2015-08-24

間食から糖質なくしたら抜け毛減った

子供から指先が震えやすくて、緊張もしてないのに手が震えたりしてそれが原因でからかわれたりした。

少し大人になって、どうやらそういう症状になるときっていうのは血中の糖度が低いからだということがわかった。

その頃から、空腹や血糖値の低下を感じたらチョコレートビスケットを食べてしのぐ癖がついた。

外出先で急な低血糖に襲われることもよくあることだったので、いつもかばんにもアメやチョコレートジュースを持ち歩いていた。

太りやすい体質と思いこみ普段から食べる量と運動には人一倍気をつけているのに、なぜか体重が増え続ける。

お昼とか外食行くと自分は半分だけ食べて残しているのに、毎年の健康診断では体重は増えていく一方だった。

そんなこともあって、ダイエット方法はいろいろ試している。

朝は週4回、40分のウォーキング

炭水化物基本的に朝と昼だけ。しかもお昼はお茶碗1/3程度。

粉物をさけ、できるだけタンパク質野菜類を、それも腹八分目で終わるように食べていた。

それでも増え続けた体重が標準から10kgオーバー近くに達した時点で、意を決して強烈な食事制限をかけた。

朝はおにぎりかパンを1つ。昼はそれにインスタント味噌汁を加えたもの夜食プリン一個。お酒はコップ2杯まで。

その間、空腹を感じたらストックしてある一口サイズチョコレートを口に放り込んだ。

それでも一日平均して5個位だ。

それによって、体重は年齢でいう平均まで減らすことができた。

それからも空腹時に甘いものを食べてごまかす生活を続け、なんとか体重を維持できるようになったが、それでも食事の量は人並み以下のはずなのに一向に減る気配がない体重が疑問だった。

ところが、しばらくして低血糖のような症状に陥る頻度が増えてきていることに気づいた。

チョコレートを食べる頻度と個数が増え、その分食事を減らしても体重は増えていった。

その頃から気分が鬱になり悩むことも増え、ドライヤーをしたときの抜け落ちる毛の数が増え始めた。

たたでさえ以前から急に便意を催すような弱かったお腹は、とくにお腹を壊していなくても水っぽい便が1日に4~5回でるようになった。

それも、一回につきすっきりとした感覚を得るために最低でも15分はトイレにいる必要があった。

飲み物にも日常的に甘いモノを欲するようになり、だんだんとそうした欲求が制御できていないことにも気づいた。

ちょうどその頃、はてな10周年記念か何かで、「20年来のつらさがほぼ消えたことについて」という大人気増田を読んだ。(トラバ自重する)

実に症状が似ていたので、もしやと思いまずは間食をチョコレートからナッツに変えた。

それから糖質という言葉を調べてみたところ、人参根菜などの糖質野菜からと普段から多く摂取していることに気づいた。

そのため、炭水化物以外にも糖質の高いものをできるだけ生活から遠ざけることにしてみた。

朝:おにぎり一個。コンソメスープ

昼:仕出し弁当。ご飯半分。揚げ物や根菜など、糖質の高いものは食べない。

夜:肉か魚100gくらい。つけものサラダなど。炭水化物はある一定以上の量を食べない。

間食は昼前と15時くらいにナッツを10粒程度ずつ。

はじめのうちは低血糖を恐れるような生活だったが、1ヶ月もしないうちに持ち歩く荷物からお菓子が消え、飲み物ミネラルウォーターに変わった。

うっかり週末に食べ過ぎたりすることもあるが、以前ならそのまま体重に跳ね返ってきたのが今は2日もすればもとの体重に戻るようになった。

低血糖にはまだ多少なりやすものの、ドライヤーで抜け落ちる髪の毛が半分以下に激減した。

何よりトイレの回数も出るものの質がガラリと変わった。

あの記事を盲信するわけではないが、自分にとって糖質という意味を正しく理解して行動することは人生において大きな意味をもたらしてくれたようだ。

最後にこれを書くと茶化すようで気がひけるのだが、漏らさなくなったことをきっかけにもう増田卒業しようと思う。

残念ながらこの程度の抜け毛ハゲるような本数でもないので、いつもハゲネタを展開することに気が引けていたのだ。

ブコメ賛同してくれた方がには本当に申し訳ない。ふさふさで。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん