「宮崎市定」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 宮崎市定とは

2017-01-09

今の私の手札は強力ですから

今後2,3ヶ月先までの安寧は確保されたと言っても過言ではありません

光瀬龍百億の昼と千億の夜 ヘルマン・ヘッセのシッダールタ サン=テグジュペリ人間土地 バックのカモメジョナサン スティーブン・キングの第四解剖室 石川博品の四人制姉妹百合

筒井康隆七瀬ふたたび、エディプスの恋人 ベルヌの月世界旅行 マクニール世界史 椎名誠のアド・バード 瀬名秀明ブレインヴァレー 宮崎市定アジア史概説

名前を聞いただけでゾクゾクしてくるラインナップです

もう、幸せぇ~

2008-08-04

選択の大切なことは更にもっと重要な問題について言える。

学問研究にはいろいろな方法があること、人生の行路と同じ。

はじめ平坦に見えていた道が、暫く行くと険阻になり、最後には行き詰まる場合がある。

また最初は稔りの多い沃野であったものが、その先は果てしない砂漠に続いている場合もある。

それとは反対に初めは険阻な坂道であったものが峠を越えてみると平坦な大道が無限に前途に開けている場合もある。

もちろんこんな事が初めから分かっていれば誰も迷いはしない。

分からなければこそ迷うのであるが、概して言えばあまり甘い話には誘われないほうがよい。

大勢が行くからと言ってその方角に従ったところでよいとは限らない。

要は細く長く続きうる勉強の方法を選ぶがよい。

そして何処までも自分自身の判断で決定すれば、たとい予期の通りに行かないでも悔いは残らない。

宮崎市定

2008-07-09

http://anond.hatelabo.jp/20080709175317

真面目なご指摘有難うございます。こちらも真面目に答えます。

1について。

左右いずれのイデオロギーも否定する立場は自民党翼賛体制に資するものではないかというご指摘ですね。

それは過去においてはそういう側面はありました。無難だから自民党という考え方ですね。

私個人としては、支持政党はなく、その時々の政策が

最適であろうと思われる政党がその時々に政治を行えばよいという立場なのです。こういう考え方はいけませんでしょうか。

私はイデオロギーによってかなり賢明な方でも思考停止に陥ってしまうという現状がいやなのです。

2について。

私は歴史認識の論議が政争の具に堕している現状を憂えています。私も歴史認識

一時期随分興味があり、右・左どちらの立場のものも随分読みました。

ただ、どちらの説も背後の勢力に随分影響されているように思えてならないのです。

そうではない、中立な立場からの歴史認識宮崎市定氏がいうように100年後に

ようやくできるものではないか、とやや悲観的に考えています。

職業政治家以外の人が言論をやることが無駄だとは思いません。

ただイデオロギーにあまりにも染まりすぎた議論は無駄だと思うのです。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん