2019-09-22

生主としてのVtuberなんやかんやで流行ってるっぽい

Vtuber生主になってるじゃんみたいな話は、別に生だろうが動画だろうが面白いことやってくれてればそれでいいわけで、ライブバンドスタジオバンドどっちも価値あるねって感じであり、それでもあえてバーチャルの意義みたいな話につきあうとすれば、被るものがお面でも着ぐるみでも、それを被ることでかつてできなかった何かをできるようになった人がいたり、演者がそれを被ることで楽しめなかったものを楽しめるようになった観客がいるならバーチャルの意義は全然あるじゃんって感じなんだよな。あと並行してVケットで盛り上がってるようにあっち方面もまたバーチャル進歩である

それはともかくVtuber生主化なわけだが、別に生でやらねばならんという縛りが偉いさんとかからあるわけじゃなく生の方が見る人が多いってだけである。いやそんなわけないだろ一回一時間以上ある上に丁寧な編集もされない生配信は発表側にとって省力なだけだろとか言う人がいるがそれは実際の視聴者とは違う感覚であり、にじさんじの雪汝さんとかは本来動画メインでやりたいのだがしばらく活動した結果生の方が見られるので悩みましたが若干バランスを変えますという宣言をしたわけで、同じ配信者でも動画コンテンツと生配信コンテンツで生の方が見られるのなら消費者の数的需要はそっちが上だということなのだろう。ただし歌動画なんかは生、ないし生の撮って出しより編集とか映像とか整えた動画がめちゃくちゃ見られるので、トークは生、歌は動画が人気なのかもしれん。まあ需要には量ではなく質的需要というものもあり、にじさんじ運営が「エンタメコンテンツの良し悪しが「再生回数」や「登録者数」=認知度だけで測れるとは考えていません。ファンの「熱狂度」や「熱量」=人気度をメインに良し悪しを判断すべきだと考えて事業を展開しています」とか言ってたように、移り気な視聴者一時的に千人獲得するより根強いファンを一人得た方がいいのではって視点もあって、そう見た時にはもしかしたら動画コンテンツの方が有効なのかもしれない。これは実際は分からなくて、トーク武器にするスタイルなら、根強いファンを得る方向でもやっぱ生の方がいいとかになるかもしれん。オールナイトニッポンもカモンファンキーリップスも生でやってる方が嬉しいってファン多いだろうから月ノ美兎がおめシスみたいな技術力を得た時が見たいとは思うが、使いこなせず生が一番となってもおかしくはない。

しかし生配信という需要にこたえるようになったらVtuberは先細りではないかみたいな批評家懸念は長くあり、実際有名なバーチャル配信者も生での視聴者数が逓減する傾向がある。生配信という形式は飽きが早いとか、Vtuberコンテンツを楽しむファン数のパイ一定なので食い合っても仕方がないとか。俺もそこは認めねばならんかもな~とか寂しさと共に考えていたが、一年以上同じ人をメインで見ているとそういう傾向が見えるだけで、だいたいどのグループでも期待のニューカマーの初配信かに集う人数はバチクソ増えており、どうも俺らの懸念なんかは的外れVtuberに興味を持つパイ自体が拡大しとるようであるタイトルでは生主としてのVtuber流行ったと書いたが、より正確に言えば、Vtuberは生形式が主流になった事により(気難しいオタクの予想とは逆に)視聴ハードルが低い文化となり成長傾向が続いていると言えちゃいそうなんだな。

  • anond:20190922142033

    はやってないよ

  • anond:20190922142033

    「vtuber」と書くな 「にじさんじ」と書け vtuber全体としては確実に衰退している ま、そのにじさんじにしても結局人気に左右されるから 何かの拍子にすべてが崩れ去るかもしれんが...

  • anond:20190922142033

    黙れV豚

  • anond:20190922142033

    ・生配信はゲーム実況と相性がいい ・Youtubeは早送りで飛ばすのが快適(ニコニコは遅かった) ・生配信でも巻き戻しなどタイムラインの移動ができる技術的な進歩(Youtubeの機能) とい...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん