2018-08-28

パチンコ屋でおっさんずラブ 始まる

まさかこんな展開になるなんて思ってもいなかった。彼氏いない歴10年。親の介護に明け暮れてもう咲かす花もなくこのまま人生終わると思ってた。

最初に彼にこのパチンコ屋で出会ったのはかれこれ5年くらい?もっとあんまり覚えていない。だって全然タイプじゃなかったんだもん。

でも、凄く目立つ人ではあった。豪快なのだシマの大半は彼のことを知っていて、彼もシマの大半の客を知っていた。そしてよくしゃべる人だった。誰とでも。

僕も知人は多い方だけど、彼ほどではない。

彼は頭の低い人だった。なんで僕みたいな人間に頭を下げるのだろうと思っていた。身なりはいつもキチンとしていたし、髪も小奇麗にカットしていた。そしてなにより貫禄があったし、賢そうだった。

はじめて会話したときのことを思い出した。向こうから声をかけてきたのだ。自分が単発当たりでガックリして打っていたときに彼は僕の台を覗き込み「入ってるよ」と教えてくれた。

そう、ゼグが当たっていることを教えてくれたのだ。「あっ、そうなんですか?」と半信半疑で打っているとパールフラッシュが眩しく光り、キュインキュイン鳴リ響いて確変に変わった。

「あっ、どうも」「でも凄いですね。全部覚えてるんですか?」と訊いたら彼はにっこり笑ってうなづいた。

これが1年以上前の話。このころから既に狙われてたのかな?

今年に入ってから彼はレインボー(出玉が5万円以上になると出玉レベルの色がレインボーに変わる)になることが多くて、目立っていた。

「おじさん、最近調子いいですね」「今日はいくら勝ったんですか?」と訊くと

当り前のように「今日は今のところ8万くらいかな?」「この前は12万勝ったよ」と教えてくれた。

パチンコが傾斜産業になって久しいことは誰もが知ってる。この店が遠隔、ホルコンなんでもありな店なのもみんな知ってる。みんな知ってて来てる。(だって田舎地域密着型のホールってどこもそんな感じでしょ?)

はは~~ん。このオヤジさんサクラなのかも、と思っていた。でも違った。負けも凄かったから。

そんなこんなで、羨ましさと妬ましさで「今日も凄いですね~」なんて言いながら首筋あたりや肩らへんをボディタッチしていたら「肩もんでくれたら嬉しいなぁ」なんて言われたりして。

でもまだ好きという感情はなかった。でも惹かれていくのをなんとなく感じた。

そして決定的な事件が起こった。

彼は僕の左横の台で打っていた。そして気付いたときは、彼の右手が僕の股間にあった。ギョッ!!!

彼は僕のコカンをまさぐってつまらなさそうに笑ってこう言った。

「なーんだ。立ってないじゃん」「立ってると思ったのに~」

僕はノンケを装いその日はなにもなく終わった。

え~このオヤジなに、なに?ホモなの?でもこんなところで触る?普通じゃないよ?ここはハッテン映画館じゃないし、第一暗くないし...

少し警戒した。頭おかしい人?でも会えばいつもどおりに会話する。

二週間くらいしてからまたタッチしてきた。今度は少し長い。「あれ~?、また立ってない...(笑)

僕はノンケを装いその日もなにもなく終わった。

どうしよう?と思った。恋が始まるかもしれないと焦った。

しばらく経ったある日、僕がパチンコ屋に到着したときに帰る彼とバッタリ会った。彼は車を停めた場所が分からなくなってしまって、困っていた。(それが本当か嘘かは知らない。ただ一緒に車を探して、運が良ければホテルしけこむつもりだったのかもしれない。)

僕がホールに入ると、いつの間にか彼もホールに戻り打っていた。

「車の場所分かりましたか?」と訊いたら

「打ちながら考え中」と笑った。当たりに夢中になってるといつの間にか彼は帰っていた。

翌日、「お父さん、認知症になったんじゃないよね?」と訊いたら

真剣な顔して「脳動脈瘤があるんだ。あと5年って医者から言われてる」と沈んだ声で答えた。

三回目のとき僕は訊いた。「おとうさん、チンコ好きなの?」

そしたら彼は恥ずかしそうにくしゃくしゃに笑いながら頷いて遠くの台に移動していった。

彼の意思表示ははっきりと分かった。僕のことが好きで僕とエッチしたい。

今度は僕が答えなければ。

このまま何もない人生よりも何かある人生の方がいいよね?つぼみのまま朽ち果てるより小さな花でもいいから咲かせた人生がいいよね?

彼はほぼ毎日パチンコしてる。その理由も分かった。いつ破裂するか分からない動脈瘤。いつ終わってしまうかもしれない人生。考えれば息が詰まってしまうよね。悩んでたら頭がおかしくなりそうだよね。だからパチンコで紛らわせてるんだ。

そして、思い切った行動を取ってしまった。思い切ってアタックしてしまった。

僕の答は

YES

僕で良ければ、よろしくお願いします。お父さんの人生最後が少しでも明るく悔いのないものになりますように。

ああ生まれて来て良かったと思える日々になりますように。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん