2020-12-18

無限に広がる建造物が出てくる話が読みたい

バベル図書館

アルゼンチンの有名作家ボルヘスさんの短編

この世に存在しうる全ての本が収められた、無限(?)に広がる図書館世界舞台舞台つっても特になにが起きるわけでもなく、基本的世界観の説明に終始する。たしか本棚がある六角形の部屋が無限に連なってるんだけど、その間に食事や排泄のための小さなスペースがある的な描写があり結構心をくすぐられた。

四畳半神話大系

アニメ化もされた森見登美彦さんの作品

主人公大学生が暮らす四畳半の部屋が無限に連なる四畳半宇宙、みたいなものが出てくる。それぞれの部屋はひとつパラレルワールド対応していて、置いてあるものなんかがちょっとずつ違っている。迷い込んだ主人公が出られなくなって長い時間を過ごすことになり、多くの部屋に共通して置いてある土産物カステラ主食としてなんとか食い繋ぐという展開がかなりグッときた。

横浜駅SF

ネット発のSF

AIナノマシン?が暴走し、無限自己増殖を続けた結果日本全土を覆うに至った横浜駅冒険するという冗談みたいなスジの話。高低差があるところにはエスカレーターができるとか、そういう細かい設定がかなりいい感じだった。SUICA非所持者を追い出す自動改札ロボット、という設定は話を進めるために必要だったんだろうけど、個人的な好みとしては無限に広がる建造物の中に脅威はないほうが好きだな。

SCP-3008

ネット発の創作怪談サイトのいち投稿

無限に広がるIKEAに迷い込んだある青年冒険記のようなものがメイン。でかいモールに行ったときの「なんでもあるな、もう住めるじゃん!」という気持ちを膨らませたっぽい感じで、無人レストラン食事をして夜は寝具コーナーで寝る、みたいな暮らしはかなりグッとくるものがある。でもこれにも店員と呼ばれる謎のバケモンがいるのがネックだな。いないとドラマ性出ないんだけども!

これのいいところはそれなりに住人がいてコミュニティができあがってることで、Exchangeコーナー周辺にできた"町"がそのままエクスチェンジと呼ばれている、みたいな設定は胸踊る。

 

かになんかない?

Blame!

かなりそれっぽい!読んでみる!ありがとう!!

少女終末旅行

言われてみればそうだった!でもあれ1フロア天井が高すぎてあんまし建物内って感じがせんくない?いいんだけども

ホームメイロ

食い物とかが中で自給自足できる感じであって欲しい(わがまま)

ーー

めっちゃ集まっとるやんけ!はてなやってて良かった……ありがとうありがとう

  • そら君、「BLAME!」やろ

    • BLAME!本編もいいんだけど、世界観が好きなら是非BLAME!THE ANTHOLOGYも読んで欲しい。 日本のSFと言えばって人が集まってるし、何より漫画とは違った視点からみたあの世界でとても面白かっ...

    • BLAME!本編もいいんだけど、世界観が好きなら是非BLAME!THE ANTHOLOGYも読んで欲しい。 日本のSFと言えばって人が集まってるし、何より漫画とは違った視点からみたあの世界でとても面白かっ...

    • 人形の国もいいぞ

  • 安部公房の箱男も最終的にはそういう展開になるぞ。

  • インターネットは無限に広がる構造物やで 現代人のほとんどが迷い込んでるノンフィクションものや

  • マンガだけど少女終末旅行

  • 百万畳ラビリンス

  • 諸星大二郎の私家版鳥類図譜に載ってる「鳥を売る人」と「塔に飛ぶ鳥」とか

  • 四畳半神話大系

  • 百万畳ラビリンス

  • 鳥取砂丘「世界は終わっても生きるって楽しい」 ジェネリック少女終末旅行って感じの作品。

  • 730万階建てのマンション(増田作)

  • たぶん730万階から連想してるからたぶんジャンル違いだろうけど ジョジョのあらきひろひこがウィンチェスター邸宅の話書いてて ジョジョも鏡やファスナーの向こうにないはずの空...

  • 存在しうる全ての本が収められた図書館にジャパニーズ同人誌の部屋が何個あるかが気になる

  • 迷宮キングダム

  • 「バビロンの塔」テッド・チャン ストーリーよりも"なんか延々と塔を登っていく話だったなあ”という印象だけが残ってる。

  • 島だけど彼岸島は無限に広がってたよな

  • ・「山尾悠子作品集成」にバベルの図書館っぽい話入ってた気がする。記憶違いならごめん。 >一本の円筒形の内部に存在する合わせ鏡の世界、〈腸詰宇宙〉のコスモグラフィーを綴っ...

  • 無限に続くわけじゃないので少しご希望とはずれるかも知れないが随分昔に読んだ山の頂から麓まで階段状に続く和室(?)を夜中に少年がどんどんどんどん降りていくっていうホラー...

  • 飛来した小惑星は直径100kmで内部が複数の区画に分かれていて、 人類が住んでいたような形跡があった。 人気のない未来都市、工業地帯… 最後の区画は明らかに小惑星の大きさよりも...

  • 残念ながら「オチが物語の舞台はすべて一つの巨大な建造物の中の出来事だった」っていう叙述トリックのものは紹介できんな。

  • ミヒャエル・エンデの「鏡の中の鏡」の一話目

  • J.G.バラード 大建設/集中都市 至福一兆

  • 西崎憲 『世界の果ての庭』

  • 矢部 嵩 『〔少女庭国〕』

  • 「闇の国々」 建造物というか街の話かもだが

  • ウィル・ワイズ『時間のないホテル』

  • 山野浩一 「霧の中の人々」 「メシメリ街道」もイケるかも

  • タテの国 全話読めますよ https://shonenjumpplus.com/episode/10834108156642491399

  • 壺中に天あり獣あり 金子薫

  • 無限に広がるのは大宇宙やろ!🌎🌓🌞

  • 「無限ホテル」ヒルベルト

  • 逆柱いみり panpanya 弐瓶勉 少女週末旅行 もうあがってるのもあると思うけど

  • 伊藤潤二『道のない街』 BLAME!好きなら絶対好き。

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん