2019-08-01

[] #76-5「車道シャドー

≪ 前

こうして俺たちは、この言い知れない謎を解明するため捜査に乗り出した。

ツクヒを轢いた犯人はどこの誰なのか。

いや、本当に車に轢かれて怪我をしたのか。

そうじゃなかったとして、なぜあそこで轢かれたことになったのか。

そして、何かを隠していたとして、その理由とは何か。

あそこに信号機をつけることが目的なのか、それとも他に隠された意図があるのか。

俺たちから湧き出てくる疑惑の数々は、実際のところ確かなものなんて一つもない。

今回の件に納得しきれないという想いが、取るに足らないことを強い違和感にさせているだけなのかも。

要はドラマとかでよくある、“刑事の勘”みたいなものだ。

現実でそんなことをアテにする刑事がいたら汚職もいいとこだろう。

だけど俺たちは警察じゃない。

知的探究心の旅に乗り出す冒険家なんだ。

から出てくる答えが何であるしろ、知るための労を惜しむわけにはいかない。

それに俺たちから言わせれば、気になったことを気になったままにして、悪意と一緒に放っておく方が良くないと思うね。

好き勝手邪推した以上、それを明らかにする使命が冒険家にはあるのさ。


まず俺たちは周りの住人から聞き込みを始めた。

西側から来た車にやられたみたいだね。曲がり角の方」

「なるほど。曲がる途中で減速していたから、ぶつかっても軽傷で済んだってことか……」

「辻褄は合うね」

直接ツクヒに聞けばいいって思うだろうけど、こういうのは第三者から情報を集めてからじゃないとダメなんだ。

何か隠していたとしても、今のままじゃ白状してくれないだろう。

下手に詰め寄ったせいで警戒されてしまい、口がより堅くなってしま可能性もある。

から決定的な証拠必要だけど、そんなものがあれば既に揉み消されているだろう。

なので方法としては、まず状況証拠でもいいから掻き集める。

一通り揃ったら、それらを憶測に基づいて組み立てていくんだ。

そうして真実への道筋を作り、最終的にはツクヒが白状するよう誘導するってわけ。

まあ、憶測ありきの状況証拠で追及するだなんて、芸人スパイに仕立てる位に無茶な方法だとは思う。

それでも、俺たちが考えうるスマート方法はそれだったんだ。


あなた現場を見に行ったときには、ツクヒを轢いた車は既にいなくなっていた、と……」

こうして地道に聞き込みを続けていったんだけど、予想以上に捜査は難航した。

事故が起きた瞬間は誰も見ておらず、駆けつけた時には怪我をしたツクヒと、それを心配する親がいただけ。

みんな大体同じことしか言わない。

それだけ確かな情報ってことなんだろうけれど、これだけじゃあ真実には程遠い。

もう近隣の住人には一通り聞いてしまったが、このザマ。

何か別の方法を考えようとした、その時である

「ん、ちょっと待って……」

仲間のミミセンが、とある重要なことに気がついた。

「近隣の人たちが現場を見に行ったときの状況は、事故に遭ったツクヒと、それを心配するご両親……」

「ああ、そうらしいな」

「ツクヒの親御さんは、近所の人たちよりも早く現場居合わせたわけだ」

「……あ、そうか!」

ミミセンに説明されて、俺たちもやっと気がついた。

まりツクヒの両親が第一発見者であり、有力な証言者なんだ。

次 ≫
記事への反応 -

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん