2012-07-02

血統主義少年漫画が多い」=「オカルト非科学マンガが多い」

はてなブクマ

日本少年マンガは、血統に秀でた主人公が多い、

 そんなのでは萎えいか感情移入できないんじゃないか?」という問題指摘が

中国人マンガ愛好家からあった。

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1719416.html

主人公が戦いの中で強くなる、強さを見せるというのはアニメ漫画における

>爽快なシーンですが、その強さの理由に「キャラクターの血統」といった背景が関係することも

>多いかと思います中国オタクの中には「強い理由が血統」ということについてちょっと

>考えてしまうこともあるらしく、中国ネットで話題になっていました。

>考えてみると日本の作品の主人公の強さって、結局は血統で決まってない? 

>強いキャラはみんな「良い血統」という背景がある。主流な少年漫画を見てみれば、

ルフィナルトゴン一護リクオもハッキリと血統による強さとなっているし、

コナンなんかでも同じ分野で優秀な親の才能を受け継いでいる。

>優秀なキャラには、優秀な血統が背景としてあることが多いね。ここまで多いと、

>この設定が日本人感覚独自の強い説得力を持っているのではないかと考えてしまう。

>血統か……特に印象的なのはNARUTO」かな。ロック・リーはどうすればいいんだ……

ジャンプ系だと、「るろうに剣心」が血統による強いキャラってのが出てないね

>ただ、あれは時代設定的に明治維新というそれまでの封建体制が崩壊した時代と関係するから

>血統重視のキャラが出ていないのかも。(続く)

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0629&f=column_0629_029.shtml

少年漫画範疇ではないけど「ベルセルク」のガッツは血統とか全く無いキャラだね。

>言われてみればああいうのは珍しいかも。日本アニメは昔からそうだぞ。

>お前ら「一休さん」が単なる片親しかいない子供だと思っているのか?

一休南朝天皇私生児で、出家しなければ大きな問題になっていた。

>それと単なる寡婦だと思われていることの多い母親藤原氏の血統だから

一休はスゴイ血統のキャラということになる。

>全てが血統によるものではなくても、本人の努力師匠存在、育った環境過去

経験と同じかそれ以上に重要ものだったりすることは多いかも。

それから血統と背景があると話が作り易いのかもね。伏線にもできるし。

>正直、修行で強くなったりはするけど強くなれた理由が結局は血統による能力ってことだと、

>なんとなく冷める時がある。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0629&f=column_0629_029.shtml

成る程、と思ってよくよく考えると、もっと根の深い話が日本少年コミックには

あるような気がした。

いわゆる「日本少年誌」というのには

ファンタジーSF伝奇モノ」が多くて、

スポーツモノ・学園モノ・ギャグコミックが少ない」ということもあるのではないか

30年以上前自分小学生の頃の「ジャンプ」「サンデー」「マガジン」などは、

もうちょっとスポーツモノ・学園モノ・ギャグコミック」が多かった気がする。

特に学園モノ・ギャグモノとかは、主人公の血統を問わない設定が大半だし

有閑倶楽部あたりは違うな、少女漫画だが)、スポーツモノも、

主人公の血統がいいパターンは、あまりないと思う。

なので、自分小学生の頃は、それなりに少年マンガを読んでいたと思う。

しかしその後、少年マンガを暫く読まないまま大人になり、たまに散髪屋とかで

ジャンプ」「サンデー」「マガジン」あたりを手に取ると、

殆どファンタジーSF伝奇モノ」で、ビックリした。

ここでいう「ファンタジーSF伝奇モノ」というのは

主人公超能力や霊力を駆使したり」

現実世界ではありえない世界設定」だったり

現代科学に則らない法則を前提とする」マンガのこと。

こういうマンガでは、そりゃ血統の設定が重要視、当然視される。

自分は元々が「オカルト擬似科学嫌いな理系チック人間」なので、

主人公超能力で対決する」という設定のストーリー、と分かった時点で

「次の頁を一切見たくなくなる、興味が萎える」。

ジャンプ辺りで「安心して読める」のは、せいぜい「こち亀」くらいか

(あれもハチャメチャなマンガではあるが、一応現代科学法則を逸脱はしていない)

それ以外は全て超能力系だったりして、腰抜かした。

まあ自分が「今の小学生」だったら、これら3誌は絶対買わないなあ。

ジャンプサンデーマガジンでこんなに非科学マンガが横行して、

 日本科学リテラシー大丈夫か?オカルトに嵌る若者を産みだす下地を作ってないか?」と

心配になる反面、

少年マンガの売れ行きが減少しているのは、オカルト流行りの連載ばかり

 厚遇されている誌面作りに、小学生中学生が飽き飽きしているから、

 彼等もバカじゃない」という側面もあるのでは?と思うので、少し安心する。

せめて成人コミック程度に、

オカルト頼みじゃない、リアルワールドコミックの比率を高めようよ」と

集英社小学館講談社に言いたい。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20120702151444
  • http://anond.hatelabo.jp/20120702151444

    血統を理由にすることで、主人公のようになれない自分を正当化するか、 血統のおかげで努力しなくても無敵になれる自分を夢想して気持ちよくなるか。 何にしても魔法とか出てくるタ...

  • http://anond.hatelabo.jp/20120702151444

    ファンタジーにおける主人公の血統なんて超人的な力を使うことへのエクスキューズみたいなもんだし何で萎えるのかわからん。 純地球人(だったはず)のクリリンが物語終盤まで頑張...

  • http://anond.hatelabo.jp/20120702151444

    「非科学マンガが流行すると若者がオカルトにはまりだす」 とかいうオカルト信じちゃうレベルの人が 「疑似科学嫌いな理系チック人間」を自称できるあたり この国はもうおしまい

    • http://anond.hatelabo.jp/20120702160850

      最近、松岡修造の家庭環境に驚いたわw あんな努力努力っぽい人なのに。

    • http://anond.hatelabo.jp/20120702174735

      http://anond.hatelabo.jp/20120702160850 元増田だが、全体の2~3割程度がファンタジーだったら、 まあ「刺身のツマ」程度で、気分転換になっていいとは思う。 今は全体の7~8割がその系統...

      • http://anond.hatelabo.jp/20120702174735

        横。 「若者の少年マンガ離れは、SF伝奇ファンタジー系の作品ばかりで、読みたい作品がないから」 君の個人的な嗜好が、「SF伝奇ファンタジー系の作品ばかりで、読みたい作品...

      • http://anond.hatelabo.jp/20120702174735

        「昨今の若者」かは疑問だとしても 新都社のランキングのファンタジー率見てみろや

  • http://anond.hatelabo.jp/20120702151444

    漫画がファンタジーを描かなくてどうするんだww

  • http://anond.hatelabo.jp/20120702151444

    以上、オッサンの愚痴でした。 需要があるら提供されてるって前提を見事にすっ飛ばして何言ってんのよ。

  • http://anond.hatelabo.jp/20120702151444

    キチガイ君の足あと

  • http://anond.hatelabo.jp/20120702151444

    30年前、つまり1982年のジャンプ連載作品ぐぐって見てみたけど コブラ、キン肉マン、Drスランプ、奇面組、ひばりくん、風魔の小次郎あたりは 現代科学の法則を逸脱しまくってると思う...

  • http://anond.hatelabo.jp/20120702151444

    不要なカギカッコが多くてちょっと……

  • http://anond.hatelabo.jp/20120704000039

    http://anond.hatelabo.jp/20120702151444 秋田書店を無視しないでいただきたい。

  • http://anond.hatelabo.jp/20120704001328

    http://anond.hatelabo.jp/20120702151444 「スポーツモノも、主人公の血統がいいパターンは、あまりないと思う」 いやいやいや。『巨人の星』も『がんばれ元気』も『アストロ球団』も『リング...

記事への反応(ブックマークコメント)