2014-03-10

学校で教えて欲しかった恋愛

女「… だったのよー。もうクタクタ〜」

男「で?」女「『で』?」

男「つまり、何が言いたいんだ?(要領が悪い奴だな)」

女「...はぁ... (こいつ、ホント駄目…)」

男性は『理解』を、女性は『共感』を大切にする。

幼い頃は気にも留めていなかったが、男女は違う生き物だ。だからコミュニケーションを取るときに、その違いがわかっていないと、いくら頑張ってもひたすらに空回りすることになる。

1日8時間シュートの練習はできる。でもやり方がまちがっていたら、まちがったシュートがうまくなるだけだ。

                                          ―― マイケル・ジョーダン

地雷があり、回避するテクニックがあり、そして、おたがいの関係を、適切に推し進めるためのスキルがある。

女性相談に、アドバイスしてはいけない。

女性は強い生き物だ。だがときに自信を失うこともある。

必要なのは、信じてあげること、それを示すこと。そして彼女自身の「問題を解決する能力」を引き出してあげることだ。

女性愚痴を、聞いてはいけない。

女性自分が遭遇した理不尽な状況を「アウトプット」することで、スッキリする。

それは彼女たちには必要行為だ。

だがあなたがそこに立ち会うことを続けてしまうと、彼女あなたを見た時に、それらの嫌な記憶連想するようになってしまう。

まり女性たちの悩みに近づけば近づくほど、男性たるあなたは、避けられるようになる(そして、そこに都合よく現れた別の男が横からかっさらっていく)。

聞き続けることは、"人間便器"になるリスクを伴う。

(それでも、彼女たちのためにそれを続けるというのなら、私は止めない。私はあなた意思尊敬する)

男女共に、パートナーのことを『アクセサリー』だと考える人々が一定数いる。

街を一緒に歩いていて、恥ずかしくない男、女友達に自慢できる男が、モテる

イケメンだけでなく、クラスで一目置かれている人、委員長、一本スジの通った男、軸がぶれてない奴、趣味嗜好に没頭するもの(ただし「俺はこれが好きだ!」と誰にでも大真面目に言い張れる奴に限る)、道を踏み外していないオシャレ男子... などなど。

男女共に、『パートナーが欲しい』のではなく、『パートナーがいる自分が欲しい』という人々が一定数いる。

たいてい空回りしている。

自分のことに目を向けられない人間が、他人のことをまっすぐ見れるわけがないからだ。

そのようなタイプは、自分をしっかり持っている人(=魅力的な人)からは、”うわっつらだけの、薄っぺらい人”にみえる。

(このタイプ人間かを簡単にテストする方法がある。「Q.貴方貴方のことが好き?」という質問を投げかけたときに、返答に0.5秒以上かかる人がこれに該当する。)

この種の人々にとって、恋愛は何より重い――死活問題で、そしてその道は困難を極める。

運良く誰かと彼氏彼女関係になっても、相手に依存するようになってしまう。

まずは自分に向き合うべきだ。そして余裕ができたら、恋愛を始めよう。

男性は『頼られる』ことで、女性は『世話を焼く』ことで、自信を得る。

男女の社会的役割が問い直されている現代だが、しかし太古の昔から遺伝子に刷り込まれた性差、はやはりある

コミュニティー人間に『頼られた』男が、社会的強者になる。だからこそ、”きちんと甘えられる”女性モテる

(だが、このような女性は、なぜか同じ女性から嫌われる。彼女たちは「ぶりっ子」と呼ばれている。)

一方女達は、コミュニティー人間の『世話を焼く』。

彼女たちは生態として、『世話を焼く』のであって、あなた自身に特別好意を持っている、とは限らない。

(ここに気づかなかった為に、大量の勘違い男子は生まれた。)

女性を『からかう』ことは時に飛躍的に仲を向上させる。

男「へえ!私服もいいじゃん。似合ってんじゃん」

女「えへへ~。いいでしょ~」

男「バッグがいいね。カッコイイし、服に合ってる。センスいい」

女「ありがと~」

男「上げ底の靴も、さり気なく背を高く見せている」

女「な/// べつにいいでしょwファッションだし!」

男「似合ってるってw でも何というか、『自分のこと美人だ』って思ってそうw」

女「なによー!違うっていうのーw」

男「別に美人じゃないとは言ってないじゃんw 自覚あんのw?」

女 (ぐぬぬ)

男「ボーっとしてないで、早く行こうぜ」

ホテルデートに誘うときに、男に付いていく「言い訳」を与える、というテクニックがある。

"からかい"のスキルはその源流にあたる。

表情や仕草で、あなたのことを良く思っている、というポーズを示しつつ、

しゃべる内容で、相手にストレスを与える。恥ずかしい気分にさせる。

悪気があるわけではないのだ、という思い、場の雰囲気シールになって、その気分を彼女自身の中に閉じ込めて、膨らませる。

これが長い間知らなかった(そして多くの人が知らないだろうと思われる)、飛躍的に仲を推し進める技術の骨子だ。

このスキルを使えない人は、相手との関係構築に時間をかける必要がある。

また、このスキル無自覚に濫用する人は、いわゆる”女ったらし”になる。

なおこれを用いる際は、シールに気を配ること。単なる人格批判や攻撃のようになっては逆効果だ。


こういった知識を学校で教えて欲しかった。青春を返してほしい。

卒業してずいぶん経った今でも、周りを見渡すとわかってない人々が「理不尽だ…」と嘆いている。「ただしイケメンに限る!」と慰めてみても、本質から目を逸らすことはできない。

とても可哀相に思う。

↓こうしてくれ。。

金   土

国語 算数

算数 理科

理科 道徳

社会 コミュニケーション基礎論 ←New!!

道徳

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20140310070222
  • http://anond.hatelabo.jp/20140310070222

    勘違いする弱者が多数犠牲になる

  • http://anond.hatelabo.jp/20140310070222

    女、男でひとくくりにできるほど個人個人は同じじゃないから、こんなマニュアル作ったところでうまく行かんわ ていうかこんなの恋愛マニュアル本やら偉そうに講釈たれてるサイトや...

    • http://anond.hatelabo.jp/20140310103605

      今を基準にすればそうだろう。 ただまぁ、オッサン連中が中高生だったころって携帯電話もない時代だから、それゆえの愚痴だろう。 若い人には想像できないくらいの世界の狭さで閉塞...

    • http://anond.hatelabo.jp/20150618194621

      http://anond.hatelabo.jp/20140310103605 女性をひとくくりにするな! 人それぞれ! ネット底辺ゴミ女の口癖w これをワンパターンに吐き出してる時点で一括りにしても問題ない、と思われる...

  • http://anond.hatelabo.jp/20140310070222

    「男女の違い」とか言い出した段階ですでに「間違ったシュート」が始まってるわけだが

    • http://anond.hatelabo.jp/20140310111840

      よくわからないんだけど、 「男女の違い」は間違いなくあるよね。 「個々人」レベルに分解しようとも、「男女」の壁は間違いなくあるよね。 「身体は男、心は女」っていうのは、...

      • http://anond.hatelabo.jp/20140310204121

        そらあるだろうよ。 で、個性と性別差をだれが見分けられるんだよ? 専門家以外が男女の違いを「口に出した」時点で言い訳、レッテル張り、逃避以外の使い方なんてしねーじゃねぇか...

  • http://anond.hatelabo.jp/20140310070222

    そんなレッテル貼りを学校で教えられても困る。

  • http://anond.hatelabo.jp/20140310070222

    非モテ男ほどその手のマニュアルが好きだよね。 世に恋愛マニュアルが数多ある中で、彼らはこの手のものばかり好んで選びたがる。 それでモテるようになってるかと言うと別にそうで...

  • http://anond.hatelabo.jp/20140310070222

    男女の思考に違いがあるのは事実 でもそんなことを先生が言おうものなら、どこぞの団体が……、わかりますよね?

  • anond:20140310070222

    金   土 国語 算数 算数 理科 理科 道徳 社会 コミュニケーション基礎論 ←New!! 道徳 今となっては使い古された表現だけど、 時間割での『←New!!』がシュール過ぎて笑っ...

    • http://anond.hatelabo.jp/20140310141725

      小学校の授業で「論」がつくような高度な授業はできないよな。 席替えで必ず男女ペアにするだけで十分だと思う。 男子がひとり余る?知らないなあ(ゲス顔)

  • http://anond.hatelabo.jp/20140310070222

    男「へえ!私服もいいじゃん。似合ってんじゃん」 女「えへへ~。いいでしょ~」 男「バッグがいいね。カッコイイし、服に合ってる。センスいい」 女「ありがと~」 男「上げ底...

  • http://anond.hatelabo.jp/20140310070222

    自称非モテの恋愛に関する情報弱者っぷりは異常。 ここに書かれてることは正しい・間違いを問わず男女の関係においてはしょっちゅう言われてることで、無論それぞれに反発する人も...

    • http://anond.hatelabo.jp/20140310152436

      また始まった

    • 誰にも責任などない

      選択を行うとき、過去の経験や得た情報によって甲乙をつけ選択をする。 ではその選択のために必要な情報はどうやって得た? やはりそれまでの、過去の経験に基づいて得た情報によっ...

    • http://anond.hatelabo.jp/20140310152436

      性に目覚めていない男子小学生に、恋愛に関する情報を入手するために男子校への入学を拒否せよというのは無理があるんじゃないかな

    • http://anond.hatelabo.jp/20140310164414

      http://anond.hatelabo.jp/20140310152436 ↑これ書いた者だけどさ 恋愛っていうのは真に自由市場主義的な、弱肉強食のそれこそ不平等で不条理なもの。「もって生まれた環境や運に帰結する」、...

  • http://anond.hatelabo.jp/20140310070222

    んなもん、教えてもらうもんじゃないだろ。自分で模索し続けろよ。

  • http://anond.hatelabo.jp/20140310070222

    男性は『理解』を、女性は『共感』を大切にする。 うちの会社にいるオジサン連中、あれは男だと思っていたが、女だったのか。 面倒くさい稟議に根回し、会議でのかみつき、飲み会...

    • http://anond.hatelabo.jp/20140310164139

      人間は主観からはどうしても離れられないので、差別は仕方がない。 いいんだよ、主観的で。 頑張って客観的であろうとするのはしんどいだけだ。

  • http://anond.hatelabo.jp/20140310070222

    男「へえ!私服もいいじゃん。似合ってんじゃん」 女「えへへ~。いいでしょ~」 男「バッグがいいね。カッコイイし、服に合ってる。センスいい」 女「ありがと~」 男「上げ底...

  • 恋愛に、倫理観を導入すると、失敗しやすい| ただの通りすがり

    友達の彼氏をとる女性は、女性の間では不人気だけど・・・倫理観の話でいえば、そういう感じでは?でも、男のほうはそういう女性とでも付き合って、結婚する人までいますよね。

  • http://anond.hatelabo.jp/20140310070222

    考えるな。 感じろ。

  • http://anond.hatelabo.jp/20140310070222

    童貞の日記か?

  • 何度でも立ち上がる強さがほしい

    小学生の時、昼ごはんの弁当を隠された。 昼ごはんは班ごとに、6人グループで席を固めて、”いただきます”の号令で食べ始める。 5人が見守る中、俺はじっと俯いていた。 すると...

  • http://anond.hatelabo.jp/20140310070222

    男「へえ!私服もいいじゃん。似合ってんじゃん」 女「えへへ~。いいでしょ~」 男「バッグがいいね。カッコイイし、服に合って る。センスいい」 女「ありがと~」 男「上げ底...

  • http://anond.hatelabo.jp/20140310070222

    知らんけど、どこぞの恋愛本に書いてある内容を読んでそうだったのか!?ってなって書いた文章ですか? そんな恋愛マニュアル作ってもウハウハになるのは作者だけで実際に読んだ人...

記事への反応(ブックマークコメント)