしていた。

さて仕事を始めよう。先輩の仕事を引き継ぎするため様々なことを教えて貰っている間に奴らはやってきた。

そう、ウンコとオナラだ。

何とか頑張り、就業中の1回、帰り際タイムカードを押した後の1回、の合計2回だけでなんとかすんだ。

「きっと色々緊張をしていたから便意が出ただけで、次の日出勤したら大丈夫だと思いますよ」

なんて言いながら、僕は初日を乗り越えた。

問題は2日目であった。

まず起床してから会社を出る1時間の間に5回トイレに行った。最初の1回を除いてはフェイントウンコであった。

こいつはまずいかもしれない。眠れる獅子ならぬ、眠れるウンコとオナラを起こしてしまった感がある。起きるのは毎日1回でいてほしかった。

不安は的中した。出勤して30分後ぐらいにフェイントウンコが発動した。

オナラは立ち上がりこそ弱いものの、一度フェイントウンコが発動させるともう止まらない。結局、就業中3回、帰り際1回の合計4回トイレに行かざるを得なくなった。

僕は己のウンコとオナラに負けたのだ。

しかし、「この敗北の原因を探れば勝てる戦いだ」と僕は思った。非常に前向きに「明日休みます」と上司に伝えた。戦術的撤退である

休んでいる間に症状が出れば、今日ウンコとオナラに関しては精神科よりは肛門科的なところが管轄だと思われる。

そこ辺りの問題を切り分けをしてみたい、と僕は上司に切り出し了承された。

そして3日目は休みになった。

「午前中は俺の時間だ」と言うかの如く、ウンコ&オナラタッグのフェイントウンコラッシュが続いたが、それもやがて午後になるにつれ収まっていった。

微妙だ。切り分けし辛い。

一応症状は出たので肛門科的な病院に行くべきであるとは思われるが、症状が午後におさまってしまったため、「ウンコとオナラは僕が会社に出社していると勘違いして暴れ回ったのではないか」と言われても否定できないのだ。

僕がウンコとオナラに何をしたというのだ。そんな嫌がらせを受ける筋合いがどこにある。僕は悲嘆に暮れた。

そして4日目である

上司に朝一番から呼び出された。「もう1ヶ月休んだ方がいいのではないか。」と言われた。

僕の体調はウンコとオナラがラッシュを仕掛けてくる様子も見せず、非常に快調だった。

相変わらず喉は異様に乾くが、ウンコとオナラと比べれば問題は微々たるものだ。

「あと一週程度、様子を見ることは出来ないだろうか」と提案しようともしたが、「これは業務命令。」と言われてしまい何も言えなくなった。

ウンコとオナラがあざ笑う声が聞こえるようだ。

細かく話を聞いていくと、僕がトイレに行くたびに上司職場ボスから圧力をかけられていることがうかがわれた。

「僕がトイレに行くと上司が叱られる」という「風が吹けば桶屋が儲かるレベルの自体が発生してしまった

仕事がしたい。闘志は間違いなくある。だが、ウンコとオナラが「NO!」と言う。お前ら脳じゃないだろう。NOだなんて言われる筋合いは無いよ。

誰か助けてくれ。

僕がウンコとオナラに何をしたと言うんだ。

敵に回すような行為なんてしていないのに、何故彼らは僕をここまで絶望の淵にまで追い込むのだ。

誰か教えてくれ。ウンコとオナラとどうすれば仲の良い関係を築いているのかを。

ウンコを司る神様を祭っている神社があったら教えてほしいぐらいだ。賽銭箱に全財産つっこんでやる。

僕の社会人生活は、ウンコとオナラによって破綻をむかえつつある。

これからどうなっていくかは、まさに神のみぞ知る、と言ったところだ。

あ、「かみ」にかけてトイレットペーパーと仲良くなればウンコには勝てるんじゃね。

トイレットペーパーとの友好関係の築き方についてもどなたかご指導ご鞭撻お願いいたします。

  • http://anond.hatelabo.jp/20131018194051

    完全に精神的な物だと思うよ。俺も近い感じになったことある。 自律神経がおかしいと起こるらしい。 いちど精神科にかかってみると良いよ。

  • http://anond.hatelabo.jp/20131018194051

    フェイント攻撃にビビッていちいち便所にいくのは奴らの思うツボだ。 ここは勇気をだして机に座ったままオナラしてしまえばいい。 例えその結果がウンコだったとしても、それを乗り...

  • http://anond.hatelabo.jp/20131018194051

    病院に行ったのならとっくに医者から聞いてると思うけど 過敏性腸症候群だろ?

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん