2012-04-13

なぜイラストレーターは業者に買い叩かれ続けるのか

はじめに

PEGGSという専門学校生安価イラスト作成を依頼できるサービス炎上しています

Twitterはてブやら、facebookやらで「単価が低すぎる。クリエイターなめるな」と騒がれているのです。

でも、このサイトの何が問題なのかわからないのですね。

このPEGGS問題を起点に、定期的に話題になる「絵描きの単価が安すぎる問題」を検証してみましょう。

目次

  1. PEGGSはウィン×ウィンでしかない
  2. 本当に単価が安すぎるなら、取引は成立しない
  3. なぜ「イラストの単価が安すぎる問題」は炎上するのか
  4. 神の手には逆らえない
  5. イラストレーターの単価が今後下がり続ける理由
  6. 絵描きの地位を向上させる、たったひとつの冴えたやり方

PEGGSはウィン×ウィンでしかない

まず、このサイトって全員が得をしてますよね。

依頼するクライアント安価目的イラストが手に入る。専門学校生だって仕事経験お小遣いが手に入る。牛丼屋でバイトをしてお金を稼ぐよりも、絵を書いてお金を得る方が専門学校生にとっても楽しいはずです。独立して仕事がないときは、このサイトダンピングをして凌ぐこともできる。要するに、ウィン×ウィンですよね。

当事者でもないのに「許せない」って騒ぐ人以外は、みんなが得をしています

本当に単価が安すぎるなら、取引は成立しない

 で、この問題について、BUTA、豚共がわやわや騒いでいます。彼らの主張を要約すると、こうです。

『単価として、一枚絵8000円は安すぎる。これはやりがい搾取で買い叩きだ。許せない」

この主張って、どうしようもなくバカだと思います。なぜなら、専門学校生立場で『不当に安い』と感じたら、仕事を受けなければいいだけだからです。

その値段で仕事を受ける学生は、その値段に納得して仕事受託するのですね。だから外野ブヒブヒ言っても、彼らが満足している限り問題にならない。

仮に「不当に安い」が本当ならサイト自体の存続が不可能になります。それはそれでオーライですよね。

もし、サイトが続くとしたら、その価格妥当イラストレーターも納得しているということになります

なぜ「イラストの単価が安すぎる問題」は炎上するのか

「業者がイラストレーターに払う金が少なすぎる問題」って、わりと定期的に炎上する問題ですよね。でも、もっと待遇の悪い仕事はあまり話題にならない。

では、なぜイラスト単価問題だけが、これほど炎上するのかというと

  1. 絵を描くというのは、クリエイティブ行為である 
  2. クリエイティブ行為には、高い対価が払われるものである
  3. したがって、イラストレーターの絵には高い対価が払われるべきである


こういう前提があるからです。『高い対価が払われるべきイラストレーターを安く使い倒す業者は許せんよ』という論理ですね。

でも、この前提ってほんとうに正しいのでしょうか。クリエイティブ行為はしかるべき対価が払われるべきなのでしょうか。

神の手には逆らえない

正直、クリエイティブさとか、つくるための労力って、価格には関係ないのですよ。値段というのは、需要供給で決まります

どれだけ絵を描くことがクリエイティブな作業だろうと、「そこそこの絵を描ける人がたくさんいる」現状では、値段が安くなるのって、当たり前すぎます。「それの持っている本質的価値」では、値段は決まりません。ゴッホの絵が牛丼より安く買われたのですから

イラストレーターの単価は今後、下がり続ける

日本イラストレーターレベルは抜群に高いです。プロでない人でも、お金になる絵を描ける人が増えていますね。

なぜイラストレーターの平均レベルが上がったのか?それは、インターネットによって、学習高速道路がひかれたからです。

インターネットなら、レベルの高い絵を見れるし、先駆者ノウハウものっている。良いノウハウソーシャルネットワークで共有されてすぐに伝わってくる。その潮流をPixivさらに推し進めています

Pixivコミュニティはどんどん広まっているので、これからますます絵描きは増える。すると、供給が増えて、価格に下方圧力がかかります既存市場にいるプレーヤーが「安くてやってられん」という値段で喜んでやる腕のたつ素人ガンガン生産される仕組みが出来上がっているんですね。結果、買い叩きが慢性的になっていきます

絵描きの地位を向上させる、たったひとつの冴えたやり方

このように、神の手に任せていると、絵描きの地位というのは、どんどん下がっていきます。絵で飯を喰う難易度が高くなる。参入障壁の低い仕事というのは、みんなそうですよね。

外野で「この値段は安すぎる』と批判をしても無駄です。なぜなら、安い値段でも仕事を受ける人達はいつも存在するからです。騒いでも、自分仕事がなくなるだけで、損をします。

バラバラのままで交渉をしていると、神の手にさからえません。したがって、このままいけば、イラストレーター最低賃金以下の待遇デフォルトになります

また、絵描き仕事は時給ベース換算がしづらい。イラストレーター自営業者から最低賃金法適用しにくい。取引形態もバラバラだから規制は著しく困難です。ゆえに、神の手が幅を利かせる。

から、もし絵描きの地位を向上させようというなら、労働組合的なものをつくるべきです。『適性価格』ってのを設定して、業界ルールを作りあげる必要があります絵描きを統一する組織なんて無いから、無理かもしれないけど、労組をつくるのが効果的な方法です。

確かに、この方法時代遅れかもしれません。

けれど、Twitterで騒いだところで、何も改善されないのですね。

つぶやくよりも、ゲバ棒をかかげましょう。

http://anond.hatelabo.jp/20120413010555

http://anond.hatelabo.jp/20120412174011

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20120413202433
  • 「イラストレーターは安くこき使われている」っていうけどさ、

    「イラストレーターは安くこき使われている」って、Pivixやらなんやらの問題と共に語られるけどさ、じゃあいくらだったらいいんだよ?  いくら払うべきなのよ?  教えてよ?  って...

    • なぜイラストレーターは業者に買い叩かれ続けるのか

      はじめに PEGGSという専門学校生に安価でイラスト作成を依頼できるサービスが炎上しています。参考 http://b.hatena.ne.jp/entry/www.peggs.jp/ Twitter、はてブやら、facebookやらで「単価が低すぎる。...

      • http://anond.hatelabo.jp/20120413202433

        不当に安くても食うに困ると取引が成立しちゃうから下請法とか存在する。 そこ(下請法)も含めてぜひ綺麗に論破してほしい。

        • http://anond.hatelabo.jp/20120413203943

          いくら下請法があるからって、一度契約内容に同意したらひっくり返し様もねーだろ。金を値切るとか全く払わないとか、分かり易い事態ならともかく。

          • http://anond.hatelabo.jp/20120414151515

            そのイラストにおよそ10時間以上の作業がかかるなら、最低賃金の(概念)にひっかかるよ。 自分で自分を雇用する場合も、極論を言えば最低賃金の概念は発生するし(だれも訴えな...

            • http://anond.hatelabo.jp/20120416093039

              未成年の場合保護者の承諾が無いと雇用出来ないのでは?

            • http://anond.hatelabo.jp/20120416093039

              つーかそのサイトhttp://www.peggs.jp/見たんだけど 現役プロフェッショナルの専門学校日本デザイナー学院イラスト科講師陣が全面的にバックアップ、責任を持ってフォローいたします。 ...

      • http://anond.hatelabo.jp/20120413202433

        ヒント;レモン、シグナリング。

      • http://anond.hatelabo.jp/20120413202433

        いつの時代も、学生バイトってそんなものじゃないのかな。 自分も学生の頃は、バイトなのかインターンなのか分からないけど銭を得るためクソコード書いたよ。所謂デスマーチだけれ...

      • http://anond.hatelabo.jp/20120413202433

        http://anond.hatelabo.jp/20120413202433 神の手とか言うくせに最後のオチが労組でゲバ棒とか笑える。 「ベタなやり方」ならわかるがなにが「冴えたやり方」だ。 独立自営の群に向かって地位の...

      • なぜイラストレーターは買い叩かれ、ソニーは敗北したのか?

        なぜイラストレーターは業者に買い叩かれ続けるのか なぜソニーは敗北したのか?〜「ニコ動が赤字でもイベントをする理由」こそ再建の鍵〜 - とある青二才の斜方前進 個人であるイラ...

      • http://anond.hatelabo.jp/20120413202433

        イラストが安く買いたたかれる問題。 いきなり自分語りでなんなんだが、自分はいちおうプロの小説家である。会社員をしながら、日曜にちょこちょこ書くだけの小説家だから、プロで...

      • http://anond.hatelabo.jp/20120417204453

        http://anond.hatelabo.jp/20120413202433 のブクマで興味深かったもの 帝国主義ってものについて何の知識もないのですかこの人は・・・。 資源国から安い資源を輸入して得られる高い収益によ...

      • 買い叩きって表現がまずしっくりこない 

        生涯価値の問題ちゃうん? あとこれって明確な因果関係で成り立ってない話ですよね。にわたまですよね。 なんか当たり前のように、矢印が一方向で示されてるのってどうなの? 当た...

        • http://anond.hatelabo.jp/20120420084123

          生涯価値の問題ちゃうん? ちゃうよ。 イラストレーターは終身雇用どころか社員ちゃうしね。 馬鹿の癖にブクマ欲しそうなタイトルつけんな低学歴。

          • http://anond.hatelabo.jp/20120420110709

            http://anond.hatelabo.jp/20120420102729 高学歴様のオーラパネェ

          • http://anond.hatelabo.jp/20120420111633

            http://anond.hatelabo.jp/20120420111304 http://anond.hatelabo.jp/20120420102729 いや、とりあえず他人を罵倒するときに低学歴って書く必要のない言葉をつかうゲス野郎は死ねって言いたいだけだからこれ...

      • 【確定版】2012年匿名ダイアリー名作ランキング100

        今年度 総合 タイトル ブクマ数 日付 カテゴリ 1 (14) 先日倒産したメモリメーカーの友人と飲んできた話 2085users 2012/02/29 コンピュータ・IT 2 (15) "Hello world!" ...

      • 【確定版】2012年匿名ダイアリー名作ランキング100

        今年度 総合 タイトル ブクマ数 日付 カテゴリ 1 (14) 先日倒産したメモリメーカーの友人と飲んできた話 2085users 2012/02/29 コンピュータ・IT 2 (15) "Hello world!" ...

    • http://anond.hatelabo.jp/20120413010555

      毎日大変ですね

    • http://anond.hatelabo.jp/20120413010555

      マジレスすると、イラストは食えない。 特にピンでイラストはもう食えない。 ゲーム会社に就職するとか、なんらかの組織に所属してアンプリファイドされないかぎり、イラストには商...

    • 増田は削除してもツリー残るようになったんだな

      http://anond.hatelabo.jp/20120413010555 これ、途中のhttp://anond.hatelabo.jp/20120413015403やhttp://anond.hatelabo.jp/20120413021232は削除されているけど ツリーはそのまま最後まで残ってる。 以前は途中のエント...

    • http://anond.hatelabo.jp/20120413010555

      馬鹿だな。だったらコンテストなんてやらずに実績のあるヤツに発注すればいい。 それをやらずにアマチュアか、せいぜいアマに毛の生えた「ひと山いくらの趣味人ども」から、コンテ...

      • http://anond.hatelabo.jp/20120413080952

        だから、プロに発注してない訳がないだろ。 投稿作品だけで一つのゲームが成り立つくらいのイラストが集まる訳がない。

    • イラスト制作の相場ってむしろ高騰してね?

      http://anond.hatelabo.jp/20120412174011 http://anond.hatelabo.jp/20120413010555 イラスト制作の発注に携わってる立場からすると、このご時世でポートフォリオを公開しているのに1枚あたり数万円以上のオ...

記事への反応(ブックマークコメント)