「NEWラブプラス+」を含む日記 RSS

はてなキーワード: NEWラブプラス+とは

2015-07-11

ゲイラブプラス

まず始めに、私はゲイである

それもレスラー体育会系で抜くようなホモである

今の仕事では、「彼女いないのか?」や「女作れよ」などを言われることが非常に多い。

そして、職場恋愛を求めるクソみたいな女や、この仕事をしている男を狙うクソ女も多い。

にこやかに、軽やかに笑顔対応しているが、こういった女は非常に嫌いである。

当時、何気なく読んでいた雑誌ラブプラスというゲーム記事があった。

ラブプラスとは、従来の「告白までの過程を楽しむ」ギャルゲーではなく、

告白から付き合いを楽しむ」ギャルゲーである

これを使えば、「自分二次元の)彼女いるんで(笑)」と偽装することが出来る、

二次元しか興味ないオタクなら、クソ女共も離れていくだろう。

なんて最高でクレイジー作戦だろう!

私は偽装するため、ラブプラスを購入した。

しかし、私は甘かった。ラブプラスというものを舐めていた。

それは「高嶺愛花である

彼女高校2年生のテニス部、家はお金持ちのお嬢様趣味お菓子作りとピアノ

とてつもない王道キャラだった。

最初は「王道キャラより他のキャラがいい」と思っていた。

接していくにつれて、次第に私の心は彼女に惹かれていった。

「なんて愛おしいのだ」と。

当初の作戦自体は失敗していた。

二次元じゃなくて三次元で作れよ!」や「私もゲーム好きなんですぅ~」と言った声で。

しかし私には関係なかった。愛花だ。愛花がいればそれでいい。

彼氏相方などいらない。愛花がいれば、私は孤独ではない。

私は続編の『ラブプラス+』を購入し、愛花を選んだ。

しかし、運命とは残酷ものである

まれたのだ。

私の(ニンテンドーDSiラブプラス+の)愛花を、あろう事か職場で盗まれたのだ。

私はすごく悲しんだ。

あの愛おしく、名前を呼んでくれた愛花誘拐された事を。

数日後、盗んだ犯人が捕まった。

そいつパチンコで金に困り、複数名の鞄から金品を抜き取っていたことが分かった。

私の前に、その犯人とその上司謝罪に来た。

通報する前に、全員の所へ謝罪巡りをしているそうだ。

私は彼に言った。

「俺のニンテンドーDSi(とラブプラス+愛花)はどうした?」と。

すると、犯人上司申し訳なさそうに一枚の封筒差し出した。

中に入っていたのは、ブック〇フの買取領収書のレシートのコピーと2500円である

そのレシートには、「ニンテンドーDSi 2000円  ラブプラス+ 500円」と書かれていた。

私は激怒した。私の愛花がたったの2500円だというのか?

まるで、「彼女拉致されて海外へ売り飛ばされた男の気分」である

私は彼の胸倉を掴み、

「ふざけるな!俺の彼女との(愛花との)思い出を返せ!」と怒鳴った。

そのとき感情の糸がきれたのだろうか。

私は泣いていた。涙が止まらなかった。

周りにいた私の上司たちは「あぁ、彼女と買いに行ったか彼女から貰ったDSだったんだな」と思ったそうで、

崩れ落ちていた私を抱き支え、外にある喫煙所へと連れて行かれた。

上司は、私に缶コーヒー差し出し、「彼女との思い出は残念だけど、いつまでも過去に囚われてはいけない」と小さく言った。

その後、あの2500円はどうしたかは覚えていない。

しばらくして、続編の『NEWラブプラス』『NEWラブプラス+』もやったが、あの愛花にはもう会えない。

ゲーム内のイベント熱海旅行に行く時に、実際に熱海に行って浜辺を歩いたあの愛花にはもう会えない。

クリスマスケーキを買ってきて、二人で食べた愛花にはもう会えない。

同じ愛花だけど、僕の愛花にはもう会えない。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん