2021-06-06

男子高校生だけど専業主夫になりたい

高1で、全日制の普通科テニス部

勉強は不得意。結構勉強しているつもりだけど、成績は中ぐらい。本当はもう一ランク上の高校を志望していたけど、最後まで模試の判定が悪くて諦めた。

家族は、母と社会人の兄、大学院生の姉(父は死別)。

将来社会で働くことに興味が持てない。やりたい仕事も見つからない。

ただ、小さい時からよく手伝いをしていたので料理掃除は得意。今は家族の夕食と弁当作りを任されていて、とてもやり甲斐を感じている。週末も部活がないときは、家の掃除洗濯をしていることが多い。自分にとって掃除ストレス解消を兼ねた趣味だ。

家で家事をすることが自分に向いていると思う。

将来スーツを着て働く自分想像できないし、そうなりたいとも思えないが、こうやって家族のために家事をし続けられたらいいなと思う。それが一番できるのは、専業主夫しかないと思う。

 

子どもが好きなので、専業主夫として子供育児に全力で取り組むことにも魅力を感じる。いくら男の育休拡大といっても専業主夫ほどに子供と関わるのは無理だろう。自分物心ついた時には父が亡くなっていて、母は仕事で忙しく小さい頃はいつも寂しかった覚えがある。だから子どもが小さいうちは特に絶対寂しい思いをさせたくない。

 

から専業主夫になりたい。

 

男女の生き方多様化している時代だし、自分のように働くことより家のことを切り盛りすることに興味をもつ男子高校生がいてもいいはずだ。

ただ問題は、専業主夫へになるにはどうすればいいかいまいちからないことだ。

学校では、男も女も働くことが前提で進路を考えさせられるし、専業主夫志望だというのはなかなか言い出しづらい。

参考にできるような男性も周囲にいない。

家族には既に話してある。

夫を死別している母は「一馬力は大変なのよ」とあまりいい顔はしてくれない。しかし「専業主夫になれなかったとしても生きていけるように手に職をつけなさい」とは言ってくれている。

既婚者の友人の多い姉は、「兼業主婦志望で看護師薬剤師資格を持っておいた方があとあといいらしいよ」と言う。

ただ、看護師女性の多い職場自分には向いていない気がする(小学生の頃、こども合掌クラブ女子ばかりであまり馴染めなかった思い出がある)。それに、看護師という仕事に興味を持てない。人命にもろに関わるだから、興味がなければきついだろう。

薬剤師の方は、まだどういう仕事かきちんと調べられていないけれど、自分の成績で薬学部に行けるかが不安だ。

兄は「専業主夫には向いてると思うけど、結婚相手が見つかるかが問題だよな」と言っている。出会いがある高校生か大学生のうちに恋愛をすべきだぞうだ。たしかに、大黒柱になれそうな女性大卒だろうし、大学には行くべきだと思う。

 

専業主夫になった人、専業主夫結婚したという人、それから専業主婦専業主夫になりたい人は何学部に行くのがいいのか詳しい人がいたら教えてほしい。

 

 

  • 今から全力で投資を勉強して、スーツを着なくても1000万稼げるようになればいい 投資で勝てるなら100万の元手だけは労働で稼ぐ それだけ稼げりゃ定職無くても女は股を開く

  • 今時、はなから「専業主婦・主夫」志望なんてのはありえないので、 (40、50になって、用済みのおっさんを扶養する義務がどこにあるのだろうか) 「在宅でできて余裕がある仕事」に...

    • 在宅と言っても大抵は育児しながら仕事なんか出来ないし、在宅だと保育園優先順位も下がる 「労働時間が短く負担も少なくて育児と両立しやすく、(政治的に)男の育児参加を推奨し...

  • ちゃんとした実績のある経済学部か、看護学科? 女医が一番出会いやすいと思う、専門の出会いパーティとかあるし その次が金融系じゃない? 金融は男女関係なく、頭がよい人ならか...

  • ネタにマジレスすると、ホストクラブのホストになって、専業主夫させてくれる女を探せ

  • こういう男性は昔からいて、兄や姉の子供を世話することになる。 自分の子供を持つことはない。

  • 私なら経済、商学部あたりに行って、簿記やFPや、頭が許すなら税理士・会計士の資格を取れるようにしておくかなあ。万が一一人になったときにできる仕事があるってすごく大事だから...

  • 親孝行がしたいのなら、国立大学を受けなさい。 奨学金も出してくれる。 私立大学は、実家が太くない限りお勧めしない。もしも太ければ、行ってもよい。

  • 甘えんな。 家事が好きならホームヘルパーとして働け。 介護士もいい。 エアコンクリーニングとか水回りの掃除とか現業系なら儲けることも可能。 働く=スーツと思ってるのが昭和染...

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん