「アカプルコ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: アカプルコとは

2020-05-10

ゴルゴに「領収書はいらないだろうね?」と言われたい人生だった

現金以外の取り引きはしないことにしている」

砂漠の逆光

経験の浅い女が、さも経験豊富なようにふるまう…白けるものだ」

潜入者の素顔

10%の才能と20%の努力…そして、30%の臆病さ…残る40%は…”運”だろう…な…」

ロックフォードの野望

プロの掟を知っているな? プロは二重に仕事をひきうけないことだ」

蝶を射つ!!

「チャンスは一度でいい!」

統計解析射撃

「俺は犠牲になる気はない…自分が生き抜くために、やるのだ」

高度7000メートル

「俺は”一人の軍隊”だ」

激突! AK-100 vs M-16

「おれには昔ばなしをする趣味はない」

アカプルコ 散華の夜

「この場を逆転できる手段があったのなら、よけいな口を利いてないで行動することだ」

情報遊戯

「金を得る手段が金の本質を変えるとは思わない」

黒い肌の狙撃

「1発目は怒り、2発目は恐れ、3発目は…愛」

帰ってきた標的

2017-07-02

やはり2017年春季放送アニメ最高傑作タイガーマスクW

やはりタイガーマスクWが一番面白かった。他にも面白い作品はあれど、何度も繰り返し見たのはこれだけ。

それまでの半年と合わせて9ヶ月分のドラマの積み重ねと、実在新日選手と、旧作。そういう三段分のゲタがあったのだから、他の3ヶ月分の厚みしかないアニメと比べて格段に面白く感じてしまうのは当然とも言える。まあその点はズルいよな。

それでもまだ物足りない部分はある。そのほとんどは俺が観客マインドでこのアニメを見ていたため、劇中でマイクパフォーマンスのシーンがほぼ無いことでタイガーマスク感情移入をしきれていなかったことも大きい。来間記者が作中世界でタイガーやGWMがどう受容されているのかって記事を見せてくれるものと思っていたからその点でも肩透かしを喰らってしまった。

他にもタイガーナオト)にベルトを巻かせてあげて!とか、もっと実在新日レスラー出して!とか、GWMのケビン以外の若手にも出番を!とか、色々不満はある。

しかしそんな不満を吹き飛ばしたのはやはり試合のシーンだ。第37話『さらば虎よ』のファイナルウォーズ最終戦作画演出が素晴らしいがゆえに、俺は全ての不満を忘れてしまっていた。あんものアニメ作画暴力だ。あれを見せられたら最高だとしか言えないじゃないか

現実のそれと違い、カメラ自由に配置し動かせるが故の迫力ある投げ技や打撃のコンビネーション(もちろん背動や効果もすごくよかった。かっこよさ激増)。

技の選び方もいい。タイガーマスクWフェニックススプラッシュを繰り出したのがね。もうね。これは後のシーンにも効いた。うん。

猛虎重爆もサマーソルトダブルニードロップからコードブレイカーに行くときに、フランケンシュタイナーのように回転するという、アニメならではの常識外れな技として生まれ変わっていた。この改良にも感激。せっかくの必殺技をお蔵入りにしない。えらい。

そしてダークネスホールドと横入り式タイガーファングで腕を痛め付けたことでサクリファイスダメージを軽減。最後は正調のタイガーファングトドメザ・サードタイガーファングを躱そうとするも、左腕のダメージから動きが鈍って直撃。ダークネスホールドがただダークの技も出しましたよではなく、腕責めの一貫。それが良かった。

作画担当したアニメーター個性が強く出ていたように見えたのも印象的だった。あの試合には何人かタイガーマスクWがいたが、いずれも強さとかっこよさを兼ね備えた最高のプロレスラーだった。イチオシはやはり最後タイガーファングを繰り出したときタイガー

左足を高く上げたところでキラー演出はやっぱりかっこいい。ベタだけどそれほどに使われるだけの魅力がある演出

あのね。こんなもん見せられたら、もう文句なんか言えない。大満足ですよ。ここまで9ヶ月追ってきて良かった。本当に良かった。

それからエピローグ的なパートでのオカダと飯伏のシングルマッチタイガーマスクW飯伏幸太が登場だよ!ゴールデンスターが!アニメタイガーフェニックススプラッシュ出した回で!CV本人!G1出場決定のタイミングで!

そしてオカダに「久しぶりだな」と言われた飯伏は「そうでもないですよ」。まあ確かにこないだやったしそうでも……いや待て!飯伏は久しぶりのはずだろ!?あくまで飯伏は!と現実プロレス混同して大興奮してしまった。GWMの観客席に見たことある人が何人もいるー!という興奮から数十秒でこれだ。殺しにきている。

最終話仮面タイガースプリンガー』も番外編のようでいて、やはり最終話だった。

これまでスプリングタイガーとしてこっそりリングに上がったり、隠れてトレーニングを続けていた春菜ちゃんが、女子レスラースプリンガー」として本格的にデビューする。『さらば虎よ』が男達のドラマに決着をつけたなら、『仮面タイガースプリンガー』は今作に登場した女性キャラクター達の活躍集大成だ。

その分二人のタイガーマスクWのその後は、ほんのわずしか描かれなかった。しかしその中に衝撃的なカットがあった。

ラストシーンメキシコへと渡ったナオトの対戦相手として青コーナーに立つ相手は「ミスターNO」。前作にも登場した虎の穴怪奇レスラーだ。

虎の穴は最高幹部にしてその象徴であるザ・サードが敗れこそすれど、全滅はしていない。GWMも日本撤退しただけ。世界には虎の穴支配下レスラーはまだまだいるだろう。

そしてメヒコもGWMの侵攻を受けていたことは、エル・カラカスの引き抜きや第3クール内藤発言などで言及されていた。

そのアカプルコのマットに前作に登場したキャラクターの姿形を引き継いだレスラーが登場した。

まり虎の戦いは終わっていないのかもしれない。

こうしたその後のドラマ想像させてくれるのも、とても嬉しい。

東映アニメーションがこういう「テレビシリーズ」を作ることのできる会社だということを再確認できて感動した。

話数が多いなら多いなりの見せ方がある。それに過去作品っていうのはそれだけで資産。そして良作画正義。素晴らしい。

2011-04-06

魔法少女まどかどうでしょう

大泉なまら気味悪いじゃないの藤村君。』

藤村『さっきビルの隙間の結界くぐったでしょう。ここらはもう魔女テリトリーなんですよ~。』

鈴井『そこらじゅうにちっこい化け物がいるね。』

藤村『こいつらは使い魔といって、魔女の手下です。』

大泉藤村君みたい馬鹿面がこんなにたくさん。』

藤村『頭のリボンで首絞めるぞすず虫。』

嬉野あんたたち戦闘前に喧嘩はやめなさいよ。』

鈴井『ほら前見て。開けた場所に出てきたよ。』

大泉『おいおい、これはもうなんだい、お菓子だらけじゃないの。隅っこにあるずんだ餅なんてのは大好物でしょうミスター。ほら、さっさと食べなさいよ。』


ミスター生き地獄


藤村『あそこのながーい椅子に座っている飴ちゃんたいな頭の人形が、魔女…のはずです。』

大泉『はずってなんだい君。調べてないの?』

鈴井『さっき車で確認したよね。』

藤村『あれが魔女だって。』

大泉『君が言うことはね、いちいち当てにならないんだよ。わかった、じゃあみんなで倒そう。ほら、嬉野君、早く変身して。』

嬉野『僕一人だけかい?』

大泉『当たり前でしょ~。僕はアカプルコに行くんだと思って海パンしかもってないんだよ。戦うんだったらもっとちゃんとした服買ってくれよ。』

藤村『じゃじゃじゃあ、わかったわかった、まずはね、嬉野先生にビシっと突撃してもらって、そのあとビシッと大泉さん契約してもらって、ビシッと魔女を倒しましょうか。』

大泉『その水戸黄門たいな演出が君のディレクションかい?』

鈴井『やばいよ、やばいよ、魔女動き出したよ。』

藤村『そんなもんみりゃわかるでしょ、ミスターあんたは壁につっかかってるアップルクーヘン食べてなさいよ。』


ミスター生き地獄再び


大泉嬉野先生順調じゃないの。』

藤村『そらそうだよ。百戦錬磨だもの。』

鈴井『口から何か出てきましたよ。』

大泉『なんだいあれ、○ッキーじゃないの。』

藤村あんテレビなんだからちょっとは発言は慎みなさいよ。』

鈴井『やばいって。近づいてるって。口開いたって。』

大泉嬉野君、まずいんじゃないの。』

嬉野『あぁぁぁ。』


嬉野先生、撃沈


藤村『これは想定外ですよ~。』

大泉『君は想定外ばっかりじゃないか想定内ことなんて一度でもあったかい?』

藤村大泉さん、早くしないと。ほら、ここに契約して。ビシッと魔女倒しなさいよ。』

大泉藤村君、君はね、出会ったそばから契約しなさいよ、早く契約しなさいよ、

すぐ契約しなさいよ、って僕をこの魔法少女にすることしか頭にないだろう?』

藤村『いやっていうのかい。』

大泉『いやに決まってるでしょ。魔法少女なんて、なってみないとどんな武器持つかわからないんだよ。弓とかだったらいいけど、旧石器時代の斧みたいな、こう敵を叩く度にね、縄がボロンとはずれる出来損ないの武器しかもたせてもらえなかったらね、魔女狩りどころじゃないんだよ。』

鈴井『まずいよ、こっち来てるよ、早く逃げないと!』

藤村『うるさいよミスターあんたはそこのあんこ入りのおやき食べてなさいよ。』


あんこ入りのおやきを食べているミスターをよそに、遅れてやってきたOnちゃんにより、無事魔女は倒された。


終わり。


魔法少女まどか☆まぎか3話より

まどか:大泉QB:藤村さやか:ミスター、マミ:嬉野ほむら:Onちゃん

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん