2019-05-22

週刊少年ジャンプサッカー野球鬼門なのか?

近頃、ジャンプ読者のあいだでは、

サッカー野球将棋卓球ジャンプでは鬼門である

といった噂がまことしやかに囁かれている。

今回はその事実検証してみたい。

連載作品データこちらのサイトからいただいた。

http://www.ktr.to/Comic/jump.html

「連載中の作品」と「7週以下で終わった作品読み切り短期中連載と見なす)」は除いた。

また、たとえば「キャプテン翼」はワールドユース編なども合わせて一つの作品として扱っている。

まずは全体の傾向である

作品数は608作である

19週以下の作品は304作である

半分の作品が19週以下で打ち切られていることになる。

平均連載期間は64週である

中央値20である

ちなみに100週以上の長期連載作品110作(18%)である

では野球漫画について見てみよう。

作品数は28である独自リストアップしたもので抜けがあるかもしれない)。

19週以下の作品11である

39.3%の作品が19週以下で打ち切られていることになる。

平均連載期間は83週である

長期連載作品は「プレイボール」「ROOKIES」「Mr.FULLSWING」「悪たれ巨人」「アストロ球団

山下たろーくん」「侍ジャイアンツ」「すすめ!!パイレーツ」「1・2のアッホ!!」「やまだたいちの奇蹟」などである

ただし「ミスフル」以降の直近3作品に限れば打ち切り続きで平均15週となる。

追記:「悪たれ巨人」が抜けていたので修正しました)

追記:「1・2のアッホ!!」も追加しました)

次にサッカー漫画について見てみよう。

作品数は17である独自リストアップしたもので抜けがあるかもしれない)。

19週以下の作品10である

58.8%の作品が19週以下で打ち切られていることになる。

平均連載期間は67週である

長期連載作品は「キャプテン翼」と「ホイッスル!」で、

それ以外では「キックオフ」と「リベロ武田」がそこそこ長い。

ただし2000年代以降の直近9作品に限ると、打ち切り続きで平均16週となり、

これが近年の「鬼門」とのイメージを生んでいるのだろう。

野球しろサッカーしろ直近の作品短期打ち切りを食らった印象が強いというだけで、

全体を見ればそれほど悪くはない(むしろ野球大人気とさえ言える)ということが分かる。

というか、「キャプ翼」以外の存在が忘れられているのが最大の問題だと思う。

さて、これだけでは野球サッカーがどれだけ良いのか(あるいは悪いのか)分からないので、

比較のために「警察もの」の場合を考えてみよう。

なぜ警察ものかというと、メジャーな題材のわりに打ち切りが多いかである

主人公警察所属しているジャンプ作品過去に19作あるのだが(独自(ry)、

こち亀」を除いた作品の平均連載期間はわず31である

(ちなみに「こち亀」を含めると平均133週になる)

1975年の「ドーベルマン刑事

1976年の「こち亀」

1978年の「警察物語

以降の16作品が全て30週以内で打ち切られていることになる。

これを考えると「サッカーもまだまだ打ち切る余裕があるな…」と思えてくるだろう。

最後に、卓球将棋なのだが、

そもそも卓球過去に4作、

将棋は今週始まった作品を含めても3作しかなく、

サンプルが少なすぎて結論を出せないのは明白だ。

野球サッカーでもそうだったが、

たまたま連続で打ち切られただけで

すぐに「このジャンルダメだ!」と言い出してしまうのは、

ジャンプ読者の悪い癖である

ちなみに、将棋の「ものの歩」は43週、卓球の「P2!」は58週も続いているので、

実感よりもかなり健闘しているように思える。

結局のところ、ジャンプ打ち切りが多すぎるのだ。

20週以下が全体の半分、30週以下が6割以上を占めるのだから

そりゃあ「連載すれば必ず大ヒット」とはいかないだろう。

他誌では人気のサッカー漫画が多くあるのだから

ジャンプでだけ人気が出ないという道理もあるまい。

内容も見ないうちに「鬼門だ」「打ち切りに決まってる」と騒ぐのは、

決死の思いで地獄打ち切りレースに踏み出す漫画家たちを侮辱するに等しい。

新連載を温かく見守ってこそのジャンプ読者ではないだろうか。

あと筆者的には卓球漫画の「フルドライブ」がおすすめなので読んでね。

3巻打ち切りで手を出しやすいよ。

興味深い。ジャンプはなんでも鬼門なのかも。探偵ものも、ネウロ以外鬼門。ネウロが探偵ものかどうか自信ないけど。厳しい選抜がそこにはあるのだろう。ただ呪術系はけっこういけるかも? と思う。 - n_kaseiのコメント / はてなブックマーク

主人公探偵を名乗っている作品は「ネウロ202週)」の他にも

幽遊白書176週)」「WILD HALF(142週)」「密・リターンズ!(58週)」などがあり

しろ総数のわりに人気の部類なのではないかと思います

サッカー漫画が次から次へと打ち切られてゆく様はもはや様式美。 / ゴルフ漫画もサンプルが少ないけど不遇。ライジングインパクトは一回打ち切られて復活、ROBOT×LASERBEAMも終わった - Lagenariaのコメント / はてなブックマーク

ゴルフ漫画は「ライジングインパクト」が145週、

1970年代ゴルフ漫画ホールインワン」が127週、

「ロボレザ」でさえ62週なので、

いずれもそれなりに長く続いていると言えます

「ライパク」の復活エピソードはむしろ人気の表れでは?

  • ジャンプには無理に「ジャンル漫画」を強制する土壌があるのでは?

    ちょっとでも燻ってたり独自の方向性を失った漫画にすぐ 「じゃあサッカー漫画描いてみようよ」 「将棋漫画描いてみようよ」 みたいなこと持ちかける土壌及び編集者がいるのではと...

    • anond:20190522161917

      プロなら提案された題材で漫画を描けて当然だぞ。 そもそも読み切りが圧倒的に面白くて評判が良かったなら それで連載できたはずなんだから 編集の提案なんてのも無かったはずだぞ...

      • anond:20190522164040

        あとP2の江尻立真は消えてないぞ。漫画家を続けてるぞ。 40半ばでパパコキだのおじゃる丸だののコミカライズしかないってきついキャリアだなあ… 卓球漫画こけた時点で筆折ったほ...

    • anond:20190522161917

      「夏目友人帳」がもしジャンプで連載されていたら、今頃は祓い屋の集うトーナメントで黒い友人帳を持つライバルと戦ってると思う。 夏目を引き取った藤原さんは実は昔引退した凄腕...

    • anond:20190522161917

      七つの大罪の作者にゴルフ漫画描かせなかったっけ 酷なことするなーと思ったけど

    • anond:20190522161917

      サンデーも新人にはとりあえずスポーツ漫画を描かせとけって感じらしくて、絶望先生の人がホッケー漫画を書かされてたな。

  • anond:20190522135053

    幕張が連載されていた頃に少年ジャンプでは野球漫画が鬼門みたいなことは言われていたけれど鬼門こんなに増えてるんだ。

  • anond:20190522135053

    確かに霊界探偵なんだけど幽遊白書を探偵モノだと思ってるやつなんている? ネウロも探偵モノ感ないけどタイトルに探偵ってあるからまだ探偵モノだと思うけど。一応初期は推理して...

    • anond:20190523161445

      幽遊白書は意外に「霊界からの依頼で妖怪が起こした事件を調査する」というフォーマットを守ってるよ。 「探偵漫画」と「推理漫画」を分けて考えるなら「探偵漫画」の括りでいいと...

      • anond:20190524150723

        あれってバトル漫画じゃないの? 最初と最後はなんか探偵っぽくまとめてるけど

        • anond:20190524150923

          探偵漫画であることとバトル漫画であることは両立するので…

  • anond:20190522135053

    さすがに古いデータまで使いすぎじゃね?

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん