2016-10-16

[]

今回は裏サンデー

グッド・ナイトワールド 39話

やり取りのズレ具合がいいね

シリアスなのに、そうさせる気がないって按配。

特にヅラ卑怯だ。

ノリといい、そんな雰囲気じゃないだろうに、完全に不意打ちだった。

不覚にもやられた身としては評価せざるを得ないが、客観的にみるなら雰囲気を一貫するべき場面だったよなあとは思う。

気持ちの持っていき方に困る。

ましてやラストあんな展開を持ってくるなら尚更。

家族スクランブル 3話

今回、テーマといい分かりやすくてよかったね。

なまじっかキリのいいオチにしていないのはエピソード単品としてはカタルシスが薄いが、テーマを踏まえると教訓めいていてこれでいいんじゃないかな。

他者を許容できないような人間が、自分分身と対面したときその分身人格を許容できるのか、っていう着眼点面白い

できれば、それを最後の語りで説明するのではなく、ストーリー構成表現しきることができればよかったが。

市場クロガネは稼ぎたい 94時限目(最終話)

まあ、エピローグみたいなものから、今回の本編に対してさして語ることはない。

描写することは纏める範疇になりやすいからな。

総括。

紡がれる理屈の是非というものは、作中でも語られたように側面的な話であって、是非はとやかく語らない。

空想舞台を用意してフィクションという逃げ道を残しつつも、それでも「稼ぐ」というテーマに対して真摯に描き続けた作品かと。

ヘビのたまご 12

デュランも中々に青くさい人間で、「ヘビのたまご」ってのはこいつのことも指していたのか。

当事者に許されたくないってのは、自分自身が許せないってことの裏返しってことね。

それに対してのむまにの回答はシンプルだが、本質的ではある。

それにしても、12話という区切りもあってか、今回はいわば第一部完くらいのノリだったな。

サツリクルート 43話

筆記テストの内容はアンケートのような簡素もの

普通学力テストのようなことはせずとも、この会社面接にくる時点でそういう部分での能力が高いことは分かりきっているので、見るべきは別の所っていう理屈なのは分かる。

しかし、それは分かっても筆記テスト問題文の意図は分からないまま。

カンニングしている奴を過激制裁したのは、まあタブーってことなのだろうけれども、テストの正解は何なのだろうか。

正直、いくらでもモノは言いような感じにできそうだが、できれば納得のいく「これがベストだ」と思えるような解答を期待したい所。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん