2019-01-03

こういうドラマがみたい

主人公は真面目が取り柄の50歳ぐらいのシングルファーザー。娘が大学受験を控える中、勤めてた会社倒産して途方に暮れていたところにたまたま高収入求人発見

なんの仕事かよく分からないまま面接に行くと着いたのは風俗街の雑居ビルVR風俗風俗募集求人だったのだ。どうせ客はずっとゴーグルヘッドホンを付けたままだからオナホで手コキしてる分にはバレないという理由で即採用

真面目でひとつのことを突き詰める性分ゆえ、VR流れる映像研究し尽くし、映像と完全にシンクロしたサービスでたちまち人気No.1になった。おっさん仕事と亡き妻、愛する娘に対する直向きな姿勢は、家族との確執を抱えていた女子大生の嬢、夫との不和を抱えていた人妻の嬢、どんな仕事にもやりがいを感じられずにいたOLの嬢にも伝わり、それぞれが抱えていた問題解決(解決にそれぞれ1話割く)、仕事にやる気を出すようになり店も大人気店に。

おっさんサービス雑誌にも紹介され、素顔が謎の風俗嬢としてますます人気者に。その人気は高校生の間でも噂になり、とうとう娘のクラスメイト男子高校生(おっさんと面識あり)が来店してしまう。

ゴーグルのせいでクラスメイトだと気づかずいつものサービス提供するおっさん。こんなサービスができる女の子はさぞかしかわいいに違いないと隙をついてゴーグルを外してしま高校生おっさんを見て高校生は着の身着のまま逃げ帰り、翌日学校で周りに言いふらし、娘は学校中の笑い者に。

帰宅後、そんな仕事をさせてまで大学なんて行きたくない父親を責める娘。しかし、高卒おっさんにとって娘が大学に行ってくれることが夢であり亡き妻との約束だったこと、そして職業に貴賤はなく今の仕事に誇りを持っていることを懸命に説く。

そこに、おっさんが出勤してこないことを心配した店長が家までやってきた。状況を把握した店長は、おっさん仕事に対するプロ意識、また、娘のことをどれだけ大切に思っているかおっさんのおかげで自分を含めた周りの人達いかに変わったかを話す。

おっさんはい社会必要とされてる立派な社会人だということに気づいた娘はやっぱり大学に進学することをおっさんに伝える。

正体がバレてしまったおっさんはもう嬢としては働けなくなったが、充実した嬢の教育マニュアル作成店長とともに店舗拡大、風俗業界でそこそこの成功をおさめ、そこに大学マネジメントを専攻した娘が加わって従業員にも優しい風俗店として時代を築いていくドラマ

  • anond:20190103104753

    NHKの「プロフェッショナル」、もうまともな職業はいらない。 「エロフェッショナル」にして、風俗嬢とかAV男優とかやってほしい。

  • anond:20190103104753

    そういう風俗は実際に女性に手コキされているという情報を興奮材料として売り買いしてるんだから USB連動オナホでもおっさんでも成立しないだろ

  • anond:20190103104753

    『新宿ラッキーホール』

  • anond:20190103104753

    娘のその感想はあり得ない 性的弱者から搾取するのはリア充の喜びだからだ

  • anond:20190103104753

    冒頭だけ斜め読みして、おっさんずラブみたいなもんか、じゃ娘はじつは腐女子で、父親と男性客の絡みを想像して萌えるのか などと横道な想像をしてしまったら全然そういうオチでは...

  • anond:20190103104753

    これではドラマになっていない。なぜなら、一番ドラマチックな父と娘の相互理解がクライマックスであるべきなのに、その場面が第三者の投入で安易に済まされているからだ。 この題...

    • anond:20190103222912

      そういう脚本のテクニックってどこで学べるんですか

      • anond:20190103223406

        カメラを止めろ

      • anond:20190103223406

        概要を知りたいのなら映画用だけどハリウッドの三幕構成などで検索するといいのでは? 日本と違って合理的だし、それに伴った説明もたくさんあるから

  • anond:20190103104753

    おっさんの手コキだったらすぐに男だってバレるわ

  • anond:20190103104753

    ブスっ娘倶楽部の者ですが

  • anond:20190103104753

    ブスっ娘倶楽部の者ですが

  • anond:20190103104753

    娘がNo.1になるのか

  • anond:20190103104753

    やわらかい手と言う映画が既にある

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん