2015-07-14

粒度大きいタスク対処が上手くいかない

今更ながら ToDo リストに入ってる粒度の大きいタスク対処法が上手くない。「ネット銀行から支払い」みたいなタスク比較的さっさとできるのだが、「○○の記事執筆する」みたいなのは全然進まない。こういう時の対処法として、実行可能なレベルにまで分解する、みたいなことがよく書かれているけど、実際には思考停止してしまって全く進まない。そして締切が近くなってヤバくなって力ずく対処する、みたいな状況に陥る。

自分場合粒度の大きいタスクを分解するには、それに向きあう勇気とか、湧きたつモチベーションみたいのとか、あるいは締切が迫ってくる恐怖とか、いずれにしても何らかの強い感情を要することが多い。天才的・圧倒的な能力があれば余裕だろうと思われるタスクも多いのだが、残念ながらそんな才能には恵まれていない。しか給料もらってる仕事だったりしたら、やる以外の選択肢はない。

全てのタスク淡々とこなしていく能力はどうすれば身につくのか。他人に教え諭すように自身に問いかける、みたいな方法はどうかと助言されたこともあるが、これも自分の事となると全くそんな気持ちにはなれない。ピアメンタリング (peer mentoring / 同じくらいの地位能力をもっており状況を理解できる人と相談しあう) みたいな方法有効なのだろうが、珠にであれば相談にも乗ってくれる時もあるけど、みんなそんなに暇ではない (自分が頼まれても難しい)。なのでこの方法も日々のメンテナンスとしてはイマイチ効果的ではない。

プログラマーライター研究者なんかには自分と同じような状況の人けっこういるんじゃないかと思うのだけど、みんないったいどう凌いでいるんだろう。コツ、あるいは克服できた人の体験談などあれば教えてほしいです。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん