2019-10-22

分かるけどそうじゃない

増田の言うことには一点だけ同意で、要するにこの槇野さんも一人の「ジョーカー」なんだよな。


実際、「病気怪物フェイスにもなったし悲惨介護現場も知ってるしアーサーより全然不幸だぜ私。まあブログ承認欲求満たせてるけどな」っていうカミングアウトジョーカーまでもうあと一押しじゃん。ブログSNS失ったら、もう全然ジョーカーになるでしょこの人。

「誰もがアーサーのやったことに勝手意味づけをして、アーサーを置き去りにしてピエロフェイスで暴れ回る。でもってアーサーはそれを幸せな顔で見つめてる。」これって、あの映画の末尾に描かれる状況だよね。で、誰もがあの映画を見て勝手解釈して暴れ回ってる。映画ネタにしながら、実際の映画を置き去りに、自分の不満だけ見つめて文句を言い回る。でもこれって全てあの映画想定内出来事なんだと思うんだよ。誰もが自分の不幸という棒を手にして、アーサーの姿を借りて、目に付いた社会の片隅を殴り飛ばしまくる混沌の状況……あの映画が描いていたのはそういう世界だよね。いや、これまったく今の私たちの眼の前の現実のものやん?

もちろんさ、槇野さんの感想的外れなんだよ。だけど槇野さんには槇野さんの「ジョーカー要素」があるわけで、槇野さんは勝手なアーサー像を想像して勝手に暴れ回るという行為によって見事に「ジョーカー」が名作であることを証明してるわけ。今のこの世界って要はゴッサムティだよね、っていうあの映画メッセージ体現してるわけ。

それは、あの映画が半世紀以上も前の映画の要素……つまり「母一人子一人、清く貧しく正しく夢を追う青年が、世間の荒波に揉まれながら、隣人や理解者に支えられ、偶然のきっかけで表舞台に立ち、(その過程で憧れの世界との血縁あきらかになり)、華やかなデビューを飾って無事成功する」というおとぎ話のようなサクセスストーリーの要素を完全に踏襲しつつ、それを100%裏返してみせるという手法を取っていることによっても明らかなんだよ。あの映画に「誰も悪人がいない」という指摘は槇野さんの言うとおりで、つまり、ほんの少し状況が違えば、実はこういう馬鹿みたいな「サクセスストーリー」も実は決して夢物語では無いはずのだ。なのに、結果として生まれたのはジョーカー……だとすると、悪いのは特定の誰かなのではなく、あの街であり時代であり私たち全てだとしか言いようがない。「ジョーカー」が描いているのは、特定人間ではなく、特定人間を生み出す「状況」や「時代」世界」そのものなんだと私は感じる。この町では、ほんの一押しでみんながジョーカーになってしまうのだ。だからバットマンの戦いは絶望のものなんだよ。

というわけで、これ以上〈槇野=アーサー〉を叩かなくていいんじゃないかな、っていう。なんか普通にジョーカー化しそうな方だしさ。まあそういうこと分かった上で、かつ「いから、もうジョーカー誕生させよ?」っていう流れで叩いているならもうどうしようもないんだけどもさ。

anond:20191022025053

  • anond:20191022150104

    ジョーカー観に行ってないけど、感想でお腹いっぱいだぷー

  • anond:20191022150104

    本人にその自覚がないんじゃどうしようもないんじゃないかなあ

    • anond:20191022150631

      槇野ジョーカーには無論自覚が無い。だからこそ「喜劇」だしその意味でますます「ジョーカー」っぽい。

  • anond:20191022150104

    週刊ジョーカーを作ろう 創刊号はnoteに絶賛のリプライ 

  • anond:20191022150104

    週刊ジョーカーを作ろう 創刊号はnoteに絶賛のリプライ 

  • anond:20191022150104

    週刊ジョーカーを作ろう 創刊号はnoteに絶賛のリプライ 

  • anond:20191022150104

    週刊ジョーカーを作ろう 創刊号はnoteに絶賛のリプライ 

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん